登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
石徹白から別山までの秋の稜線を楽しむ 銚子ヶ岳、一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰、三ノ峰、別山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2018年10月13日(土)

  • パーティ

    3人 (Yamakaeru さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:通常、福井からのルートは、美濃街道(国道158)の九頭竜湖から県道127号線に入り天狗岩ファミリーパーク(キャンプ場)を通り白山中居神社を目指す。ただ、今回は、そのルートが土砂崩れで通行止めだったため、岐阜の白鳥経由で白山中居神社を目指す。神社脇の細い林道をさらにえんえんと進むと登山口の駐車場に着く。20台以上は駐車可能な舗装された綺麗な駐車場。トイレあり。福井ルートはよく通行止めになるため、事前に確認することをお勧めする。

  • 天候

    晴れ時々曇り
    [2018年10月13日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

石徹白登山口(05:30)・・・石徹白大杉(05:39)・・・おたけり坂(06:24)・・・雨宿り岩屋(06:27)・・・神鳩ノ宮避難小屋(06:47)・・・母御石(07:14)・・・▲銚子ヶ岳(07:27)・・・▲一ノ峰(08:10)・・・鬼の鼻面岩(08:32)・・・▲二ノ峰(08:34)・・・三ノ峰避難小屋(08:57)・・・▲三ノ峰(09:10)・・・別山平・御手洗池(09:47)・・・▲別山(10:17)(昼食~11:03)・・・別山平・御手洗池・・・▲三ノ峰(11:59)・・・三ノ峰避難小屋・・・▲二ノ峰(12:30)・・・鬼の鼻面岩(12:31)・・・▲一ノ峰(12:49)・・・▲銚子ヶ岳・・・母御石(13:43)・・・神鳩ノ宮避難小屋(14:02)・・・雨宿り岩屋(14:22)・・・おたけり坂(14:27)・・・石徹白大杉(14:57)・・・石徹白登山口(15:06)


総距離 約21.0km 累積標高差 上り:約2,218m
下り:約2,217m
毎年秋の恒例にしたいルート、石徹白から別山へのピストン縦走。アルプスに負けない豪華な稜線を紅葉に包まれながら進む。白山巡礼の古道の一つでもあり、とてもお勧めのコースだ。
九頭龍から向かうが、先日の台風で県道127号線で土砂崩れがあり復旧の目処が立たないとのこと。仕方がないので、遠回りになるが岐阜の白鳥経由で石徹白に入る。その時間をみて早めに出発したこともあり、まだ暗い内に登山口へ到着した。外に出るとすでに冬を感じる冷え込み。凛と張り詰める空気に、クリアーな星空が広がっていた。
ヘッドライトを点け歩き出す。登山道は、いきなり石畳の階段から始まる。こんな立派な階段をよくこんな山奥に作ったものだ。階段を登りきるとこの登山道の守護神、石徹白大杉が出迎えてくれる。まだ薄暗い中でも圧倒的なオーラを放っていた。
ゆっくりと斜面を登っていく。徐々に明るさが増し、数分でヘッドライト無しでも歩けるようになった。
最初は緩やかな斜面が徐々に角度を増していく。尾根にたどり着く手前のおたけり坂が名前が付くだけあって、さすがに強敵。漢字で書くと「猛たけり」なのだろうか。確かに猛突進でガシガシ登らないといけない。
登りきるとようやく稜線ルートが始まる。まずは神鳩ノ宮避難小屋までを目指す。周囲の木々が赤く色づいていて、紅葉のトンネルが出来上がっている。
神鳩ノ宮避難小屋で一息入れる。いつ建て替えたのか、真新しく立派な小屋だ。小屋の後ろ側にはこれから向かう最初のピーク、銚子ヶ岳が見えていた。
神鳩ノ宮避難小屋からは暫く真っすぐ進み、途中から左へと折れ、銚子ヶ岳へと延びていく。この間のルートが今回の登山では一番紅葉していた。銚子ヶ岳のピーク手前にある大きな岩「母御石」によじ登ると、周辺の紅葉した山々がとても綺麗に見渡せた。
銚子ヶ岳の山頂からは熊笹の草原となり、アルプスを思わせるような縦走路となる。アップダウンを繰り返し、一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰のピークを経由しながら別山へと向かう。
歩いている間、ずーっと別山の頂には大きな雲がかかっていた。なんとか晴れてくれないかと願っていると、有難いことに別山平のところでサーっと雲が流れていった。
別山平では紅葉を期待していたが、思ったほどの色づきは見られなかった。御手洗池でお決まりの写真を撮ってから、雲が切れている間に急いで別山の山頂を目指す。
別山平から別山へは最後の難関的な急峻な道が続く。ただ、どんどん高度を上げるにつれ、御手洗池、別山平、三ノ峰、そしてその向こうに延びる稜線と景色が広がっていく様が楽しい。
山頂には小さな祠がある。別山には夏の初めにも登っているので、数ヶ月ぶりのご挨拶だ。
雲は切れているものの、遠くの眺望は今一つで、残念ながら御嶽山は見ることが出来なかった。白山も雲に隠れていたが、時折、姿を見せてくれた。
腰を下ろして昼食をとる。山頂は肌寒く、暑いコーヒが身体の芯から温めてくれた。
長く石徹白まで延びる稜線を眺めていると達成感が半端ない。山頂で充実感した時間を過ごし、折り返すことにする。いつもながら別山まで来るとつい白山まで足を延ばしたくなるが、さすがにそんな訳にもいかないので、後ろ髪をひかれつつ別山を降る。
不思議なもので、帰路で見た山々は、朝の風景よりも一段と紅葉が増したように感じた。季節はものすごい速さで動いているのかも知れない。

登山中の画像
登山画像
夜が明けていきます。
登山画像
紅葉が始まっています。
登山画像
紅葉のトンネルを歩きます。
登山画像
可愛い。というか美味しそう。
登山画像
別山平。秋模様だけど、もう少し色づいている風…
登山画像
御手洗池がやっぱり絵になるね。
登山画像
雲が躍っています。
登山画像
帰路の方が一段と紅葉が進んでいたような。。。
登山画像
シンボル。石徹白大杉。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    写真がいつもより少ないですね。

  • Yamakaeru さん
    写真がおんなじ構図ばかりになっていたので。あとは心のシャッターでした。

  • RAICHO さん
    別山平いつみても素晴らしい良い景色ですね。
    歩き甲斐のあるコースで、一度は行ってみたいです。

  • Yamakaeru さん
    やっと仕事終わりました。(^^)
    ぜひぜひ、トレイルランナーにとってもいいコースですよ。(^^)

  • kuroneko さん
    いつ見ても綺麗です
    ここまで行かないと見られない景色
    白山では雪の便りも
    もう少し秋を感じたいです

  • Yamakaeru さん
    Kuronekoさん、こんにちは。心打たれる紅葉も一期一会。一つ一つの登山で秋を感じる時間を大切にしたいですね。

  • レオ さん
    快晴で中、高速バスで帰宅中です。車窓から眺める富士山は白くなって冬の到来を感じさせます。もっと紅葉を楽しみたいですね

  • Yamakaeru さん
    お帰りなさい。富士山白くなってましたね。山の冬はもう直ぐですが、仰る通りもう暫く紅葉を楽しみたいですね。^_^

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!