登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
谷川岳 氷点下の練習 & 道具のインプレッション 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

japan007 さん

この登山記録の行程

天神平(08:40)・・・分岐(08:50)・・・熊穴沢避難小屋(09:15)[休憩 15分]・・・谷川岳肩ノ小屋(10:30)[休憩 30分]・・・トマの耳(11:10)[ほぼ写真撮影 25分]・・・オキの耳(11:45)[昼食&マッタリで道具インプレッション 100分]・・・トマの耳(13:40)・・・谷川岳肩ノ小屋(13:50)[休憩 15分]・・・熊穴沢避難小屋(14:35)・・・分岐(14:45)・・・天神平(14:55)

総距離 約6.4km 累積標高差 上り:約871m
下り:約871m
コースタイム 標準:4時間30分
自己:3時間10分
コースタイム倍率 0.70
A:山行の振り返り
【1.頂上のでの天候】
マイナス2℃からマイナス4℃くらい。微風。とまの耳~おきの耳近辺が雪道になっている。
西黒尾根はアイゼンがないと立ち往生&尻で滑って下山する人々で渋滞だったそうです。

【2.雪の状態】
ちょうど今の季節に谷川岳に行く人が一番気になるのは、雪山になってしまったのか、夏装備で事足りるのか、といったことでしょう。
11/3は、コースによりけりといったところでした。
天神尾根コースも1300メートルでも日蔭は雪がありましたが、昼には融けます。1800メートル以上は登山道脇に雪が残ってました。とまの耳からおきの耳に行く下りでは雪道でしたが凍ってはいませんでした。新雪からシャーベットになりかけていましたので、明日には凍るでしょう。明日以降に谷川岳山頂まで行く人は、アイゼンは絶対持参しましょう。新雪だからとたかをくくってアイゼンなしで登山靴で踏み込むと、アイスバーンの上に乗った新雪の可能性が高く、滑って止まらなくなります。
ちなみに、西黒尾根はチェーンがない人が上り下りに大渋滞していたそうです。
11/6追記・その後暖かい日が続いたので融けたかも。

B:服装
【1.氷点下の登りはソフトシェルに限ると分かった】
行動中、風が弱いのと太陽が照っていたため、肩の小屋までは半袖でないと暑かった。肩の小屋より上の稜線歩きでは、半袖の上にホグロフスのソフトシェルを着て歩いたが、吸汗・速乾・防風のため天候への対策は丁度良かった。氷点下プラマイ0の登りは半袖+薄手のソフトシェルでバッチリと分かった。
今まではミドルレイヤーとフリースで調整していたが、ミドルレイヤーだけでは寒いしフリース着ると暑過ぎるしで、服装に四苦八苦していたのがウソのようだ。吸汗・速乾で防風という点がソフトシェルの優秀なところなのでしょう。ソフトシェルがあれば、荷物からフリース1枚抜けるので、380g減量+ザックがかさばらなくなる。ソフトシェルは携行性、防風性、速乾性、保温性、ファッション性全てよし!
ちなみな私のはメンブレンが入ってない分、防水ではなく撥水ですが、それが当たりでした!内から外への通気性と汗抜けがとても良く、買って良かった逸品にめぐり会いました。

【2.氷点下の頂上でマッタリ食事を楽しむには、ダウンジャケットに限ると分かった】
新調したRABのダウンジャケット:フィルパワー750を試すため、トマノ耳で長い昼食&マッタリを企画していた。氷点下微風で断崖絶壁の直上で、Tシャツ+(ここで着込んだ)ミドルレイヤー+ソフトシェル+ダウンジャケットで、1時間を超える休憩でも上半身は暑くもない、寒くもない、ちょうどいい感じ。ちょうど良いのも、蒸れない、サラッとした温かさ。なので、もっと寒くて風が吹いていても、このちょうど良い暖かさがが保てると思う。強風になっても上にレインウェア1枚プラスで上半身に限ってはもっと寒くても十分足りそうだ。

いずれにしろマッタリするには、クッションを持って行ってください。無いと座っていられないので。

登山中の画像
登山画像
今日は、天神尾根コースから行きます。快晴。気…
登山画像
え~~~?1300メートルでこんなんで、本当に軽…
登山画像
いきなり鎖が付いているのでビビリましたが、鎖…
登山画像
とまの耳。この近辺は新雪。踏み跡はシャーベッ…
登山画像
日光白根、至仏、などはもう雪を冠ってますね。
登山画像
とまの耳は雪で覆われていました。岩の上に積も…
登山画像
おきの耳であつあつのカレーヌードルです。山で…
登山画像
おきの耳から、とまの耳。
登山画像
RABのダウン。あったかいけど、蒸れるあった…
登山画像
ホグロフスのソフトシェル。薄手です。メンブレ…
登山画像
左はISUKAの防水グローブ。右はパイネのメッシュ…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、カメラ、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、コッヘル
【その他】 PRIMUSバーナー、プリムス250Tの110版(低気温高標高用)
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

japan007さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 谷川岳登山指導センター ~谷川岳
    谷川岳登山指導センター
    登山道は少し濡れ気味で、石や木道の上は滑りやすい状態。日帰りの登山でも雨具、ヘッドランプ、防寒具等は必須
    19年09月17日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

japan007 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!