登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
秋の景信山~高尾山 結婚記念日山歩き 小仏バス停~景信山~小仏城山~一丁平~もみじ台~高尾山~薬王院~高尾山口駅(関東)
img

記録したユーザー

ポンタポンタ さん
  • 日程

    2018年11月11日(日)

  • パーティ

    2人 (ポンタポンタ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路:JR高尾駅北口・②乗場・小仏バス停
    復路:京王線・高尾山口駅

  • 天候

    曇り後晴れ
    [2018年11月11日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

小仏バス停(8:40)・・・登山口(8:55)・・・景信山(10:10/10:45)・・・小仏峠(11:25)・・・小仏城山(11:55/12:05)・・・一丁平(12:20/12:05)・・・もみじ台(13:00)・・・高尾山(13:15/13:20)・・・薬王院(13:30/13:35)・・・高尾山登山口(14:50)・・・食事・買い物・・・京王線・高尾山口駅(16:35)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約846m
下り:約940m
一年半ぶりの高尾山、今回は景信山から高尾山へ向かうことにした。
山にはそれぞれの「山グルメ」があり、楽しみの一つとしている。
高尾駅構内にある一言堂さんのおにぎりとクリームパンを買うのが習慣となっている。
高尾山ケーブルカー高尾山駅近くの「天狗焼」、パリッとした薄皮の中に黒豆あん
あんこというより、黒豆がぎっしり入っていて美味しい。
焼きたての天狗焼を目標に「結婚記念日登山」が始まる。

JR高尾駅北口には登山者のバス待ちで小仏行きは長蛇の列、増便しているが乗りきれない。
一台目最後の乗客となった私たち、ドアの所に立っていたため、センサーが働いて
ドアが閉まらず、詰めてもらって、ようやくドアが閉まり、ぎゅうぎゅう詰めのバスは出発。
駅から終点の小仏バス停まで乗車する人もなく、日影バス停で初めて下車停車。
各停なのに急行バスのようだ。
小仏バス停に着くといっせいに降り、全員降りたと思うとまだ降りている。
こんなに多くの人が乗っていたのかと改めて思った。

小仏バス停から15分、折り返すような急なカーブを2つ過ぎた右に道標、景信山登山口がある。
急登で狭くて滑りやすい道、ゆっくりペースで歩き始める。
景信山からの広々とした眺めは気持ちがいい。
10時頃は人が少なく静かでゆっくり出来る。
きのこ汁から急にお汁粉が食べたくなった。(^^ゞ
甘さ控えめでお餅が美味しい。(*^_^*)
炊き出し隊の大所帯がやって来たので、城山へ向かう。

城山の茶屋には、すでにたくさんの笑顔の花が咲き、良い雰囲気が漂っていた。
笑顔の花道を通り、高尾山へ

景信山から高尾山までは静かで山散歩をゆっくり楽しめる。
城山から高尾山の整備された道はきれいで都の財力を感じる。
こんなに整備された登山道はどこにもないだろう。
山であることを忘れてしまいそうになる。

山頂の599㍍は多くの人に踏まれ低くなりそう・・・。
今まで静かだったのが、嘘みたい。
全く違う山にいるようだった。
山頂から薬王院に向かって下りて行く。
1号路は初詣同様の混み具合、オリンピックの行進の列みたいに道幅ぎっしり埋まっている。
お目当ての天狗焼きを買おうとしたが、長い行列であきらめ、そのまま登山口に下るが、
人とぶつかりながら、少しづつしか進むことが出来ない。
人と触れないようにするのが難しい。
高尾山の混雑はひどくなる一方だ。
前回も今回も1号路の登山口近くになると緊急車両がサイレンを鳴らして上って行くのを見た。
緊急車両の出動が日常茶飯事になっているようだ。

やっと人混みを抜け下りて来た。
登山口近くの「高橋屋」でお蕎麦を注文。
店内は外の賑わいを感じることなく、静かにゆっくり食事をすることが出来た。
今年は紅葉が遅いようで、これから見頃を迎えます。
平日も休日も混む時期は天狗焼きや三福団子は食べられないが、1号路を使わないルートで
歩いたほうがいい。
一日を振り返ると、天気も良く、結婚記念日に楽しい山歩きができ、いい思い出になった。

※小仏バス停・景信山登山口から景信山は急登で道は狭く滑りやすいので要注意。
※景信山直下は急であるが、高尾山まで整備された道で安全。
※トイレは小仏バス停、景信山、城山、一丁平、もみじ台、高尾山山頂にあり、大変便利。

登山中の画像
  • 高尾駅北口 バス乗り場は登山客の長蛇の列
  • 小仏バス停
  • 静かな道を進む。
  • 景信山への登山口 急登
  • 景信山 727㍍
  • おしるこで休憩
  • 眺めが良くて気持ちいい
  • 小仏峠
  • 城山
  • 城山茶屋は見頃の紅葉
  • 一丁平・高尾山方面へ
  • 大山が見える。富士山は見えず残念
  • 伐採して斜面はつるつる 防火のためかな?
  • 一丁平
  • 静かな道を楽しむ
  • 整備されたきれいな道
  • 都の財力を感じる。
  • もみじ台の細田屋さん 時代劇に出てきそうな店構え
  • 高尾山 599㍍ 大勢の人で賑わってます。
  • 薬王院
  • 山頂から登山口まで人の多さに驚く
  • 高橋屋 少し待つ。
  • 冷やしとろろそば とろろをそばに入れていただきます。
  • 美味しい。 
  • 高尾山口駅 お疲れさまでした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ポンタポンタさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ポンタポンタ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年7月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?