登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
谷川岳 氷点下の練習 & 道具のインプレッション 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

japan007 さん

この登山記録の行程

天神平(08:40)・・・分岐(08:50)・・・熊穴沢避難小屋(09:15)[休憩 15分]・・・谷川岳肩ノ小屋(10:30)[休憩 30分]・・・トマの耳(11:10)[ほぼ写真撮影 25分]・・・オキの耳(11:45)[昼食&マッタリで道具インプレッション 100分]・・・トマの耳(13:40)・・・谷川岳肩ノ小屋(13:50)[休憩 15分]・・・熊穴沢避難小屋(14:35)・・・分岐(14:45)・・・天神平(14:55)

総距離 約6.4km 累積標高差 上り:約871m
下り:約871m
コースタイム 標準:4時間30分
自己:3時間10分
コースタイム倍率 0.70
A:山行の振り返り
【1.頂上のでの天候】
マイナス2℃からマイナス4℃くらい。微風。とまの耳~おきの耳近辺が雪道になっている。
西黒尾根はアイゼンがないと立ち往生&尻で滑って下山する人々で渋滞だったそうです。

【2.雪の状態】
ちょうど今の季節に谷川岳に行く人が一番気になるのは、雪山になってしまったのか、夏装備で事足りるのか、といったことでしょう。
11/3は、コースによりけりといったところでした。
天神尾根コースも1300メートルでも日蔭は雪がありましたが、昼には融けます。1800メートル以上は登山道脇に雪が残ってました。とまの耳からおきの耳に行く下りでは雪道でしたが凍ってはいませんでした。新雪からシャーベットになりかけていましたので、明日には凍るでしょう。明日以降に谷川岳山頂まで行く人は、アイゼンは絶対持参しましょう。新雪だからとたかをくくってアイゼンなしで登山靴で踏み込むと、アイスバーンの上に乗った新雪の可能性が高く、滑って止まらなくなります。
ちなみに、西黒尾根はチェーンがない人が上り下りに大渋滞していたそうです。
11/6追記・その後暖かい日が続いたので融けたかも。

B:服装
【1.氷点下の登りはソフトシェルに限ると分かった】
行動中、風が弱いのと太陽が照っていたため、肩の小屋までは半袖でないと暑かった。肩の小屋より上の稜線歩きでは、半袖の上にホグロフスのソフトシェルを着て歩いたが、吸汗・速乾・防風のため天候への対策は丁度良かった。氷点下プラマイ0の登りは半袖+薄手のソフトシェルでバッチリと分かった。
今まではミドルレイヤーとフリースで調整していたが、ミドルレイヤーだけでは寒いしフリース着ると暑過ぎるしで、服装に四苦八苦していたのがウソのようだ。吸汗・速乾で防風という点がソフトシェルの優秀なところなのでしょう。ソフトシェルがあれば、荷物からフリース1枚抜けるので、380g減量+ザックがかさばらなくなる。ソフトシェルは携行性、防風性、速乾性、保温性、ファッション性全てよし!
ちなみな私のはメンブレンが入ってない分、防水ではなく撥水ですが、それが当たりでした!内から外への通気性と汗抜けがとても良く、買って良かった逸品にめぐり会いました。

【2.氷点下の頂上でマッタリ食事を楽しむには、ダウンジャケットに限ると分かった】
新調したRABのダウンジャケット:フィルパワー750を試すため、トマノ耳で長い昼食&マッタリを企画していた。氷点下微風で断崖絶壁の直上で、Tシャツ+(ここで着込んだ)ミドルレイヤー+ソフトシェル+ダウンジャケットで、1時間を超える休憩でも上半身は暑くもない、寒くもない、ちょうどいい感じ。ちょうど良いのも、蒸れない、サラッとした温かさ。なので、もっと寒くて風が吹いていても、このちょうど良い暖かさがが保てると思う。強風になっても上にレインウェア1枚プラスで上半身に限ってはもっと寒くても十分足りそうだ。

いずれにしろマッタリするには、クッションを持って行ってください。無いと座っていられないので。

登山中の画像
登山画像
今日は、天神尾根コースから行きます。快晴。気…
登山画像
え~~~?1300メートルでこんなんで、本当に軽…
登山画像
いきなり鎖が付いているのでビビリましたが、鎖…
登山画像
とまの耳。この近辺は新雪。踏み跡はシャーベッ…
登山画像
日光白根、至仏、などはもう雪を冠ってますね。
登山画像
とまの耳は雪で覆われていました。岩の上に積も…
登山画像
おきの耳であつあつのカレーヌードルです。山で…
登山画像
おきの耳から、とまの耳。
登山画像
RABのダウン。あったかいけど、蒸れるあった…
登山画像
ホグロフスのソフトシェル。薄手です。メンブレ…
登山画像
左はISUKAの防水グローブ。右はパイネのメッシュ…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、カメラ、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、コッヘル
【その他】 PRIMUSバーナー、プリムス250Tの110版(低気温高標高用)
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

japan007さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

japan007 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!