登山記録詳細

沢登り
参考になった 5
海沢三滝 「山行の自己責任を考える」 メタボ登山2018 海沢三滝 大多摩WT(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

奥多摩駅08:50・・・奥多摩VC08:55・・・09:33海沢三滝入口09:42・・・アメリカキャンプ村09:52・・・09:59海沢隧道10:03・・・坂東橋10:11・・・10:48海沢園地11:06・・・11:11三つ釜の滝11:14・・・11:23ネジレの滝11:35・・・ロープ場11:43・・・一枚岩11:46・・・12:03大滝12:12・・・ネジレの滝分岐12:33・・・三つ釜の滝分岐12:39・・・12:53海沢園地13:38・・・WT入口14:38・・・14:57数馬西トンネル・・・15:08白丸南側通路入口・・・15:30白丸ダム&魚道館15:46・・・16:00鳩ノ巣駅


総距離 約13.5km 累積標高差 上り:約1,028m
下り:約1,052m
全国メタボ隊ファン4名の皆様、お元気ですか! 前回「次はミツドッケ山行」と予告をしましたが。今回は海沢三滝のハイキングとなりました。一応「三ッ釜の滝」があるので「3」に関連しているので許してください(大宮デン助なら目をむいて怒りそうですが)。

今回の山行?では「絶対に滑らない!沢沿いの道なので細心の注意!」を目標にしました。ですが・・・最悪でした。今回の感想は「かなり病んでます&長文です」。写真だけでもOKです。

皆さんは「山ヒル」というと、あの「吸血ヒル」を想像すると思います。実はもうひとつの「山ヒル」が山行中に出るのを御存知でしょか?それは少しずつ忍耐を減らし下山後も心を蝕んで行くとても怖い存在なのです。今回はそんな「奥多摩の山をナメてかかる山ヒル親子隊」の話もあります(愚痴かな?こちらがメインかな)。


【 奥多摩駅から海沢三滝分岐 】
 奥多摩駅の「恒例、奥多摩ダッシュ!」・・・に参加することなく、ゆっくりと電車を下り。川苔山や鷹ノ巣山行きのバス停に並ぶ英雄たち(メタボ隊より早く歩く人々。9時の奥多摩駅だと川苔山行の場合、メタボ隊は明るいうちに絶対下山できない自信がある!)を横目に、奥多摩ビジターセンター(VC)へ向かう。奥多摩VCは改装中でしたが中には入れます。
昭和橋(鋸尾根の水切れ認定遭難の記憶が・・・公園の水道に再度感謝しました)を通過。橋の所のトイレを借りてスッキリ!氷川発電所を通過し「アメリカキャンプ村の看板」「ニジマスの養殖場」を過ぎると海沢三滝への分岐。
 昔は「海沢三滝(さんだる)」と呼んでたと思のですが何時から変わったのかな?

【 海沢三滝分岐~アメリカ村~海沢隧道 】
 海沢三滝分岐で何時もの体調確認行動食。少し秋めいた舗装路を急ぐことなく歩く。時々後ろから車が来るので注意が必要(ハイブリッド車は無音なので注意しようがない)。
そうこうしているうちにアメリカ村。ここで道のりの半分くらい?メタボ隊には舗装路歩行は限界に近いのですが。まだまだ海沢園地は着きません。そして少し坂になり海沢隧道に到着。あと少し・・・

【 海沢隧道から海沢園地 】
 「長くもない山奥の海沢隧道を抜けると、明るくのんびり流れる小さな滝があった。」トンネルを越えると緩やかな登りが海沢園地まで続きます。これでもかと言うくらい延々と続きます。メタボ隊は途中で大小休憩を取りましたがタクシーで来る観光客もいるようです。軽装備の方も見受けられますが、最低限ザック&山靴(またはワラジ?)は必要です。何故って?ここは奥多摩の山だからです(熊鈴もね)楽しく迷惑を掛けず山行するために。
 メタボ隊は喘ぎながら海沢園地に到着。迎えてくれたのはウエットスーツを着込んだずぶ濡れの若者たちの集団。もしかしたら滝にザイルが張られている???一抹の不安を感じ三滝へ(ここで20分の休憩を取り体力回復!しました)。

【 海沢園地から三ッ釜の滝 】
 雨の後なので三ッ釜の滝への道は「沢なんじゃないの」というくらい水が流れていました。すぐに着いたのですが親子分隊はサクサク先を急いで過ぎました。あとで聞いたら「気が付かず通過した」とのこと。確かに釜は見えないし、急階段は横にあるし、距離的に全然歩いてないし。無理もないかな。
 当然ながら滝なので岩はゴツゴツ!表面は滑る!もう少し若ければ「あの岩まで行って写真を撮れる」のにと悔しがり、現在の限界写真を撮りました(逆の岸から簡単に撮れるの?)。

【 三ッ釜の滝からネジレノ滝 】
 三ッ釜の滝からネジレノ滝へは鉄階段などあり楽しく行けますが、片側は谷なので決して気が抜ける所は有りません。小さな名もない滝が沢山ありきっと「お気に入りの滝」に巡り合えると思います。紅葉の時期など「イイね」と思う滝も有りました。

【 ネジレノ滝 】 ・・・ネジレノ滝が見当たらない?
 ネジレの滝の道標まで行くと???ネジレノ滝らしきものが見当たりません???地図では(奥多摩VCのHPより「海沢三滝コース」をダウンロード)「岩の乗越え」と書いてあります。なんとメタボ隊には「超危険な所」を行かなければ見られません。意を決してカモシカ?の如く・・・恐る恐る行きました。
 ネジレノ滝には計ったように日が差し込んでいて「チョッといい風景」でした。危険を冒してでも見る価値は???初めてだから行ったけど二回目は行かないかな・・・

【 ネジレノ滝からロープ場 】 ・・・山ヒル親子隊(病んだ原因)登場!
 ネジレノ滝から危険な岩を再度乗越え(写真)無事山道に生還!ホッとしていると。かしましい声「上に行ったんですけど道が無い!ない!無い!!」と山ヒルのメスが登場!
 これが山ヒル親子隊との1stコンタクト。「道が無い!」と何度も訴えかけきたので「道が分からないなら帰れ!!」と言ったのですが。聞く耳持たず更に訴えてくるうえ付いてくるので「付いてくるなら自己責任で御願します!」。付いてきて欲しくないのに付いてくる軽装備の山ヒル親子隊(ここは高尾山じゃないんだから諦めてくれ!と心底思いました)。

【 ロープ場から一枚岩の乗越え 】 ・・・最高に危ない場所が登場!
 地図の「岩のよじ登り(ロープ場)」に着くとまたまた「道が無い!道が無い!」の連呼。誰に言っているのでしょうか?挙句の果ては短いワンピッチのロープに取りつく愚挙。
「落とすつもりですか?ロープを離せ!!(先行者が弾かれ滑落する確率が高い)」と本気の激怒(目的地が同じだから仕方がないのか・・涙)!ホントに忍耐も減り続けます。
 更に次の難所は「一枚岩の乗越え」。本コース「一番の恐怖地点」ハイキングでいいのでしょうか(R15指定が必要?)・・。山ヒル隊の「子ヒルとオスヒル」が気になって仕方無い・・・結局、700mの最高点で水休憩しながら待ちました。あとは大滝まで安全な急坂の降下道。山ヒル隊は「写真撮影の若いボッチ隊」に付いて行きました(これで解放された!と思いました・・・が)。

【 大滝にて】 ・・・プールの監視員か!(と心の中で叫ぶ)
 700m地点から大滝までは「土の急な山道」で安心して降下。滝付近岩場は特に滑りやすいので注意が必要。
 先行の山ヒル隊一名を「肉眼で確認!(パターン青!使徒です!)」。プールの監視員状態で大滝の道標の前(滝に向かう安全な道)を塞いでいる。当然邪魔なので「道なのでワラってください(「どけ!邪魔だ!!」と言いたかったが業界用語?で伝えました)」・・・(プルプルプル・・・これ以上、何にも書けねえ!!!)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大滝は水量も多く?いい感じでした。紅葉時期も良さそうです。雪の時期は道が厳し過ぎるな・・と考えていると。向こう岸(左岸)に欧米人の集団が現れました???大滝につながる左岸の山道があるの???騒がしくなる前に退散。山ヒル隊は先に戻ったし、楽しい山行へ・・Go!

【 大滝から一枚岩】 ・・・再び「山ヒル隊を肉眼で確認!」
 700m地点で休憩「大岳に向かう悪路」は「メタボ隊は行けないな」と改めて確認。
直ぐに「一枚岩」に着くのですが、そこで見たものはコースを外れた「山ヒル隊を肉眼で確認!パターン赤!!」「間違った谷筋に入り込んでいます!遭難です!遭難!・・・」コースより谷へ10数m下方に入り込んでいました。メタボ隊を見て道を間違えたことに気付き自力でコースに戻りましたが・・(もう、やめてくれ~~!自己責任でとは言っておいたけど・・・)。

【 一枚岩から巻道経由の海沢園地 】 ・・・何故か「山ヒル隊の後ろを歩く」。
 「ネジレノ滝と三つ釜の滝」は巻道を利用。何故かメタボ隊は山ヒル隊の後ろを歩く羽目に。巻道も山道仕様ではなく沢登りの巻道という感じの所がチラホラ。踏み跡の不鮮明な所や、大きな一枚岩もあり。結構「R15指定(次に行くと違う感じなんだろうな)」かな。巻道の途中で抜きましたが両隊もケガ無く海沢園地で楽しく「別々に昼食」が出来ました(・・無事が何より!)。子ヒル君には楽しい一日になったことを祈るのみです(タクシーで来ていたので帰路の長さを考えると複雑)。昼食を終り大多摩ウォーキングトレイル「数馬峡橋~白丸ダム(前回通行不可)」コースの未踏の道へ発進!

【 海沢園地から近道して氷川発電所へ 】
 山側から流れ出た水が所々道にあり、なんとここでスリップ!沢で無くて良かった。そうこうしていると再び山ヒル親子隊を確認「一生懸命歩いてます!」。メタボ隊は軽く抜いてやると歩くのですが・・抜けません。速力は小学校低学年並と判明しました。30分くらいすると疲れたのか速力が落ちメタボ隊は「頑張れ子ヒル!」と心の中で叫び追い越し。ですがメタボ隊も疲れ「海沢隧道」手前で水休憩。ここで大多摩WTコースを最終決定。同時にキャンプ村を通らない近道に決定(さようなら~山ヒル隊!楽・・・たよ~)。

【 大多摩WT氷川発電所から数馬峡橋 】
 近道は丘を越えるので平坦な道とどちらが早かったかは不明(メタボ隊の場合)。
発電所の所に直結。カメラのメモリーが一杯になりしばらく消しながら歩く失態(雲取と鋸尾根は消すべきだった)。午後3時でも20組程度すれ違う。コスモスは満開でしたが紅葉はしていません(今10/12なら紅くなってる??)。ここは紅葉に時期に来ましょう!
 数馬西トンネルを越え数馬峡橋へ着くと、冬季休業中のお店が開いていいました。

【 数馬峡橋から白丸ダム 】 ( 白丸調整池の未踏南岸歩道を行く )
 未踏の道は「数馬峡橋」の下から始まり「白丸ダム」へ続く管理道?でした。通行止めは「数馬峡の横の道」だったのですが廃道になったようです(大人の理由?)。
白丸調整池ダムの管理路なので水面が近く「♪石川よしひろ♪」兄貴の得意な「立ち漕ぎボード」を楽しむ外国人も沢山いました。奥多摩湖が飲料用でボートが禁止なのに、ここは治外法権なのでしょうか?犬を乗せているボードも見受けられました。
海沢三滝を歩き、ここまで来ると疲れが出てきました。しかも一番低い所!

【 白丸ダム(魚道館)から鳩ノ巣駅 】
 白丸ダムに着きました。バテバテで白丸ダム撮影から魚道館が開いていたので入館。ここで「白丸ダムカード」をゲットだぜ!「白丸調整池(ち)ダム」が正式名称だと初めて知りました長生きはするもんだ。螺旋階段を下りると「魚道」がありました。季節ではないので魚影も無く遡上するのは人間ばかりでした。でも昼間の遡上したら魚道に鳥が待ち受けて遡上出来ないよね。シーズン中でも開館中に魚影は見られないのでは???螺旋階段は登る必要が無いとの説明を受けていたのでエスカレーターが有ると思い込んでいましたがダムと魚道館入口の中間に出ました(久々に心が折れた)ショック!
 最後の力で奥多摩街道を「鳩ノ巣駅」へ向かい。駅前の自販機で炭酸飲料をがぶ飲みして「辛く長い一日」が終わりました。

【 そして今。3週間後 】
 やっと本文を書き終わりました。やっと脱稿できる~~~10/12夜。
御静読?ありがとうございました。今回はこのまま投稿します。3週間経ってもかなり病んでいます(気が重い。体が重いのは前からです・・プンプン)が。「山での自己責任」を色々な面から考えさせられました。もし「山ヒル親子隊」が沢に・・・していたらと考えると(またはメタボ隊が)。超軽装備の人、山の怖さを知らない親子、地図を持たず入山する人、難しいコースを軽く見る人、他人を頼りにする山ヒル族。こんな人を見たら「帰れ!」と大声で「言えない!」・・・。今年は「浅間嶺の入口の分からない山ヒルボッチ隊(無言で付いてくる)」「雪の日の岩石園での中国系のボッチ娘(底の平らなスニーカー)。長尾平でお店の主人も注意されてました(帰れ!とは言えなかったが多分戻った。)」「今回の山ヒル親子隊」。次は勇気を出して「帰れ!」と言いたい・・・・けど。

 追伸
  「野良耕作の事は嫌いになっても。奥多摩の山は嫌いにならないでください!」
  ( ??どこかで聞いたようなセリフだなぁ??? )

   2018.10.12.PM (あとで変更するかもです)

登山中の画像
登山画像
0850 雨の昨日はパスして今日は晴。
登山画像
0852 奥多摩VCは改装中
登山画像
0926 目印のアメリカキャンプ村看板
登山画像
0932 トンネルの前を右入ル
登山画像
0933 海沢三滝への分岐
登山画像
0952 アメリカキャンプ村
登山画像
1000 海沢隧道
登山画像
1002 隧道内部
登山画像
1004 抜けるとのどかな風景があった。
登山画像
1011 坂東橋? 将門関係??
登山画像
1025 歩けども歩けども遠い海沢園地
登山画像
1039 途中に沢山の小さな滝
登山画像
1045 釣舟草?
登山画像
1048 やっとやっと!着いた海沢園地
登山画像
1050 振り返ると大楢峠への道(右上)
登山画像
1050-1 海沢園地のトイレ使用可
登山画像
1106 砂防ダムを越えて出発!
登山画像
1107 いきなり橋が。
登山画像
1107-1 道にも水があふれていた。流石、雨の後…
登山画像
1107-2 かなりの♪ハードロック♪
登山画像
1108 渡河?も大変でした。
登山画像
1111 三ッ釜の滝。ここからは釜が見えないけど…
登山画像
1112 滝の横にか鉄階段。かなり急こう配です。
登山画像
1114 一番上の滝と釜。紅葉の時期が良いかも。…
登山画像
1116 小さな滝もあります。
登山画像
1117 三方美人の滝? ここは紅葉も雪景色も良…
登山画像
1118 木の根道。岩の乗り越え道も多いよ。
登山画像
1118-1 ここは紅葉の時期かな。
登山画像
1119 正しい階段の下り方。急傾斜です。
登山画像
1123 ネジレの滝の道標。でも滝が見えない。
登山画像
1124 道標の左奥にネジレの滝はあります。
登山画像
1126 つるつる岩を乗り越えて。非常に危険です…
登山画像
1127 この木に感謝しながら通りました。
登山画像
1127-1 セメントのホールドもあるのだけど。自…
登山画像
1128 滝はもうひとつ奥。あの岩も越えて。
登山画像
1129 「ネジレの滝」
登山画像
1130 滝に沿って光が入った!
登山画像
1132 メタボ隊も時には山猿になります。危険で…
登山画像
1141 この滝はハイキングコースではない!危険…
登山画像
1143 山ヒル親子のメスが「道が無い」と騒いで…
登山画像
1146 一枚岩を通過。セメントホールドは有るが…
登山画像
1148 三滝の最高点。チョッと水休憩。 
登山画像
1157 うるさい山ヒル親子は先行者に引っ付いた…
登山画像
1200 休憩点から意外と近い。ほとんど一直線。…
登山画像
1202 山ヒル親子が1匹2人3人。メスが道を塞…
登山画像
1203 プールの監視員状態。この後、ワラっても…
登山画像
1204 大滝。奥にも不動滝があり海沢四滝と言う…
登山画像
1207 滝壺手前より
登山画像
1211 左側の岸に沢山の欧米人が出現した。何処…
登山画像
1212 どこをどう通ると来られるの?即!撤退。
登山画像
1216 最高峰700mで再度水休憩。
登山画像
1224 大岳山への道標。悪路!と書いてある。今…
登山画像
1226 コンクリートホールド。下は10m余の奈落…
登山画像
1228 黄色は正規ルート。赤は山ヒル親子隊の下…
登山画像
1233 なぜかメタボ隊は、山ヒル親子隊の後ろを…
登山画像
1235 巻道でもロープ場あり。雨上がりなのでス…
登山画像
1237 巻道は基本こんな感じ。山ヒル親子隊をパ…
登山画像
1239 三ッ釜の滝も巻道へ。
登山画像
1245 途中。踏み跡の薄い所や。一枚岩の滑り台…
登山画像
1247 海沢園地にいきなり出た!最後の渡河。水…
登山画像
1338 昼食を終えて下山。大多摩ウォーキングト…
登山画像
1405 坂東?橋通過。舗装路が延々と続く。
登山画像
1411 海沢隧道の前で休憩。チョッと前まで山ヒ…
登山画像
1425 アメリカ村駐車場から脇道へ。上から撮影。
登山画像
1436 養殖場の所に出た。下ると大多摩WTコー…
登山画像
1443 トイレ休憩
登山画像
1452-D コスモスが満開!メモリーがいっぱい!…
登山画像
1457 数馬西トンネル
登山画像
1503 白丸調整池。どうしてこんな色が出るのだ…
登山画像
1508 数馬橋の下を行くコース。崩落で旧コース…
登山画像
1509 白丸調整池の監視ルートが今の正規コース…
登山画像
1516 水面に近いので紅葉の時期が良いかな。
登山画像
1528 白丸調整池ダムの上流側。ごみ受けベルト?
登山画像
1530 御馴染みの魚道
登山画像
1534 白丸調整池ダム。正式名称はダムカードを…
登山画像
1535 白丸魚道館入口
登山画像
1536 魚道へスパイラル降下開始!
登山画像
1539 どん底から見上げると高け~!でも登る必…
登山画像
1539-1 魚道。今の時期のアユは遡上しないよね。
登山画像
1541 遡上するのは人ばかり。
登山画像
1546 ダムと魚道館の中間に出た!メタボ隊の心…
登山画像
1600 疲れ果て鳩ノ巣駅着!白丸駅より少し近い…
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする
  • mura3 さん
    メタボ隊ファンクラブNo.十万4番のmura3です。

    恐るべきUMA・・いや「山ヒル」との遭遇・・お疲れさまでした。
    予期せぬ展開に驚きました。この手の生命体には熊の次に会いたくないかもです。
    しかし、見事に笑いに変換したレコとなっており、さすがです!と思いました。

    また、海沢園地付近にはまだ行ったことがなかったので、とても参考になりました。かなり滑りやすそうですね。

  • 野良耕筰 さん
    mura3様
     コメントありがとうございます。病んでいた気持ちが一気に晴れました。
     「俺、今! 絶好調になった!(弱虫ペダルより)」

     海沢園地までは車で行けます。これから紅葉の時期は混雑する気もします。
     危険な場所は紹介した所以外は無いので、足元に注意すれば十分楽しめます。

     メタボ隊ファンになっても(はあと)メタボ隊には入らないでください!
     (メタボディでの日帰り山行は、計画段階で激減します)

     追伸 メタボ隊ファンが十万越えているとは知りませんでした(笑)

関連する現地最新情報

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2018年12月10日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?