登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
御正体山から石割山 御正体山、石割山(関東)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2018年12月18日(火)

  • パーティ

    2人 (きー さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:行きは電車で富士急「谷村町」まで移動。
    そこから徒歩約1時間で御正体入口までたどり着き入山。
    帰りは山中湖の平野から高速バスにてバスタ新宿まで移動して帰宅。

  • 天候

    快晴
    [2018年12月18日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

谷村町駅(7:22)→御正体入口(8:28)→登山道入口(9:08)→林道分岐(9:30)
→峰宮跡展望台(10:47)[休憩10分]→分岐(11:00)[休憩5分]
→上人堂跡(11:11)→分岐(11:29)→峰宮跡展望台(11:43)→
御正体山(12:10)[休憩5分]→前ノ岳(12:35)→
中ノ岳(12:53)→送電鉄塔(13:19)[休憩35分]→石割山分岐(14:03)
→日向峰(14:38)→巡視路分岐(14:47)→石割山(15:03)[休憩5分]
→石割神社(15:25)→富士見平(15:51)→石割の湯(16:05)
[休憩1時間]→平野(17:25)


総距離 約21.7km 累積標高差 上り:約1,966m
下り:約1,458m
山深い森の中で自然を堪能したいと思い、
御正体山に登ってみた。
冬で木々の葉が散った後という事もあり、
降り注ぐ木漏れ日がとても心地よく、
原生林の中を気持ちよく歩くことができた。

山頂の展望はないと聞いていたので、
御正体山からの景色はそこまで期待していなかったが、
峰宮跡展望台に着いたとき、
目の前に広がった富士山の勇壮な姿には驚かされた。
その後少し寄り道して立ち寄った「上人堂跡」へ向かう分岐や、
上人堂跡の広場からの景色もとても素晴らしく、
選ぶ登山道によって様々な見どころのある山だと感じた!
次登る機会があれば今回登った「御正体入口」からのルートではなく、
「池ノ平」からのルートを試してみたいと思う。

御正体山山頂のこの日の気温は、
おそらく昼間でも氷点下だったと思われ、
峰宮跡展望台を過ぎて山頂方面へ少し登った辺りから、
登山道にはうっすら雪の乗っている場所があった。
今回は使わなかったが、
ここから先の季節はアイゼンあった方が良いかもしれない。

御正体山から先の登山道は所々歩きにくい箇所があった。

雪や霜柱が解けて足元がドロドロになっている個所や、
クマザサをかき分けて進むエリアなど、
それはそれで探検気分は悪くないが、注意が必要かと。

中ノ岳と奥ノ岳の間の送電鉄塔(256)の所、
360度視界が開けて素晴らしい眺めだったので、
そこでお昼休憩をとった。
吹き抜ける風がかなり寒かったけど、
とにかく良い景色!

石割山手前、巡視路分岐を超えてすぐの辺り、
登山道から少し外れた場所に気になる岩を発見。
笹藪をかき分けて登ってみたら
そこには富士山を望む圧巻の景色が広がっていた!
この日一番の眺め…
改めて富士山は別格だと、そう思わされた。

石割山に着く頃には日も大分傾いていて、
山中湖越しの富士山の景色は逆光で少々見ずらかった。
午前中の方が良いのかもしれない。

パワースポット石割神社を経由して麓の石割の湯に立ち寄る。
山の自然を堪能した後に温泉も楽しめる。
この上ない山行を楽しめて大満足の一日だった!

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ライター、カトラリー・武器
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    感染症対策として宿泊者数や休憩客の調整、一部の昼食提供の停止などなどを行っています
    20年04月09日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年4月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手
写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手 バックパックを背負い、旅の風景と人の暮らしを撮る飯坂さん。バリ島の山旅で使ったグレゴリー「スタウト45」の使用感を聞いた
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」。最新技術と持続可能性を両立したものづくり。『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...