登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
宝篋山初冬 宝篋山(関東)
img

記録したユーザー

SU さん

この登山記録の行程

宝篋山小田休憩所(10:00)…ワニ岩(10;40)…元禄こぶし分岐(11:00)…宝篋山頂上(11:14-11:37)…尖浅間山頂(11:58)…新池(12:25)…登山口(12:40)

今日は天気が良いので、地元の山宝篋山に登ることにします。9時過ぎに家を出て1時間程度で登山口の宝篋山小田休憩所に着きます。駐車場はほぼ一杯です。丁度車が一台出て止められました。支度をして、10時過ぎに登り始めます。最初はのどかな田園風景です。極楽寺コースと常願寺コースの分岐でどちらに行くか迷いましたが、今回は若干距離の短そうな極楽寺コースから登ることにします。少し行くと沢沿いに登る道になります。幸せのハート岩を過ぎて、名前の付けられた小滝(滝というよりは普通の沢です。水量が多ければいくらか迫力があるのでしょうか?)をいくつか過ぎていきます。気温は低いのですが、寒いと思って厚着をしてきたので、汗をかきます。上のダウンをまず脱ぎます。ところどころに休憩できるベンチがあります。道も整備されていて快適です。明るいところに出るとワニ岩とにこにこ岩があります。表示がないと気づかないと思います。少し急な登りを登ると常願寺コースからの道と合流します。明るい林の中を進んでいくとほどなくバイオトイレがあります。頂上はもうすぐそこです。頂上近くにはにはアンテナ施設があります。山頂には宝篋印塔という石造物があります。忍性菩薩像という立像も立っています。山頂付近にはベンチとテーブルがいくつもあって、快適に昼食が取れます。ほぼ360度の眺望は最高です。今日は残念ながら遠くはかすんでいて富士山や榛名山等は見えませんが、空気が澄んでいれば見えるはずです。筑波山は綺麗に見えます。筑波山の反対には霞ヶ浦が見えます。山頂でお湯を沸かして、コーヒーとカップラーメンの昼食にします。おっと大変、箸を忘れました。コーヒーとバナナだけで我慢します。風もなくて快適ですが、しばらく座っていると寒くなってきます。ひとしきり休んで、下山です。帰りは常願寺コースを行くつもりです。快調に下っていきます。ふと気づくと分岐を過ぎていて、自然に常願寺コースに入っていました。常願寺コースは尾根沿いを行くので上り下りを2-3回繰り返します。少し登ると大きな岩がある尖浅間の山頂です。ここを過ぎると結構急な長い下りです。今日はストックを持ってこなかったのですが、滑りやすい急坂なので、ストックがあればもっと楽に下れたかと思います。急坂が終わると常願寺川の沢沿いになります。途中沢沿いの道と分かれてそのまま進みます。沢沿いの道との合流点を過ぎるとすぐに平坦な道に変わります。のどかな田園風景が広がります。宝篋山が良く見えます。しばらく歩けば、駐車場に着きます。天気も良くて、良い運動になりました。

登山中の画像
登山画像
登山口から見た宝篋山です。
登山画像
最初はこんな感じののどかな風景です。
登山画像
幸せのハート岩表示がなければ気づかない感じで…
登山画像
沢沿いを登ります。快適な道です。
登山画像
滝と名前が付いていますが、普通の沢です。こん…
登山画像
ワニ岩とにこにこ岩と名前が付いています。
登山画像
つばきが咲いていました。その向こうにはつくば…
登山画像
どちらに行っても良いようです。
登山画像
バイオトイレがありました。
登山画像
頂上に着きました。
登山画像
筑波山が綺麗に見えます。
登山画像
つくばの街の方でしょうか?
登山画像
頂上でコーヒーです。ベンチとテーブルまであっ…
登山画像
霞ヶ浦が見えます。
登山画像
遠くに住んでいるマンションがうっすら見えまし…
登山画像
下って少し登ると尖浅間山頂です。
登山画像
下からみた宝篋山です。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

SUさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

関連する登山記録

もっと見る

SU さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。