登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
20181202 白糸の滝とススキ野の大展望~福智山と尺岳 福智山、尺岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2018年12月2日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:[往路]
    ①8:08発 折尾 福北ゆたか線 - 8:29着 直方
    ③8:46発 直方 平成筑豊鉄道伊田線 - 9:02着 赤池
    <福智町町内巡回バス>
    ④9:16発 赤池駅前(循環線コース)ー 9:21総合保健施設コスモス 9:43 (上野・市場コース) - 10:06着 上野峡入口
    [復路]
    <直方市コミュニティバス>
    ①15:30発 竜王峡 - 15:50着 直方
    ②16:05発 直方 福北ゆたか線 - 16:26着 折尾

  • 天候

    晴れ後曇り、そして雨!
    [2018年12月02日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

上野峡バス停10:17 - 11:57福智山12:32 - 12:46荒宿荘12:47 - 12:55からす落 - 13:18豊前越13:19 - 14:10尺岳14:13 - 15:14竜王峡バス停


総距離 約10.0km 累積標高差 上り:約1,123m
下り:約1,144m
 福智山に行ってきました。福智山は、福岡県の北部に位置し、北は皿倉山、南は香春岳(かわらだけ)まで続く福智山地の最高峰での山です。山頂一帯ではススキの草原が広がるとともに、360度の素晴らしい大展望を楽しむことができます。

 夕方から雨との予報となったこの日、直前まで、「福智山にするか、近場にするか」どうかモジモジしていましたが、カーテンを開けた窓から青空が見えた瞬間にスイッチオン!自分でも呆れるくらいテキパキと準備を済ませ、ザックを背負って出かけていました(笑)。心配であった天候も、なんとか下山の竜王峡バス停まで持ってくれ、福智山山頂では霞がかった景色ではあったものの枯れすすきが広がる草原と大展望を楽しむことができたとあれば、言うことなし。出かけた甲斐があったというものです。

 さて、実際に歩いたルートは、
 ①上野峡バス停(福智町)~白糸の滝~福智山
 ②福智山~からす落~豊前越~尺岳~竜王峡バス停(直方市)
となります。白糸の滝は上野峡バス停の近くの登山口から15分ほどのところ位置し、福智山を水源とする福智川にあります。この白糸の滝を経由し急な山斜面をほぼ直登するような形で山頂に至るルート(白糸の滝ルート)が、今回のルートであり、幾つかある福智山登山ルートの中でも最も急登として知られています。最近運動不足のため急登に喘ぎつつも、登り切った福智山山頂で展望を楽しむ&ランチを済ませた後、向かった尺岳までの登山道は、環境省が整備する九州自然癒歩道の一部です。そのおかげもあってか、ジョギングができそうなくらいしっかりと整備された(?)登山道は、分岐では道標が設けられる等、迷う心配はありません。尺岳平から尺岳に立ち寄ったのちは、尺岳を巻いて沢沿いに下っていけば、安心寺公民館前にある竜王峡バス停に出ることができます。

 なお、今回は赤池駅から上野峡入口バス停に向かいましたが、バスの運転手さんによると、赤池駅から二駅ほど直方駅よりの「市場駅」からは、もっと早い時間帯に上野峡入口に向かうことができたようです。「これを早く知っておけば、あんなに天気のことを心配せずに済んだのになぁ~」とぼやきつつ・・・、参考情報として書き留めておきました。
 〇福智町町内巡回バス(上野・市場コース)
 ・ 08:16発 市場駅前 - 08:39着 上野峡入口

[参考情報]
■福智山登山パンフレット・登山マップ
 http://www.town.fukuchi.lg.jp/fukuchi_trip/sasshi/72.html
■福智町町内巡回バス(上野・市場コース)
 http://www.town.fukuchi.lg.jp/bus_kensaku.html
■直方市コミュニティバス(上頓野線)
 https://www.city.nogata.fukuoka.jp/library/data/koutsu/1189715455.pdf

登山中の画像
  • おはようございます。ここは、JR鹿児島本線折尾駅です。ここで、JR福北ゆたか線に乗り換えて直方に向かいます。CT(Commuter Train)ロゴを記したシンボルマークが特徴の817系電車。 テッチャンではありませんが、色々な電車が走っており、電車を使って出かける際の楽しみになっています。
  • 直方駅で第三セクター平成筑豊鉄道に乗り換えます。平成筑豊鉄道のマスコットちくまる君が描かれた「マクセル号」(マクセル㈱のラッピング電車)に乗って、赤池駅に向かいます。
  • 3本の電車を乗り継いで、赤池駅に到着~。なんと、駅の前が踏切になっていました!
  • 駅からやや離れたところに福智町町内巡回バスのバス停があります。参考までに、駅からのルート → https://goo.gl/maps/LZgS4LrwAoT2
  • 赤池駅前から上野峡入口に直接向かうバスは、9:37発のようで、バスの運転手さんから、「ベンチのある総合保健施設コスモスバス停で待ったほうがいいですよ」とアドバイスを受け、とりあえずバスに乗せてもらい、ここで待つことにしました。
  • バス停の前には、福智山地がドーンと。一番高い山が福智山のはずですが、どれも微妙な高さで・・・、どれなんでしょう。福智山初対面の私にはちょっと同定が難しい・・(^-^;。
  • バスを乗り継いで、ようやく上野峡入口バス停に到着しました。ここが福智山の登山道入口になっています。
  • 登山ルートは色々ありますが、今回は白糸の滝ルートで!
  • バス停近くにはトイレもありました。
  • いざ!
  • 夕方から天気が崩れるって、本当かなぁ~。
  • やはり青空には紅葉が映えます!
  • 上野峡渓谷
  • 渓谷沿いを登って行くと、見てきたのは白糸の滝。落差が25m、2段の滝になっています。
  • 上段の滝。岩肌をなめるように水が流れ落ちてきています。
  • こちらは下段。水量は普段もこんな感じなのでしょうか、やや少ない印象もありますが、こうした感じなので「白糸」なのでしょうか。
  • 滝の側にあった不動明王。本日の無事の山行をお祈りして
  • 滝からの取り付きは、いきなりの岩場です。雨が降っていたら滑りそうです。晴れていてよかった~。
  • 登山道の途中には、見晴らしのよいところも。
  • 断崖です・・(^-^;
  • 眼下に見えるのは福智町でしょうか。遠くには山並みが見えていますが、霞んでいて同定が難しいですね。
  • こちらのピークは・・勉強中です(^-^;。
  • 所々には、こうした足休めのようなとこもありますが・・
  • 急登・・
  • ここも急登・・
  • でも、この日はこうした巨木を見上げる余裕はありました(笑)。
  • 山頂に近づくにつれ、視界がひらけ
  • ススキの草原が広がり
  • 山頂が見えてきました!
  • さほど寒くないのですが、この筋状の雲はいったいなんでしょう(@@)。
  • もう一息
  • 福智山山頂をゲットしました~!
  • 福智山の山頂は筑前國と豊前國の境があり、両国により福智権現が祀られていたそうで、その後分社され、現在、筑前(鳥野神社)と豊前(福智中宮神社)の上宮の石祠が鎮座中。こちらは、鳥野神社の上宮です。無事の山行に感謝をし
  • ランチタイム。こちらは具沢山の卵スープです。実は、味噌汁を飲もうと具をカップに出したところ、味噌を忘れてしまったことに気づき、卵スープで味噌の代用です(^-^;。
  • 霞みがかっていますが、素晴らしい展望が広がっています。こちらは、これから向かう尺岳方面。
  • 眼下には遠賀川と直方市
  • こちらは、登ってきた白糸の滝ルート。目の前にあるピークは八丁上野越(手前)と田川方面の眺望
  • 遠くに見えるのは英彦山・・?
  • 左に見えるのは、平尾台の竜ヶ鼻かな・・?
  • 直ぐ下に巨岩があります。
  • 岩の上からの展望は最高でしたー!
  • 大岩から、山頂を振り返っての一枚。
  • 尺岳に向けて再スタートです。
  • 途中にあった避難小屋 荒宿荘(こうしゅくそう)。地元の山岳会が作ったもので、利用料金は無料、バイオトイレもあるそうです。
  • 避難小屋の近くにあった水場。たぬき水・・名前の由来が気になります(笑)。
  • ちなみに、こちらが水場の様子、なかなかよさ気な感じです。そのうちテン泊をしてみましょうかね。
  • ここは「からす落」・・(@@)
  • ここは「豊前越」・・(@@)
  • 巨木があちこちに
  • こちらは、樹皮が特徴的なカゴノキ(鹿子の木)の巨木。
  • ここは「山瀬越」・・(@@)
  • えっ・・
  • 食べちゃってます・・(^-^;
  • 頓野林道出合
  • ここです。
  • 現在の気温は13℃くらいです。
  • 尺岳平に到着しました~!
  • ひょっとして・・
  • これって椿ですよね。
  • 行きましょう!
  • 尺岳に到着しました~!
  • 可愛らしい鳥居があるのは尺岳権現です。
  • だいぶ霞んできましたが、山頂は西側にひらけており、眼前には金剛山が聳えています。
  • さぁ、雨が降らないうちに、下山しましょう。
  • 四方越で九州自然遊歩道に別れを告げ
  • 竜王峡に向けて下ります。
  • 皇帝ダリア
  • 竜王峡バス停に到着しました~!
  • バス停は安心寺公民館前にあります。なんというタイミングでしょう!バス停につくのを見計らったように、雨がポツポツ降り出しました。軒下を借りて雨宿りです。
  • 直方市コミュニティバスに無事乗車でき、直方駅に到着しました。
  • 帰りは、JR九州がほこる交流用蓄電池駆動電車(DENCHA)です。今日はラッキーなことに、山行中は雨に降られず、福智山の枯れすすきが広がる草原と大展望を楽しむことができました(^^)v。今日も無事で「おやっとさぁ」でした!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、カップ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • プックルファザー さん
    ぼっけもんさん こんばんは。
    オフ会出席させて頂きました。お会い出来なかった事は残念ですが、引き続き宜しくお願い申し上げます。
    今回の山は、新幹線から見えますか? なんとなく懐かしい雰囲気です。出張で小倉から博多、久留米はよく通いました。すみません感傷に浸りまして。<(_ _)>
    山は、植林部分は少ないようですね。変化が合って面白そうです。時間を作って、是非九州遠征も実現したいと考えています。

  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、こんにちは!

    九州の山は何処も個性的でいいですね~!
    特に今回レコの山域は、タヌキやらカラスやら、地名も個性的なのが印象的でした。
    それと、確かにJR九州の電車も個性派揃いかと。この前通ったばかりなので、折尾駅などには何となく親しみが湧いてきます。


    ・・・等と言いながら、具沢山の卵スープと、まるで「カネゴン」の様な木がツートップでした!(笑)

  • ぼっけもん さん
    プックルファザーさん、こんばんは♪

     こちらこそ、よろしくお願いいたします。福智山地は遠賀川に沿って開ける筑豊平野の東側になりますので、おそらく新幹線から見えるのではないかと思います。懐かしい雰囲気とは、新幹線の車窓から色々な思いで眺められたのでしょうね。福智山地を縦走すると30kmくらいになるそうで、低山ながら歩き応えがありそう(^-^;、九州にいる間に歩ききってみたいですね。

    こちらにお越しの際には是非お声かけください。お待ち申し上げおりますm(__)m。

       ぼっけもん拝

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん、こんばんは♪

     早速の具沢山の卵スープと「カネゴン」の様な木への突っ込みありがとうございます~。フリーズドライの袋をあけて具をコップにいれ、味噌がないと分かった時は焦りましたが、卵スープのおかげで無駄にならずに済みました(^-^;。
     それと「カネゴン」!、確かに似てますね。ありがたく、パクらせていただきます(笑)m(__)m。

     ぼっけもん拝

  • すてぱん さん
    ぼっけもんさん、こんにちは

    「モジモジしていましたが、カーテンを開けた窓から青空が見えた瞬間にスイッチオン!」というくだり、すごくよくわかる気がしました!!

    何故なんでしょう、趣味はと聞かれたら登山と迷わず答える私ですが、登山前日辺りまでモヤモヤ、「どうしようかなあ?」、あまっさえ「雨の予報ならいっそ悩まなくて済むのに」なんて考えることすらあります。

  • ぼっけもん さん
    すてぱんさん、こんばんは~!

    私の場合は、気負い疲れなのかもしれません。「初めてのところだけど、CTキープでバスに乗ってちゃんと帰らねば」と、ただでさえ気負いが入っているところに、「天気がくずれるかもしれない」といったことまで加わると、「自分の雨具で大丈夫かなぁ~、別な場所にしようかなぁ」などと、「あーでもない、こーでもない」とモジモジしてしまう・・・、まだまだ山家としての修行が足りない故のように思います、私の場合は(^-^;。

       ぼっけもん拝

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年3月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?