登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
台風一過の金峰山!&国師岳・北奥千丈岳 金峰山・国師岳・北奥千丈岳(関東)
img

記録したユーザー

パーシー さん
  • 日程

    2018年10月7日(日)

  • 利用した登山口

    大弛峠  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:山梨県側から大弛峠駐車場を利用。
    圏央道・中央道で勝沼ICを下りて、悪路の県道219号を行く。
    早朝4:30に到着したが、ほぼ満車状態。
    ダート路に縦列駐車。

  • 天候

    曇のち晴れ
    [2018年10月07日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大弛峠(05:30)・・・朝日峠(06:05)・・・朝日岳(06:40)・・・金峰山(07:45)[休憩 60分]・・・朝日岳(09:45)・・・朝日峠(10:15)・・・大弛峠(10:45)・・・国師ヶ岳(11:50)・・・北奥千丈岳(12:05)[休憩 30分]・・・大弛峠(13:20)

総距離 約10.7km 累積標高差 上り:約859m
下り:約859m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:6時間20分
コースタイム倍率 1.03
台風25号が日本海側に逸れたので、台風一過の快晴を狙って行きました。
当日の予報は晴れ。しかし山頂付近の風速が30mとなっており心配でしたが、実際にはたまに突風が来るくらいで最高の秋晴れ登山を体験することができました。

深夜1:30に自宅から車で大弛峠駐車場へ向けて出発。
圏央道・中央道を使って勝沼ICを下り、県道219号を40kmほどひたすら登っていきますが前日はかなり荒れていたのか、狭い道路には大量の葉っぱや木の枝が散乱している状況。

そして、大弛峠駐車場は休日混むとの情報があったのに駐車場へ向けて走っている車は自分だけ。
真っ暗だし、鹿を轢きそうになるしで少し不安に。
台風だから登山客いないのかな?
あれ、もしかして来る日を間違えたかもと思って到着してみたら、枠内は満車。。
皆さん車中泊?でしょうか。
長野県側のダート路に縦列駐車して登山準備。
空が明るむのを待ってから、5:30登山開始。

登山道は前日台風によって土砂降りだったようで、あちこちぬかるんでいます。
木々は折れて風が当たる側の葉だけがなくなっていました。
しかし崩壊箇所等はなく、急登もないので安全に歩くことができます。
途中の見晴らせる場所からは、きれいな富士山が望めました。

7:40に金峰山登頂。
人の多さを懸念していましたがまだ数人しかおらず、静かで最高のシチュエーションです。
五丈岩は想像よりも断然大きい。
登っている人もいましたが、たまに来る突風が強くて難しそうだったのでやめときました。

静かに富士山を見ながらのカップラーメンとおにぎりはウルフギャングステーキより百倍美味かったです。

9:00頃になると山頂も賑やかになってきたので、次の国師ヶ岳・北奥千丈岳へ向けて下山。
大弛峠駐車場へ戻るほうが途中急登もあって山登り感がありました。

11:00前に駐車場へ戻ってそのまま国師ヶ岳へ向かいましたが、木の階段でグングン高度を上げていくスタイルが足に来ます。

12:00前に国師ヶ岳登頂。
人はまばら。360度パノラマ展望。遠くに北アルプス・八ヶ岳・南アルプスや富士山もきれいに見えます。

すぐさま北奥千丈岳へ。
国師ヶ岳から10分掛かりません。
こちらは南側の展望が見えないので富士山も隠れてしまいます。
奥秩父最高峰の2601mの山ですが全く人気はないようで、自分しかいませんでした。
時間が止まっているかのような静けさの中で、金峰山と八ヶ岳を眺めながらコーヒーを飲み、下山。

13:00過ぎに大弛峠駐車場へ戻ってきましたが、すごい数の車であふれていました。

金峰山周辺の紅葉はまだまだこれから。

登山中の画像
登山画像
大弛峠駐車場は早朝4:30過ぎで満車状態
登山画像
日の出直前に登山開始
登山画像
燃え上がるように明るくなってきました
登山画像
木々の間から富士山も登場
登山画像
台風25号の影響?前日は土砂降りだったそうです
登山画像
ポッキリ
登山画像
こちらは根こそぎイッてます
登山画像
朝日岳山頂はベンチのみ
登山画像
鉄山は地面に標識が落ちているのみ
登山画像
金峰山到着!
登山画像
絶景です
登山画像
富士山横に吊るし雲発生
登山画像
五丈岩登場想像以上に大きい
登山画像
朝ごはん
登山画像
駐車場へ戻ってきました
登山画像
そのまま国師ヶ岳へ向います
登山画像
木の階段でグングン高度を上げていくので足にき…
登山画像
分岐を左に行くと国師ヶ岳・甲武信岳方面右に行…
登山画像
前国師ヶ岳到着
登山画像
あっという間に国師ヶ岳到着
登山画像
国師ヶ岳山頂は360度パノラマ展望できます
登山画像
分岐まで戻って北奥千丈岳国師ヶ岳も北奥千丈岳…
登山画像
北奥千丈岳は奥秩父最高峰なのに人いない
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    凍結や積雪があり体力と時間をとられます。10本爪以上のアイゼンの用意を。小屋水場は使用可
    19年04月24日(水)
    瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    今年の山は雪多く結構大変です。瑞牆山も10本爪アイゼンの用意を。金峰山はピッケルも必要
    19年04月24日(水)
  • 富士見平小屋~瑞牆山・金峰山
    富士見平小屋
    瑞牆山頂直下に凍結あり、アイゼンなしでは通過困難。金峰山側も大日小屋から先がアイゼン必要
    19年04月24日(水)
    金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    金峰山小屋の2019年の営業再開は4月27日(土)からです。現在、小屋付近の積雪は50cm前後です
    19年04月15日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

パーシー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!