登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
秋深まる乗鞍岳へ (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ウマウマ さん
  • 日程

    2018年9月28日(金)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:乗鞍高原観光センターまでマイカー。
    無料駐車場に停め、シャトルバス(往復:¥2500‐)乗り換え、
    畳平へ。
    平日の金曜だが8:30時点で駐車場は満車、道路を挟んだ臨時駐車場(未舗装)に停める。
    シャトルバスは30~60分に一本、乗車人数によ配車台数決定。

  • 天候

    晴れ
    [2018年09月28日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

畳平(10:10)・・・大黒岳入口(10:19)・・・大黒岳(10:37)[休憩 5分]・・・県境ゲートバス停(10:50)・・・富士見岳(11:06)[休憩 10分]・・・富士見岳分岐(11:23)・・・肩ノ小屋(11:45)[休憩 30分]・・・乗鞍岳(12:58)[休憩 25分]・・・肩ノ小屋(13:55)[休憩 8分]・・・富士見岳分岐(14:23)[休憩 5分]・・・県境ゲートバス停(14:37)[休憩 5分]・・・畳平(14:45)

総距離 約7.3km 累積標高差 上り:約578m
下り:約578m
コースタイム 標準:4時間
自己:3時間7分
コースタイム倍率 0.78
畳平へは何度も来てるが機会が無く頂上を目指すのは初。天気も良く、ただ頂上を目指すのは勿体無いので登山地図を参考に大黒岳(2772m)、富士見岳(2817m)を廻って頂上剣ヶ峰(3026m)へ。
畳平で既に標高~2700m、身体も高所に慣れているため大黒岳、富士見岳と気持ち良く歩ける。
大黒岳入口までは乗鞍エコーラインの車道を歩く。登山口~大黒岳山頂までは15分足らず、危険箇所も無い。頂上からは槍、穂高連峰や笠ヶ岳、他にも北アルプス奥地の山々や八ヶ岳も見渡せる。一旦~2700m付近まで下り、富士見岳を目指す。大黒岳より少し急だが危険箇所も無く、15分足らずで山頂。こちらも大黒岳同様の大展望、先の登った大黒岳も眼下に見える。富士見岳を10分ほどで下り、肩の小屋まで30分ほど林道歩き、少しずつ標高を稼ぐ。肩の小屋~山頂剣ヶ峰まではガレ場と少し大きな岩場の登山道。ただ綺麗に整備されており問題なく登れる。山頂手前の摩利支天岳からは岩場のみ、山頂手前に休憩できるところ(標高3000m付近)があるため、酸素が薄く、キツイと感じたら一休みすると良い。ひと登りで鳥居と祠が祀られている山頂剣ヶ峰登頂。360°の大展望。雲で富士山は見えなかったが、南アルプス~八ヶ岳~北アルプスに御嶽山などの名だたる山々が見られた。
晴れを狙って1日だけだったが、噂通りの景色が抜群に良い最高の山。最高の登山になった。

登山中の画像
登山画像
乗鞍スカイラインと八ヶ岳に南アルプス
登山画像
大黒岳山頂からの北アルプス峰々
登山画像
富士見岳山頂
登山画像
乗鞍岳山容
登山画像
山頂剣ヶ峰標柱
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ウマウマさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ウマウマ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?