登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
寝坊して当日天気未確認・・うれしいラッセルが待っていた坂戸山 坂戸山(上信越)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2018年12月23日(日)

  • パーティ

    2人 (スーさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:寝坊をしたため
    国道17号の渋川より関越道に・・・意外と交通量が多かった
    30分取り戻せたので湯沢より再び17号で六日町坂戸城へ
    薬師尾根登山口駐車場には全く雪はありません(現時点)

  • 天候

    霧→☀→⛅
    [2018年12月23日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【車移動】
            自宅           5:30
  7:12   薬師尾根登山口駐車場
【山歩き】
         薬師尾根登山口駐車場      7:35
  7:55     一本杉
  8:26    桃の木平分岐
  8:34    主水郭(もんどくるわ)    8:35
  9:03      坂戸山          9:18
  9:35      大城           9:38
  9:52      坂戸山          9:55
 10:29     一本杉分岐
 10:39      一本杉
 10:50    薬師尾根登山口駐車場 
【車移動】
          薬師尾根登山口駐車場    11:05
 11:20     金城の里(日帰り温泉)  13:05
         入浴料金    320円
     登山口からの(酒屋探し含む)距離      8.3km
          〃        時間      15分
 15:04      自宅 

 前日までの天気予報では、☀マークが午前中でていたので雪山今季初挑戦を目指して眠りに入り、予定していた時間より1時間遅く目覚め、当日の予報を確認できぬまま出発、したがって、17号の下道で行く月夜野まではキャンセルして渋川より高速に乗る、約30分短縮できたので予定の湯沢で降りて登山口駐車場ヘ・・・積雪は少なく薬師尾根登山口駐車場に入れました(現時点で3台目でしたよ)。
帰りは湯沢より月夜野まで高速利用して後は17号で自宅へ。

 コース取りは山の様子を見てから決めようとしていたので未計画でした、ガスが一面に追いかぶさっていて状況把握できずにいましたが、積雪状況は勘ですけども無いと判断して城坂コースの谷コースでと決めワカンは車でお留守番してもらい出発。

 林道にて城跡経由で一本杉目指してショートカットコースで一本杉へ、登山路わきには雪はありますが登山路にはありません、この状況は城坂コースも同様で、桃ノ木平分岐手前までは雪山感はありません、

 桃ノ木平分岐より主水郭へ向かうコースはアニマルトレースのみでラッセル開始です、(妻の怒りがメラメラと)、雪山初日よりラッセル楽しいですよ、稜線に出てから一人で主水郭(もんどくるわ)へ稜線ラッセルで楽しみました、妻は坂戸山目指しそのしっぺ返しは、途中までラッセルトレースを付けていた妻火山レベル1の噴火し稜線で仁王立ち(何であんたの為にラッセルしなければならないの・・・だって)、小言を聞きながらラッセル開始して俺は楽しいが妻の怒りは収まりませんでしたけど山頂に到着後は今までの怒りはどこ吹く風で楽しそう、しかし汗をかきました、暑い汗と冷たい汗をいっぺんに味わいました。

 大城まで出かけますがここもラッセル、雪山初日から短時間の楽しいラッセル歩きで稜線かっ歩、

 ムサシ山頂であまり登山者とは会いませんでしたが、下山時には長くつ登山者が多くなり、皆さん空荷で神社にお参りして下山ですので早い、薬師尾根は登山路わきには雪はありますが道にはありません、少々ガッカリ、それなら違うコースで下山も考えましたが登山路崩壊で途中よりのコースは進入禁止、

 それでは一本杉へ戻るコースは初めてなので歩いてきました林道歩きですよ、いったん登り返して下りに入り朝のコース一本杉に出ます、後は適当に雪を踏みながらショートカットで城跡まで、(靴の汚れ落としも兼ねて)車道を降って終了しました、帰り支度中に雨が降り出してグットタイミングで降雨を免れました。

 帰りは清酒「坂戸山」を買う為酒屋探しでうろうろしてゲット、その後温泉にて昼食をとり(持ち込みOK…アルコールはNG)かけ流し温泉入浴、

(坂戸山帰宅後も清酒坂戸山で乾杯)
帰宅後坂戸山の味見を妻と二人で・・・スッキリ飲みやすい(越乃寒梅
と似ている味わい、しかし、水っぽさはない)酒臭さが少ない・・・しかし後からやっぱり日本酒だ、度数がある為酔いが早い。俺的には弥彦の「弥彦愛国」の方が好きです。正月用にゲットしてありますよ!!

登山中の画像
  • 城坂コースへ向けて 史跡の坂戸城跡の石垣
  • 林道より 坂戸山稜線とちょっと重いうろこ雲
  • 一本杉へは 林道コースでなく一直線のショートカットコースでGO
  • 一本杉に到着 ここより城坂コースの沢へ入ります
  • 城坂コースより 下界にガスが立ち込め 朝日を浴びたスキー場がきれいです
  • 立ち込める霧にも朝日が当たり 色が変わってきました
  • 登山路には 雪が現れ始めてきて今季初雪山デビューです
  • 立ち込める霧に中に何やら高い人造物が
  • 稜線へもう一息の 桃の木平分岐へ・・・最短距離で山頂へ行けますが
  • 分岐からは山頂へはトレースあり しかし、主水郭(もんどくるわ)方面は アニマルトレースのみこちらへ向かいます
  • 楽しい(俺的には)稜線より一人で 主水郭(もんどくるわ)をゲット
  • フルラッセルで到着した 主水郭(もんどくるわ)と八海山
  • この先の尾根縦走も視野に入れていましたが 雪はないだろうと思いワカンは車へお留守番。 やっぱり見た目にも雪は無い
  • 坂戸山の裏谷も ガスが立ち込めています、 うす曇りの中八海山が見えます
  • 稜線は雪たっぷり 妻の付けたラッセル跡を追っていきます (激怒していたとは思いもよりませんでした冷や汗いっぱい)
  • 雪山稜線のラッセルの合間より 脇見運転で八海山を見る
  • 坂戸山山頂に到着 あったかい汗やら、冷たい汗でシャツはビショビショに 汗を拭いてから山頂散策
  • 飯士山もかろうじて見えています 曇り空となってきています 暖かいとはいえやっぱり雪山は寒い
  • 金城山が一番大きく立派に見えます今日の山頂
  • アップで権現堂山と守門岳
  • そして青空と(一瞬の)山頂神社 富士権現社です
  • 坂戸山山頂と対岸の山脈・・・歩いたことがない
  • 大城へ向かう途中の稜線より これだけ雪がないと安心でもラッセルです
  • 大城のシンボルの木
  • 大城のお釜部より大木を眺めている妻
  • 大城より逆に坂戸山を眺めます
  • 本日初の記念写真は 大城山頂
  • 横を向いて お腹が出ていますね・・・○○太り?
  • 坂戸山に戻って ムサシ君と同席記念写真
  • 薬師尾根は雪は無し・・・ガッカリ
  • 途中より雪がないなら 歩いた事の無いコースへ ゴ~
  • 一本杉までは林道コースで 最初は登り、後は下りでつきます そこより勝手にショートカットで城跡へ
  • 気になっていた 清酒「坂戸山」をゲット
  • 後ラベルにはうんちくが 日本酒臭さがない飲み口は良いですね
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、ホイッスル、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、マット(個人用)、ライター、アウタージャケット、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、ヘルメット
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする
  • やぎやぎ さん
    スーさん さん
    今年も残り少なくなってきました 早いですね・・
    この登山記録の3分の1ほどは、スーさんの記録なんですよ〜 すごいなぁと思っていました
    私も春の坂戸山を楽しませていただき素晴らしさを知りました ありがとうございました
    どうぞ 良い新年をお迎え下さい 来年も奥様との楽しい記録を楽しみにしております

  • スーさん さん
    やぎやぎ さん
    こんばんは。
    坂戸山は、気を張らなくも比較的安全に行って来れるところなのですので、天気で他の山がダメな時にちょこっと遠出してきます、
    秋の紅葉も計画していましたが残念ながら他の山へ出向くことが多くなりましたよ。
    今年一年コメントありがとうございました、来年も山歩きを続ける元気は残っていますのでよろしくお願いいてします。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...