登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 2
白馬岳BCスキー2018晩秋 白馬岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

4:08猿倉登山口駐車場-5:13白馬尻荘-(途中休憩15分)-10:30白馬山荘-10:57白馬岳11:14-11:31白馬山荘-(途中休憩20分)-13:20白馬尻荘13:40-14:36猿倉登山口駐車場


総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約1,712m
下り:約1,712m
今回は降雪後のパウダースノー滑走が期待できそうな白馬岳で再び山スキーしてきた。
11月23日~25日の3連休は、降雪後でいい条件が期待できたので、当初は2泊3日で雪倉岳と朝日岳で山スキーする予定でいた。
しかし、蓮華温泉に通ずる林道白池線のヒワ平ゲートまで車で登る途中、積雪が急激に増え、しかも強烈な降雪にあい、標高800m付近で車で登れなくなった。
Uターンして引き返すにも一苦労で、山から逃げ帰ってきたという情けない結果となった。
11月23日は山に登る気になれず、次の日の24日にどこに登るか考えた。
林道白池線の強烈な降雪を考えると、燕岳から常念岳あたりが積雪的に丁度いいだろうと思い、1泊2日で一ノ沢から大天井岳に登ることにした。
11月24日は天気は良かったものの、登山中に見えた常念岳が悲しいくらいに雪が少なく、嫌気がさして、引き返すことにした。
その後、高ボッチ山に行き、周囲の山々を眺めて、25日はどうするか考えた。
諏訪湖越しの富士山、八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス、常念山脈、火打山の眺めはとても素晴らしかった。
登ろうとしていた大天井岳は悲しいくらいに雪が少なかった。
雪が被って真白なのは、北アルプスの鹿島槍ヶ岳から北側の山々と、火打山くらいだった。
結局、25日は唐松岳に登ることにして、八方尾根に行ってみると、スキー場の積雪がかなり少なかったので、白馬岳に変更した。
24日の晩は猿倉駐車場で車中泊し、25日の4時ごろ猿倉を出発した。
猿倉から白馬尻までは、川の渡渉が5箇所ほどあるので、歩いて登った。
白馬尻からシールで登った。
大雪渓の危険ゾーンは、日の出から2時間以内の気温が低く、かつ、明るいタイミングで通過するようにした。
日の出前だと暗くて見えづらい大雪渓のクレバス、シュルンドに落ちる可能性が高くなり、一方、日の出から2時間以降だと大雪渓両脇の崖からの雪崩や落石が発生しやすくなるので、自分なりの基準を作っておいた。
予定通りの時間帯で大雪渓を通過し、大雪渓から小雪渓にうまく雪が繋がっていて、小雪渓の雪の多いところを登った。
白馬岳頂上宿舎には寄らず白馬山荘へ直登し、登山道を経て白馬岳頂上に着いた。
白馬岳頂上からは、登る予定だった雪倉岳、朝日岳がよく見えたが、本当はあの山に登りたいのにという、悔しい気持ちだった。
登頂時は快晴で日本海が良く見えたが、しばらくすると富山方面からのガスで真っ白になってしまった。
風は強かったが、前週の富士山頂上の爆風と比べれば、かわいいもの。
スキーの準備をして、山頂から、シュカブラができた登山道を滑走し、白馬山荘を通過して、パウダースノーで覆われた小雪渓に滑り込み、迷路のようになった小雪渓をつないで大雪渓上部に出た。
大雪渓上部で昼食とし、柔らかくて心地いい日差しの下でまったりとした。
いつもだと杓子岳側から雪崩か落石が発生しているのだが、この日は雪崩や落石も見あたらず、とても静かだった。
締めにパウダースノーの大雪渓を末端まで滑走した。
白馬尻まで滑走しようと思ったが、積雪不十分だったので、歩いて降り、登山道、林道を経て、猿倉まで下山した。
今シーズンは山スキーをいいペースでこなしているせいか、今回の山行では筋肉痛にはならなかった。

登山中の画像
登山画像
猿倉。
登山画像
白馬尻。
登山画像
登山道。
登山画像
大雪渓末端付近。
登山画像
大雪渓。
登山画像
大雪渓。
登山画像
大雪渓。
登山画像
大雪渓。
登山画像
大雪渓。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
小雪渓。
登山画像
小雪渓。
登山画像
小雪渓。
登山画像
小雪渓。
登山画像
小雪渓。
登山画像
小雪渓。
登山画像
小雪渓。
登山画像
小雪渓。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
白馬岳頂上。
登山画像
白馬岳頂上。
登山画像
白馬岳頂上。
登山画像
白馬岳頂上。
登山画像
白馬岳頂上。
登山画像
頂上から登山道滑走。
登山画像
登山道滑走。
登山画像
登山道滑走。
登山画像
登山道滑走。
登山画像
登山道滑走。
登山画像
登山道滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
小雪渓滑走。
登山画像
大雪渓上部の割れ。
登山画像
大雪渓上部。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓滑走。
登山画像
大雪渓末端。
登山画像
林道。
登山画像
林道。
登山画像
猿倉。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、健康保険証、非常食、行動食、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、アイゼン、ビーコン、ヘルメット
【その他】 スキー 兼用靴 ウィペット シール
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。