登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
家族登山-鳴虫山【紅葉の日光】2018 鳴虫山(関東)
img

記録したユーザー

ひろり さん

この登山記録の行程

東武日光駅(8:40)・・・登山口(8:50)・・・神ノ主山(9:42)・・・鳴虫山山頂(11:34)・・・休憩(30分)・・・合峰(12:24)・・・独標(13:04)・・・憾満ガ淵(13:55)・・・神橋(14:30)・・・休憩(60分)・・・東部日光駅(15:50)

11月の山行は紅葉を求めて東武日光駅からアクセスできる鳴虫山にいきました。
標高差が約560m、登山道としての距離は6㎞程度で初心者向けの山と言ったネット上の評価が多かったので、娘も連れての山行となりました。
登山道は木の根が張り出し、急な上り下りが続きますが危険個所はありません。ただし、子供との山行では下山時に大人のサポートが必要な場所が数か所ありましたので、慎重な行動が必要でしょう!

登山中の画像
  • 特急けごんで約2時間! 東武日光駅に到着です。
  • 日光市街地は紅葉の見頃を向かえているようです。
  • 市街地が紅葉の見頃なので山の紅葉は期待薄・・・
  • 地元の方に教えて頂いた登山道は距離は短いようですが、その分ずーっと急登が続きます
  • 根の張り出した急登 鳴虫山は終始このような道が続いています
  • 一気に標高を上げてきたので、市街地がもうこんなに下に見えます
  • 正規ルートとの合流地点 登ってきた道側にはロープが張られて進入禁止になっています 正規ルートから登ることをお勧めします
  • 神ノ主山と書いて『こうのすやま』と読みます
  • 神キ山?
  • 樹林帯の道が多いので、展望個所は余りありませんでした
  • 山の中にも所々紅葉が残っていました
  • 根が張り出した道は、前日の雨で滑り易くなって注意が必要です
  • 娘撮影の一枚
  • オレンジ色に色着いた紅葉がきれいですが、娘はあまり興味がないようでした・・・
  • 山頂手前、最後の登り。ここで1時間遅く出発していた他のメンバーに追いつかれて合流しました。
  • 約2時間30分で山頂に到着。
  • 下山ルートも最初から急な道が続きます
  • 階段の滑り易くなっているのでゆっくり慎重に降りましょう
  • 本日一番の真っ赤な紅葉
  • 独標かと思いきや合峰でした
  • 独標の前になかなかの登り返しがあります。登山終盤での登り返しは精神的に堪えますね
  • 独標から最後の下りは本日一番の難所?滑り易く歩きにくい道が続くので、転倒する人続出でした
  • 高速道路をくぐると憾満ガ淵です
  • 高速道路周辺は紅葉真っ盛り
  • 化地蔵! 観光客で人がいっぱい
  • 東照宮に行く予定でしたが、娘の足が限界だったようなので、2人で近くの喫茶店でアイスクリームとビールで休憩することになりました
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ひろりさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ひろり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年4月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手
写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手 バックパックを背負い、旅の風景と人の暮らしを撮る飯坂さん。バリ島の山旅で使ったグレゴリー「スタウト45」の使用感を聞いた
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」。最新技術と持続可能性を両立したものづくり。『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...