登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
釜ノ沢五峰完全版 巡礼道、大日峠、法性寺、般若山、亀ヶ岩展望台、釜ノ沢五峰、釜の沢五峰、文殊峠、竜神山、般若の丘遊歩道、小鹿野アルプス(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年10月6日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:32→山手線→池袋4:52~5:00→西武池袋線→小手指5:41~42→〃→飯能6:00~04→西武秩父線→西武秩父6:48~7:00→西武観光バス→小鹿野警察署7:37

    復路:松井田14:41→西武観光バス→秩父ふるさと館前15:08~30→徒歩→西武秩父15:45~51→西武池袋線急行池袋行→飯能16:38~40→〃快速急行元町・中華街行→渋谷17:38~40→東急東横線各駅停車→学芸大学17:48

  • 天候

    曇り時々晴れ

この登山記録の行程

小鹿野警察前バス停7:40→登山道入口7:51→大日峠8:12→登山道出口8:20→秩父札所32番般若山法性寺8:27~36→観音堂8:38→月光坂8:49→お船観音8:59→大日如来(山頂)9:05~12→送電線鉄塔19:21→送電線鉄塔29:29→菅ノ沢四等三角点?9:40→送電線鉄塔310:01→亀ヶ岩展望台10:03→雨乞岩堂穴10:09→長若山荘裏(釜ノ沢五峰登山口)10:15→一ノ峰10:36→ニノ峰10:41→三ノ峰10:49→四ノ峰10:57→五ノ峰11:04→釜ノ沢五峰頂上?11:07→送電線鉄塔411:09→布沢峠11:11→見晴らしの良いピーク11:17→モミの巨木11:24→文殊峠分岐11:27→文殊峠(金精神社・長若天体観測所)11:30~45→中ノ沢林道分岐11:54→竜神山11:56→送電線鉄塔512:02→賽ノ洞窟12:07→兎岩12:15→林道12:26→長若山荘12:34~38→法性寺分岐12:40→法性寺12:50→古洞峠13:01→三等三角点般若13:11→般若の丘公園13:23→農産物直売所13:28~31→宮本の湯13:47~14:25→松井田バス停13:31

合計(6時間7分、宮本の湯迄)


総距離 約15.6km 累積標高差 上り:約1,202m
下り:約1,223m
10月6日(土)も台風接近で、天気予報がどこまで信用できるかどうかわからなかったので、また低山ということで、秩父の釜ノ沢五峰を法性寺の巡礼道や小鹿野町のハイキングコースと合わせて縦走して来ました!

ここは山というよりも秩父盆地の中の丘陵地帯なので、たとえ鎖場があっても5時間あれば一回りできるだろうと思っていたんですが、般若山と釜ノ沢五峰の兎岩コース道が予想以上の悪路で、さらに先週の台風で落ちた木の枝が多かったこともあり、プラス1時間の6時間かかってしまいました。

ここ、フルコースだと両神山に登るのとあまり変わらないかもしれません。

スタートは、西武秩父から小鹿野車庫行か栗尾行のバスに乗り、小鹿野警察前バス停から。少し戻ると「巡礼道」の標識があるので、そこを右折し川を渡ります。

10分ほど舗装道路を進むと、左手に集落の掲示板が接着された広場が出てくるので、そこが大日峠の登山道入口です。

この道は法性寺の巡礼道なので良く整備された緩やかな沢沿いの道で、やがて沢を離れてジグザク登り始めると、じきに大日如来像のある大日峠です。

大日峠を越えて反対側の集落に出るとほどなく法性寺です。入口の道を隔てた反対側に帰りに通る般若の丘遊歩道の標識と地図があるので要確認。

法性寺は山号が般若山と言って、山門と本堂にある般若の面が有名です。登山道はその本堂の前からとりつきます。通り抜けるのに山門修復協力金300円が必要です。

観音堂を見上げ、岩のトンネルを潜り抜け、岸壁の穴の中にあるお堂を見学しながら進むと、やがて月光坂と名付けられた坂道につき、鎖の手すりがつけられた岩に彫られた滑りやすい階段を登ると、岩穴にたくさんの石仏が立ち並ぶお船観音と大日如来の分岐に着きます。

片側が着れ落ちた岩の上を歩き、まずは低い方のお船観音から見学して行きます。岩の上からは秩父盆地を取り囲む山々が一望出来ます。ただ上の方に雲がかかっているのが残念!

続いて大日如来を見に行きます。大日如来は鎖で岩をよじ登った上の、般若山山頂ともいうべき場所にあり、さらに展望は良好!ここで本日最初の休憩をとります。

大日如来の岩の下に下り、斜面をへつっりながら先へと進みます。巡礼者が奥の院の大日如来で引き返すせいか、元々あまり良くなかった道がここからバリエーションルート並みになってきます。

なにはともあれ1つ目の送電線鉄塔に到着。ここから般若山最高地点の菅ノ沢四等三角点478.03mに行く踏み跡があるはずなんですが、藪が深くて断念。巻き道に入ります。

巻き道を抜けたところに2本目の送電線があり、ここから先程の三角点に通じる明確な踏み跡があったので、若干戻ることになるものの行ってみることに。

そしたら、比較的最近刈り払われたピークの上にそれらしきものがあるにはあったんだけれど、高度計は500m強を指していたので、これは小鹿野町が新たに測量した別の三角点なのかも知れません。でも眺めが良いので、ここを般若山山頂とするのも悪くないかも。

先程の2つ目の送電線鉄塔に戻り先へと進むと、さらにもう1本送電線鉄塔があって、その先の眺めが良い場所が亀ヶ岩展望台です。来る途中にいくつもあった金精様をさらに巨大した感じの亀ヶ岩が一つ隣の尾根に鎮座ましましてるのが良く見えます。ありがたやありがたや!

亀ヶ岩展望台から少し下った場所に、雨乞い用の岩穴があり、それを過ぎるとほどなく釜ノ沢五峰登山口のある長若山荘の裏手に出ます。

法性寺からここまで、1時間あれば余裕だと思ってたら1時間半以上かかった~!

長若山荘裏手に下りた道は、一旦車道に出ずにシートカットする形で釜ノ沢五峰の登山道に合流しています。合流した直後、簡易水道の水源になっている水場あり。

その沢沿いの道をしばらく進み、沢を離れて北側の尾根に登ると釜ノ沢五峰最初の一ノ峰に着きます。先程のお船観音と同じような岩の上に石の標識があります。

一ノ峰を越えて進むと、子兵重岩(ニノ峰)と巻き道の分岐があるので、岩上にに進みます。ニノ峰は山頂に三ノ峰と書かれていますが、これは誤りで、正しい三ノ峰すぐ先に出てきます。眺めの良い露岩上のニノ峰からは熊倉山と矢岳が良く見えます。

ニノ峰から鎖で下り、先程の巻き道と合流したら、すぐまた三ノ峰に登り返します。ここも見晴らしの良い露岩上で、今度は正しい三ノ峰と書かれた標識があります。三ノ峰山頂からは先程の熊倉山方面の眺めに加え、これから進む五ノ峰方面の尾根が良く見えます。三ノ峰からはまた鎖で下ります。

このニノ峰~三ノ峰あたりが釜ノ沢五峰のハイライトで、四ノ峰は展望の無い地味なピークで、五ノ峰に至っては、山頂ですらない先程の見えたピークの肩のような場所です。先程見えた五ノ峰だと思った山頂には、左に直角に曲がれという標識があるだけで、山名標識はありません。

ちなみにここを左ではなく右に直角に曲がれば、般若山に行けるはずですので、暇な人は自己責任でチャレンジしてみてください!

左に直角に曲がるとすぐに見晴らしの良い送電線鉄塔の下に出ます。朝のうち雲で隠れていた両神山と武甲山が見えるようになってきました。

送電線鉄塔から下ると、標識は無いですが布沢峠です。エスケープルートが左右に下っています。

布沢峠から再び登ると、伐採された小鹿野町の測量した跡がある見晴らしの良いピークに出て、その後ピークを1つ巻くと、ようやく文殊峠の分岐に着きます。

文殊峠は縦走路から外れているので寄らなくてもいいんですが、見晴らしの良い天体観測所があるので寄って行きます。下るのですが3~4分の距離です。

文殊峠は舗装された林道が
越えており、その手前に金精神社が、渡った向こう側に長若の天体観測所があります。天体観測所は眺めが良く、東屋とベンチがあるので休憩するのに良い場所です。ここで15分ほど休憩したら、先程の分岐に戻り兎岩方面へと進みます。

文殊峠分岐から下りきったところが中ノ沢分岐です。ここから林道に下って戻る人が多いせいか、兎岩へ向かう道は踏み跡程度になります。

ともかく、中ノ沢分岐から登り返したところが竜神山です。ススキに覆われた狭くてやぶっぽいピークです。

竜神山から下りしばらく行くと、上が二股に別れた送電線鉄塔の刈り払いに出ます。左右が着れ落ちたやせ尾根になっているので滑落注意。

送電線から賽ノ洞窟という岩穴を経て、再びロープにつかまってよじ登ると、ようやく兎岩です。左右に鎖の手すりがつけられている、本日最後の眺めの良い岩場です。

兎岩を慎重に下り、南にか細い道をジグザク下れば、林道に飛び出し、釜ノ沢五峰の周回路は終わります。後は林道を長若山荘まで戻るだけです。

でも今日は完全版なのでここでは終わりません。

長若山荘の前の駐車場の飲料の自販機で水分補給した後、集落の中の道を朝通った法性寺まで戻ります。そして来る時に入口を確認しておいた、般若の丘遊歩道に入ります。

このハイキングコースは、別名小鹿野アルプスとも呼ばれるものの、朝通った巡礼道と同じくバスを使って法性寺を訪れる巡礼者たちの帰りの巡礼道としても使われているため非常に良く整備されていて歩きやすい道です。

法性寺前の案内板の横から、川を渡り、集落の家々の間を抜けると林道に出て、そのまま古洞峠まで林道を上ります。

そして峠の右側につけられた2本の山道のうち、左上の稜線づたいの道に入ります。後はたいしたアップダウンもなく、般若の丘まで一直線です。途中の道の真ん中にベンチが置かれた小ピークが標高370.8mの三等三角点般若です。

般若の丘公園は、メイン施設であった日帰り温泉のあったクアハウスおがのは閉鎖されてしまいましたが、公園はまだ良く手入れされており、農産物直売所も営業しています。農産物直売所の前の飲料の自販機で最後の休憩。

般若の丘公園から少し広い車道を行って、左の細道に入り、あとはクネクネした坂を下って川を渡れば、本日の最終目的地「宮本の湯」です。13時47分到着。12時半には着く予定だったのに、1時間以上余計にかかった~!

宮本の湯は宮本荘という割りと大きな旅館が露天風呂を一般に解放している日帰り温泉で、旅館のホームページには載っていませんが、2018年現在700円で日帰り入浴出来ます。ただ日帰りの入浴時間は10時~15時なので、遅くとも14時ちょっと過ぎには到着する必要があります。

ここで今日も蜘蛛の巣が多かった1日の汚れを落とし、食堂はないのでビールだけ飲んで、歩いて5~6分の松井田バス停に向かいます。

なお、温泉に入らない場合は、手前の般若の丘から西武秩父に行く小鹿野町営バスもあるので、そちらの時刻表も調べておくと安心です。

松井田バス停の近くの手打ち蕎麦屋で昼飯を食べて帰っても良かったんですが、次のバスが1時間後で、それまで時間を蕎麦屋で潰すのはしんどいので、西武秩父の少し手前の秩父ふるさと館前でバスを降りて、そのふるさと館の食堂で豚味噌丼と手打ち蕎麦のセットを食べました。

これは味噌味のとんかつが基本の秩父名物「わらじかつ丼」の変型で、豚肉をとんかつにせずに味噌味のポークソテーにした物を2枚載せた丼で、かつほどボリュームがあって脂っぽくないので、蕎麦とセットでも女性でも無理なく食べられるというものです。

わかるんだけど、男性にはちょっと物足りないかも…。

秩父ふるさと館で昼飯を食べた後は、西武秩父駅まで速攻で戻り、西武秩父始発の池袋行急行電車に乗って帰りました。

ただこれ昔と違って飯能で元町・中華街行の快速急行に乗り換えた方が早く、しかも飯能までは各駅停車なので、乗り換えが便利という以外、急行である意味があまり感じられない…。

釜ノ沢五峰 - かまのさわごぼう:標高590m-関東 - Yamakei Online
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=18539

「大日峠を歩くみち」栗尾~札所31番・32番~松井田
https://navi.city.chichibu.lg.jp/wp/wp-content/uploads/2014/09/edojunrei_09.pdf

小鹿野里山ウォークのご案内 4札所32番一周コース
http://www.town.ogano.lg.jp/cms/wp-content/uploads/2018/03/Leaflet-high-quality-u.pdf

西秩父商工会・日帰り入浴
http://www.nishichichibu.or.jp/nyuyoku/

秩父ふるさと館/秩父市
http://www.city.chichibu.lg.jp/6018.html

登山中の画像
登山画像
秩父警察前バス停からスタート
登山画像
少し戻ると巡礼道の標識があるのでそこを左折。
登山画像
川を渡る。
登山画像
巡礼道らしく金精様が祀ってある。
登山画像
集落の掲示板のある広場から登山道に入る。
登山画像
その掲示板のところの標識。
登山画像
たまに沢を渡りながら沢沿いの道を行く。
登山画像
時折、巡礼道の標識。
登山画像
大日如来が祀ってある大日峠。
登山画像
峠には古い巡礼道の石の標識も。
登山画像
ツリフネソウがたくさん咲いている。
登山画像
舗装道路に出たら左折して法性寺を目指す。
登山画像
またも金精様、ちょっとサイズがあれだけどさっ…
登山画像
札所32番法性寺に到着。
登山画像
山門にある般若の面!
登山画像
法性寺に入る前に、帰りに行く般若の丘遊歩道の…
登山画像
協力金っていうか入場料300円とられます。
登山画像
法性寺本堂。
登山画像
本堂にも般若の面!
登山画像
本堂裏手はすごい岩壁になっている。
登山画像
岩壁にまたしても金精様。あんたも好きね〜!
登山画像
シュウカイドウがたくさん咲いている中を登る。
登山画像
観音堂!
登山画像
岩の間をくぐりぬける。胎内くぐりみたいな意味…
登山画像
岩の穴の中にお堂がある!
登山画像
月光坂というあんまり道の良くない急坂を登る。
登山画像
岩の穴の中にたくさんの石仏。
登山画像
お船観音と大日如来の分岐に着いた!
登山画像
船を逆さにしたような岩稜の彼方にお船観音!
登山画像
お船観音近影!
登山画像
つづいて大日如来まで鎖で岩をよじ登る。
登山画像
般若山実質山頂の大日如来像!
登山画像
大日如来からの展望!
登山画像
鎖場を下って亀ヶ岩方面に進む。
登山画像
1本目の送電線鉄塔に着いた!この上の三角点に…
登山画像
三角点峰を巻いて2本目の送電線鉄塔に到着。こ…
登山画像
ちょっと標高が高過ぎる気もしないでもないが、…
登山画像
小鹿野町が測量した三角点があるけど、ここでい…
登山画像
でも両神山と二子山が大展望!
登山画像
戻って、さらに3本目の三角点に到着。
登山画像
そのすぐ先の見晴らしの良い場所が亀ヶ岩展望台…
登山画像
亀ヶ岩というより亀(頭)岩なんですけどー!巨…
登山画像
雨乞岩堂穴。
登山画像
長若山荘裏手に下山。続いて釜ノ沢五峰へ。
登山画像
簡易水道の水源になっている水場があった!
登山画像
まずは一ノ峰!
登山画像
子兵重岩に登る道と巻き道に分かれる。
登山画像
その子兵重岩が二ノ峰。三ノ峰と書いてあるのは…
登山画像
二ノ峰から熊倉山〜矢岳方面の眺め。
登山画像
二ノ峰から鎖をつたって下りる。
登山画像
続いて三ノ峰に到着。
登山画像
この三ノ峰が正しい三ノ峰です。
登山画像
目指す五ノ峰方面が見えます。
登山画像
三ノ峰も鎖で下ります。
登山画像
展望の無い四ノ峰。
登山画像
道の途中の肩みたいな場所にある五ノ峰。
登山画像
さっき見えた山頂には直角に曲がる標識以外何も…
登山画像
また送電線鉄塔に出た!
登山画像
雲でかくれていた武甲山が見えるようになってき…
登山画像
布沢峠。標識はないけどテープがたくさんある。
登山画像
また見晴らしの良い場所に出た。
登山画像
モミの巨木!
登山画像
文殊峠分岐に到着。
登山画像
文殊峠にある金精様!でも御神体は神社の中。
登山画像
金精峠には林道が通っている。
登山画像
林道を渡って長若天体観測所で休憩。
登山画像
両神山が雲にかくれてしまった。
登山画像
シロヨメナがたくさん咲いている!
登山画像
文殊峠分岐まで進んで先へ進むと、中ノ沢の林道…
登山画像
やぶの中の竜神山山頂!
登山画像
二股に分かれた送電線鉄塔!痩せ尾根上にあるの…
登山画像
賽ノ洞窟。
登山画像
そして最後のロープをよじ登ると…。
登山画像
本日最後の岩場、兎岩に到着!
登山画像
兎岩から細い獣道みたいなみちを下ると林道に出…
登山画像
こんどはノコンギク!
登山画像
長若山荘到着。
登山画像
すぐ脇にさっき出なかった登山口がある。
登山画像
今日は完全版なので、一度法性寺に戻る。
登山画像
なつかしの法性寺!
登山画像
来るときに確認した案内板の横から細道に入る。
登山画像
そして紅葉がきれいそうな川を渡る。
登山画像
林道を古洞峠まで登ると、登山道の入口が右手に…
登山画像
峠の標識。
登山画像
般若の丘遊歩道は良く整備されたガンガン走れる…
登山画像
東の方に武甲山が見えます。
登山画像
道の真中にベンチがある場所が…。
登山画像
三党三角点般若です。
登山画像
般若の丘公園に着いた!
登山画像
クアハウスおがのは閉鎖になって日帰り温泉はや…
登山画像
でもかろうじて農産物直売所は開いてます。
登山画像
最後に違いがわかる男のユウガギク!
登山画像
クワハウスおがのが閉鎖でも。宮本の湯に行けば…
登山画像
誰もいなかったので、内湯!
登山画像
そして露天風呂!
登山画像
風呂上がりのビール。
登山画像
松井田バス停に着いた。
登山画像
秩父駅の先で途中下車して、食堂がやってたすぐ…
登山画像
食堂の中はこんな感じ。
登山画像
秩父蕎麦と豚味噌丼のセット♪
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする
  • おやジン さん
    おやジンと申します。一度コメント頂きまして有難う御座いました。今回の完全版お見事です。私も9月中旬に法性寺から目黒駅は品川区さんと同じルートを歩くつもりでトライしました。途中で道迷いしまして、半端な終わり方をしました。この記録を参考に、もう一度トライしたいと思います。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。