登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
苗場山最短ルート 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

Yuji-kun さん
  • 日程

    2018年10月7日(日)

  • パーティ

    2人 (Yuji-kun さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:小赤沢温泉で小赤沢保育園の辺を左に入り、集落の生活道路と思しき狭く急な道を過ぎて小赤沢登山口まで行き、そこからナビやGoogle Mapにはない上ノ原林道に向かう道を進む。この道は登山者のアプローチ情報がなく、本当に車で行けるか不安だったが、すれ違いは厳しいものの道自体は舗装されており問題なし。むしろ小赤沢までの道のほうが対向車の可能性が高い分、進行には注意が必要。

  • 天候

    雨、山頂付近は強風
    [2018年10月07日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

三合目(08:45)・・・九合目坪場(10:55)・・・苗場山神社・・・苗場山(11:35)[休憩 8分]・・・苗場山神社・・・九合目坪場(12:10)・・・三合目(14:30)

総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約889m
下り:約889m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:5時間37分
コースタイム倍率 0.91
関越道では、関東側は晴れていたのが関越トンネルを抜けると曇天となった。途中に降り始めた霧雨は、登山口ではしっかりとした雨に変わっていた。台風25号が予測より日本列島から離れた日本海上を進み、朝のうちに新潟付近の海上を通過していたため、天候の回復を期待して山行を決行した。小赤沢の登山コースは、整備されており歩きやすかった。水の豊富な地形で普段からぬかるみそうな道は、輪切りの丸太を所々に敷設し足場を確保してあった。各合目に道標があり高度が記されているため現在位置の把握に不安はないが、道標にある次の合目までの歩行時間はあまりあてにならなかった。天狗の水を過ぎたあたりから足元の岩が多くなり鎖場も所々にあるが、足場はしっかりしており、登る分には鎖に頼る必要はなかった。8合目を過ぎてしばらく行くと樹林帯を抜け湿原に出た。天候に恵まれれば、天上の楽園なのだろうが、今回は、周囲をガスに包まれ展望は得られず、雨は一向に止まない中、樹林帯を抜けたことで突風にさらされ、楽園とは程遠かった。それでも湿原には新しそうな刻み入り木道が整備され、雨に濡れた中でも滑りにくく歩行は快適であった。山頂までの途中に一か所、湿原を離れ大きな岩の並ぶ道があり非常に歩きにくかったが、周囲の木々が風を遮ってくれたのはありがたかった。再び突風の中を進み苗場山自然体験交流センターに着くとそこから山頂までは1分。山頂を踏んだのち、センターでゆっくりすることも考えたが、帰路の鎖場は雨中で周囲が暗くなっての通過は避けたかったので、数分の休憩後すぐに下山を始めた。途中で休憩することもなく、ひたすら下り、ほぼコースタイムで登山口に戻った。雨の中、ゆっくりと周囲の自然を味わうことはできなかったが、、登山道の周辺でも紅葉が始まっており秋の訪れは感じることができた。なお、今回、天候の回復を期待して山行を決行したが、「てんきとくらす」の苗場山登山指数はCであり、予報はあなどれないことを痛感した。

登山中の画像
登山画像
小赤沢3合目登山口
登山画像
鎖場あり
登山画像
刻み入り木道
登山画像
霧の中の紅葉
登山画像
紅葉の道を下山
登山画像
カラフルに紅葉した木
登山画像
道の周囲も紅葉
登山画像
道の途中に大きな木
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yuji-kun さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?