登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
ジャンダルム(No.17) 西穂高岳、ジャンダルム、奥穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ALPEN さん
  • 日程

    2018年9月13日(木)~2018年9月15日(土)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • パーティ

    2人 (ALPEN さん 、うーる先輩 さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:バスタ新宿から夜行便に乗車し上高地へ。帰宅は、上高地BT→新島々駅→松本駅→岡谷駅から高速バスでバスタ新宿へ。

  • 天候

    初日:曇り一時晴れ 二日目:曇りのち霧 三日目:雨
    [2018年09月13日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:07)・・・田代橋(06:27)・・・西穂登山口(06:30)・・・上高地・焼岳分岐(08:44)・・・西穂山荘(08:59)

【2日目】
西穂山荘(06:19)・・・西穂独標(07:13)[休憩 10分]・・・西穂高岳(08:25)・・・天狗のコル(10:25)[休憩 25分]・・・ジャンダルム(11:57)[休憩 15分]・・・奥穂高岳(13:20)[休憩 10分]・・・穂高岳山荘(13:57)

【3日目】
穂高岳山荘(06:13)・・・ザイテングラート取付・・・涸沢(07:23)・・・屏風のコル・・・奥又白谷河原・・・徳沢(10:35)・・・明神(11:13)[休憩 10分]・・・河童橋(12:00)

総距離 約22.9km 累積標高差 上り:約2,623m
下り:約2,618m
コースタイム 標準:21時間5分
自己:15時間7分
コースタイム倍率 0.72
台風22号の影響で、上高地から西穂山荘へ行く尾根(中尾根)の電話線が断線しているとネットで見ていたため、悪路を予想していたが、前半は踏み跡明瞭で歩きやすかった。後半は、倒木が数か所、迂回しなければならないところが一か所あり、少しだけ歩きにくかった(西穂山荘に到着する前、登山道を整備している方達とお会いした。チェーンソーを持って上高地方面に向かったため、現在では倒木はないと思われる)。

西穂山荘~穂高山荘までの区間で、これといった危険個所(元々危険な登山道だが、台風や落石の影響でさらに危険になっている個所)は存在せず、ペンキも見やすく歩きやすい印象であった。前日、この稜線は霧に包まれており、西穂山荘~天狗のコルまでは全体的に濡れており、危険を伴ったが、それ以降は乾いた岩場が続いたため、ジャンダルムを経由し、奥穂へと行った。ほとんどの行程で霧に包まれていたが、ペンキははっきり見えた事と、岩が乾いていたため臨むことができた。

最終日は一時間に9mm~5mmほどの雨に打たれ、当初予定していた奥穂から吊尾根経由で前穂、岳沢に下るルートは危険だと思い、ザイテングラート経由で上高地ルートに出る方へと変更した。当日の変更だったため、あまり深く調べず、涸沢から横尾へ行かず、徳沢方面に下るルートが直感的に早いと感じそちらを選択したが、雨でもろくなった泥道や滑りやすくなった木の根っこ等で形成されていたため、かなり時間的にも気持ち的にも焦らずにはいられなかった。また途中に大きな川(奥又白谷河原手前)があり、普段だと何ともない小川だが、雨による増水で激流となっていた。一時は川沿いに下山するか、登り返すことも考えるくらいの水量で、もし足を滑らしたり、川の中に落ちでもしたら確実に流される勢いであった。ここを渡るのに上流や下流を右往左往し、結局10mほど進むのに、20分前後かかった。

今回、元々は北鎌尾根に行く予定だったが、天候不良のため急遽ジャンダルムに変更となった。その為、前日までの期間でエスケープルートの詳細や、登山道の状況などをあまり調べず、また急な行程の変更等を行ったため、最終日のような危険な状況へと繋がってしまった。今回の行程をしっかり反省し、次回以降の山行ではこのようなことは起こらないようにする。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、テント、シュラフ、シュラフカバー、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ALPENさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    季節外れの暖かさが続いています。雪崩の発生しやすい斜面では十分な注意を
    20年02月16日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ALPEN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?