登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
谷川岳 氷点下の練習 & 道具のインプレッション 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

japan007 さん

この登山記録の行程

天神平(08:40)・・・分岐(08:50)・・・熊穴沢避難小屋(09:15)[休憩 15分]・・・谷川岳肩ノ小屋(10:30)[休憩 30分]・・・トマの耳(11:10)[ほぼ写真撮影 25分]・・・オキの耳(11:45)[昼食&マッタリで道具インプレッション 100分]・・・トマの耳(13:40)・・・谷川岳肩ノ小屋(13:50)[休憩 15分]・・・熊穴沢避難小屋(14:35)・・・分岐(14:45)・・・天神平(14:55)

総距離 約6.4km 累積標高差 上り:約871m
下り:約871m
コースタイム 標準:4時間30分
自己:3時間10分
コースタイム倍率 0.70
A:山行の振り返り
【1.頂上のでの天候】
マイナス2℃からマイナス4℃くらい。微風。とまの耳~おきの耳近辺が雪道になっている。
西黒尾根はアイゼンがないと立ち往生&尻で滑って下山する人々で渋滞だったそうです。

【2.雪の状態】
ちょうど今の季節に谷川岳に行く人が一番気になるのは、雪山になってしまったのか、夏装備で事足りるのか、といったことでしょう。
11/3は、コースによりけりといったところでした。
天神尾根コースも1300メートルでも日蔭は雪がありましたが、昼には融けます。1800メートル以上は登山道脇に雪が残ってました。とまの耳からおきの耳に行く下りでは雪道でしたが凍ってはいませんでした。新雪からシャーベットになりかけていましたので、明日には凍るでしょう。明日以降に谷川岳山頂まで行く人は、アイゼンは絶対持参しましょう。新雪だからとたかをくくってアイゼンなしで登山靴で踏み込むと、アイスバーンの上に乗った新雪の可能性が高く、滑って止まらなくなります。
ちなみに、西黒尾根はチェーンがない人が上り下りに大渋滞していたそうです。
11/6追記・その後暖かい日が続いたので融けたかも。

B:服装
【1.氷点下の登りはソフトシェルに限ると分かった】
行動中、風が弱いのと太陽が照っていたため、肩の小屋までは半袖でないと暑かった。肩の小屋より上の稜線歩きでは、半袖の上にホグロフスのソフトシェルを着て歩いたが、吸汗・速乾・防風のため天候への対策は丁度良かった。氷点下プラマイ0の登りは半袖+薄手のソフトシェルでバッチリと分かった。
今まではミドルレイヤーとフリースで調整していたが、ミドルレイヤーだけでは寒いしフリース着ると暑過ぎるしで、服装に四苦八苦していたのがウソのようだ。吸汗・速乾で防風という点がソフトシェルの優秀なところなのでしょう。ソフトシェルがあれば、荷物からフリース1枚抜けるので、380g減量+ザックがかさばらなくなる。ソフトシェルは携行性、防風性、速乾性、保温性、ファッション性全てよし!
ちなみな私のはメンブレンが入ってない分、防水ではなく撥水ですが、それが当たりでした!内から外への通気性と汗抜けがとても良く、買って良かった逸品にめぐり会いました。

【2.氷点下の頂上でマッタリ食事を楽しむには、ダウンジャケットに限ると分かった】
新調したRABのダウンジャケット:フィルパワー750を試すため、トマノ耳で長い昼食&マッタリを企画していた。氷点下微風で断崖絶壁の直上で、Tシャツ+(ここで着込んだ)ミドルレイヤー+ソフトシェル+ダウンジャケットで、1時間を超える休憩でも上半身は暑くもない、寒くもない、ちょうどいい感じ。ちょうど良いのも、蒸れない、サラッとした温かさ。なので、もっと寒くて風が吹いていても、このちょうど良い暖かさがが保てると思う。強風になっても上にレインウェア1枚プラスで上半身に限ってはもっと寒くても十分足りそうだ。

いずれにしろマッタリするには、クッションを持って行ってください。無いと座っていられないので。

登山中の画像
登山画像
今日は、天神尾根コースから行きます。快晴。気…
登山画像
え~~~?1300メートルでこんなんで、本当に軽…
登山画像
いきなり鎖が付いているのでビビリましたが、鎖…
登山画像
とまの耳。この近辺は新雪。踏み跡はシャーベッ…
登山画像
日光白根、至仏、などはもう雪を冠ってますね。
登山画像
とまの耳は雪で覆われていました。岩の上に積も…
登山画像
おきの耳であつあつのカレーヌードルです。山で…
登山画像
おきの耳から、とまの耳。
登山画像
RABのダウン。あったかいけど、蒸れるあった…
登山画像
ホグロフスのソフトシェル。薄手です。メンブレ…
登山画像
左はISUKAの防水グローブ。右はパイネのメッシュ…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、カメラ、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、コッヘル
【その他】 PRIMUSバーナー、プリムス250Tの110版(低気温高標高用)
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

japan007さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

japan007 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?