登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
涸沢カール紅葉一周ぐるり旅!初雪のオマケあり 北穂高岳~涸沢岳~奥穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

逆十字の天使 さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(09:00)・・・河童橋(09:04)[休憩 4分]・・・明神(09:44)・・・徳沢(10:26)[休憩 5分]・・・横尾(11:12)[休憩 40分]・・・本谷橋(12:41)[休憩 10分]・・・涸沢(14:19)

【2日目】
涸沢(06:40)・・・南稜取付(08:07)[休憩 20分]・・・南稜テラス(09:07)・・・北穂高岳(09:45)[休憩 131分]・・・涸沢のコル(13:14)・・・涸沢岳(14:18)[休憩 15分]・・・穂高岳山荘(14:50)

【3日目】
穂高岳山荘(06:20)・・・奥穂高岳(06:52)[休憩 18分]・・・最低コル(08:20)・・・紀美子平(08:45)[休憩 15分]・・・岳沢パノラマ(10:00)・・・岳沢小屋(11:20)[休憩 40分]・・・河童橋(14:00)[休憩 20分]・・・上高地バスターミナル(14:25)

総距離 約26.9km 累積標高差 上り:約2,718m
下り:約2,718m
コースタイム 標準:18時間5分
自己:16時間16分
コースタイム倍率 0.90
台風明けで、雨がまだ降っていたスタート直後の上高地バスターミナル~横尾までのルートはぬかるみや、沢の増水などにより歩きにくい状況でした。
横尾から涸沢までの歩行は天気も快晴になり歩きやすかったのですが、今度は逆に暑くなって半袖でも辛かったです。
初日は涸沢までしか行かないからって補給用のドリンクを一切携帯していなかったのが仇となって、随分と喉が渇きました。
2日目の朝はモルゲンロートを楽しみにしていましたが、朝食の時間と被ってしまうので、モルゲンロートをちゃんと観たい方は、朝食を弁当にするか、涸沢ヒュッテかテント村に宿泊するのをお勧めします。
ただし涸沢ヒュッテは混雑時、布団1枚に3~4人寝る事もあるそうなので、僕は宿泊するなら涸沢小屋が良いと思います。ご飯も美味しかったですよ。
またこの日は夜から明け方にかけて、山頂付近では初冠雪となり、北穂高岳に向かう南稜ルートも雪や霜柱が所々に観られ、ライチョウも冬毛に変わりつつありました。
道中引き返して下山される方がいて、どうやら山頂付近はマイナス7~8℃の気温で風も強く、防寒対策が甘いとかなり厳しいコンディションだったみたいです。
北穂高小屋では槍ヶ岳方面に行きたくても行けないで足止めを食らっている登山者が多かったです。
大キレットが長谷川ピークまで白くなっていたので、あのコンディションで飛騨泣きはヤバかったと思います。
僕も南岳でUターンを予定していましたが、スタートが遅かった事と、北穂高岳までの登りで思いのほか疲労が溜まっていた上にルートの凍結もあったので、諦めて槍ヶ岳が姿を現すまで小屋のテラスで1時間50分程度、ランチも交えて長めの休憩を取る。
北穂高小屋の北側で雲の切れ間から大キレットを眺めているとブロッケン現象を観測。
ここでは雲が抜ける度にブロッケンを何度も楽しめました。
あと北穂高小屋のカレーライスは絶品です!コーヒーも3杯頂きました。
最後にコーヒーと雪だるまと槍ヶ岳をセットに写真を撮る事も出来たので、ようやく穂高岳山荘を目指して動きます。
しかし北穂高岳~涸沢岳~穂高岳山荘の縦走路も、岐阜県側の斜面及び北壁がみぞれ交じりの雪の影響で、路面や岩場が凍結しており、かなり難易度が増していました。
滝谷ドーム~奥壁バンド付近の岐阜県側の斜面で滑落する。
妙に携帯電話の電波が良く、そんな危険な箇所を歩いている時に限って、やたらと電話やメールが来るので「いい加減にしてくれ!」って思っていた矢先の滑落。
ホームセンターで購入したゴムラバー付き手袋のグリップが良かったので、九死に一生を得た感じです。
涸沢槍のトップでは凍り付いた岩にしがみついて動けない方がいたのですが、どうやらハシゴのとりつきまでの距離が遠くて、どうトラバースして良いか判らなかった模様。
こんな日にたまたま同じルートを一緒に歩いて下さった方と協力して、ルートを指示しながら動けないでいた方をサポート。
それにしてもあの滑りやすい路面で、我々を含めて6~7名の方がこのルートを縦走していましたが、皆さんかなりの変態ですね。
僕は終始生きた心地がしなかったです。
涸沢岳山頂に無事到着した時は「生きててよかった~!」って本当に嬉しかったです。
一緒に歩いて下さった方とも、それがきっかけで仲良くなりました。
3日目は前回天候の悪化で諦めた西穂高岳までの縦走をリベンジしたかったのですが、穂高岳山荘付近の気温が僕の計測で1℃程度。
風は10~15m毎秒程度の強風だったので、奥穂高岳山頂に到着するまでの間に耳と首が冷えてしまい、強烈な頭痛になってしまう。
そんなこともあって、今回は自分の意志で西穂までの縦走を断念。
吊尾根~重太郎新道経由で下山する事に。
吊尾根も大した事はないと馬鹿にして歩いていましたが、想像以上に歩きにくく頭痛に響きました。
本来でしたらせっかくこのルートを歩くので、前穂高山頂にも行きたかったのですが、紀美子平に着いた時には既にグロッキーで、穂高岳山荘で知り合った夫婦の登山者にも「一緒に登りませんか?」と誘われたのですが、とても登れそうも無くてお断りしました。
そして紀美子平からの最初の下りの傾斜を見てビックリ。
高度感がまた強烈で・・・しかも岩は滑りやすい。
そのうえ団体さんのパーティーも多く、渋滞とまでは言いませんが、所々で道をお譲りする事が多かったので、ここの下りではトータルで40分くらいのロスがありました。
もちろんその分ゆっくり下山できたので、脚にもダメージが出始めていた僕としてはありがたかったです。
岳沢小屋で昼食後、沢を横断して林道に入るところで、外国人の登山者に道を譲り返される。
譲られると邪魔にならないように急いで通過してしまうものですよね?
そのうえ外国人の方がジェスチャーで誘導してくれたのが、沢に並行している岩場。
疑わずにそっちへ向かった僕は、しばらく下ったところでルートを外れている事に気付く。
止むを得ず崖を這い上がって本来のルートへ復帰しますが、ここでまた大きくタイムロス。
罠にはめられた感満載ですが、外国人の方の親切心を疑う訳にはいきませんので、これも旅の良い思い出という事で、14時ジャストに河童橋へ到着!
オコジョに出会うのを楽しみに歩きましたが、残念ながら糞しか確認できませんでした。(笑)
いずれにしても穂高を十分満喫できた3日間で楽しかったです!

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

逆十字の天使さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    笠ヶ岳山荘は、2020年は安全な環境整備が難しため営業自粛となります。
    20年06月03日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六小屋、黒部五郎小舎、鏡平山荘、わさび平小屋は、7月15日から営業開始予定
    20年05月19日(火)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    槍ヶ岳山荘、槍沢ロッヂ、岳沢小屋は7/14まで休業(テント自粛を)。救助体制も通常ではありません
    20年05月07日(木)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    7/14まで営業休止(宿泊、外売店、昼食営業含む)。テント泊はトイレのみ使用可
    20年05月03日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

逆十字の天使 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年6月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?