登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
途中下山しましたが さすがに完全燃焼です 赤石岳・聖岳(椹島-赤石岳-聖岳-聖沢登山口)(南アルプス)
img

記録したユーザー

yamaocchan さん
  • 日程

    2018年9月20日(木)~2018年9月22日(土)

  • 利用した登山口

    椹島ロッヂ   聖岳登山口  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:薙臨時駐車場から椹島行バスで終点下車
    帰り:聖沢登山口から白樺荘行バスで臨時駐車場下車

  • 天候

    20日、21日、22日午後まで雨・風強、22日午後から曇りのち晴れ、23日晴れ
    [2018年09月20日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
椹島ロッヂ(05:10)・・・カンバ段(07:20)[休憩 37分]・・・赤石小屋(10:30)[休憩 53分]・・・富士見平(12:09)[休憩 1分]・・・北沢源頭(13:18)[休憩 14分]・・・赤石小屋分岐(14:40)[休憩 10分]・・・赤石岳(15:18)

【2日目】
赤石岳(05:16)・・・百間平(06:26)[休憩 4分]・・・百間洞山の家(07:08)[休憩 55分]・・・大沢岳(09:16)[休憩 5分]・・・中盛丸山(09:40)[休憩 5分]・・・小兎岳(10:30)[休憩 30分]・・・兎岳避難小屋(12:10)[休憩 20分]・・・聖岳(15:12)[休憩 8分]・・・小聖岳(16:20)[休憩 5分]・・・薊畑分岐(17:15)[休憩 5分]・・・聖平小屋(17:40)

【3日目】
聖平小屋(04:35)・・・滝見台(05:58)[休憩 12分]・・・聖沢吊橋(08:08)[休憩 10分]・・・聖岳登山口(09:40)

総距離 約27.2km 累積標高差 上り:約4,315m
下り:約4,294m
コースタイム 標準:19時間10分
自己:23時間3分
コースタイム倍率 1.20
私は約40ほど年前に三伏から入って赤石まで歩き、その4年後に茶臼から聖まで歩いている。それから30年間この山域には入っていなかったが、数年前から悪沢、笊、赤石に行く機会ができ、徐々にこの稜線を歩いてみたいという気持ちを抱えていた。
年を食っていつどうなるかわからなくなると、思い立った時が吉日で、この連休に少し休暇を付けて出かける計画にした。
当初、気持ちとしては聖沢を降りるよりは茶臼から時間を気にせず降りるつもりであったのだが、結局赤石-聖で精神力を使い果たし、聖沢を下ってしまったというのがタイトルの示す意味である。
20日に椹島に入ったが、天気予報は全くダメで東京から移動中も降りっぱなしである。
翌21日朝椹島を出るときも傘をさしたまま。傘をたたんだのは降り止んだ訳ではなく、急坂になって両手を使わなくてはいけなくなった場所だけであった。その夜、赤石避難小屋は小屋が軋むほどの強風が吹き荒れた。
22日も朝の出発時は雨と風が強かった。百間平へ下る途中もしばしば傘をたたまなくてはいけなかった。百間洞からは大沢岳を経由したが、コースを手動記録するのは面倒なので山頂をバイパスするルートとしてある。
聖岳の山頂で急速に雲が無くなっていった。南から東方面の大展望が開けたが、日没までのほんの3時間ほどであった。下山日の午前中は晴れていたが、車で富士見峠に上がったときには南ア稜線のみならず近隣の1600mほどの山頂までガスの中であった。
21日に泊まった赤石山頂避難小屋の親爺によれば、今年は天候が悪く、晴れるチャンスがほとんど無かったと。ただ、22日午後から23日午前中はカメラ小僧になっておられたであろうと想像している。

登山中の画像
登山画像
少し時間があったので、井川ビジターセンターに…
登山画像
田代温泉前の井川湖の様子。ダム湖が埋まってし…
登山画像
臨時駐車場に到着
登山画像
21日椹島を出発。赤石の登山口を見過ごして坂の…
登山画像
2/5の表示。雨のためブレている写真が多いが、記…
登山画像
樺段。ちょうど半分の行程らしいが、昭文社の地…
登山画像
昭文社の地図に載っている「歩荷返し」。因みに…
登山画像
赤石小屋着。また雨が強くなった。
登山画像
富士見平の先で、ちょうどポーズを取っているナ…
登山画像
道の様子
登山画像
雨のしずくも撮れます
登山画像
悪くはない感じです
登山画像
ナナカマドでした
登山画像
こちらのカメラがヤバくなってきた。以前、別の…
登山画像
ビニル袋に入れておいたら回復してくれた
登山画像
北沢の源頭付近
登山画像
稜線に到着
登山画像
赤石岳山頂着
登山画像
22日出立時、避難小屋の奥さんの心づくしを頂く…
登山画像
百間平
登山画像
同上
登山画像
2回目のライチョウ
登山画像
百間洞山の家の手前で大沢岳の分岐がありました…
登山画像
大沢岳山頂。このあとシラビソ峠への分岐を経て…
登山画像
百間洞分岐
登山画像
またライチョウです。今回は5-6回出会いました…
登山画像
中盛丸山
登山画像
小兎岳
登山画像
小兎を下ったところにある水場。5分と書かれてい…
登山画像
兎岳の登りでまたライチョウ
登山画像
兎岳
登山画像
兎岳避難小屋の分岐。ガスっていましたが、小屋…
登山画像
イワインチン
登山画像
聖岳への取付き。右に恐ろしいくらいの大岩壁が…
登山画像
またライチョウです
登山画像
今回は、ライチョウに良く出会いました。天候が…
登山画像
空が晴れてきた
登山画像
ウラシマツツジの紅葉
登山画像
こちらはミヤマダイコンソウと思われます
登山画像
もう少しで見え始めそう
登山画像
聖の山頂到着。何とか予定をクリア。
登山画像
早々に下山しますが・・・
登山画像
これは撮影せざるを得ない。時間がかかりますが…
登山画像
布引山と笊ヶ岳お思われます。実はその向こうに…
登山画像
秋の空が出てきました。天気予報が「当たり」な…
登山画像
もう少しで見えそうなんですが
登山画像
さあ見えました
登山画像
秋の空を背景に富士山です
登山画像
ズームアップするとどうしても色が褪せてしまう
登山画像
振り返って山頂方面を見上げますが、この姿は「…
登山画像
よく見えます
登山画像
小聖を目の前に見ながら下ります
登山画像
小聖の尾根に乗っかるところ。西側から強烈な風…
登山画像
聖をまた見上げる
登山画像
小聖の尾根側に回ると、聖の稜線の向こうに兎岳…
登山画像
立派な山なんですが、何しろ周りが悪すぎます。…
登山画像
小聖から聖岳を振り返る
登山画像
眼前に上河内岳の姿が現れた
登山画像
その南側には茶臼岳から仁田岳、光岳につながる…
登山画像
上河内岳
登山画像
茶臼岳付近と思われる
登山画像
南岳の上の月が明るくなってきた
登山画像
薊畑から聖岳
登山画像
上河内岳の残照
登山画像
23日朝、暗いうちに小屋を出たが、1時間ほどで日…
登山画像
朝日が当たる聖岳
登山画像
滝をズームアップ
登山画像
トリカブト
登山画像
ヤマハッカ?
登山画像
フジアザミ
登山画像
聖の最後の展望台
登山画像
枯死した切株のオブジェ
登山画像
聖沢吊橋
登山画像
聖沢
登山画像
白鳳南嶺の一部と思われる
登山画像
白樺荘で3日間の垢を落とし、帰宅の運転に備えて…
登山画像
ヤマメのおろしウドンを注文。なかなか美味であ…
登山画像
井川の上、富士見峠から北方を見たが、既に濃厚…
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yamaocchanさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yamaocchan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!