登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
20190101 今年の初登りと初日の出は魚見岳から 魚見岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2019年1月1日(火)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:指宿球場横に自転車をとめ、旧さくら荘近くの登山道から取り付く。休場からの概略ルート↓
     https://goo.gl/maps/y57mfx4fxGA2

  • 天候

    曇り!

この登山記録の行程

指宿球場06:23 - 07:01魚見岳07:26 - 08:42指宿球場

 明けまして、おめでとうございます。昨年は八月から活動拠点を九州にかえての山歩き&山レコになりましたが、お付き合いいただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 元旦は「太平洋側は晴れ&初日の出は堅い!」といった予報になっていましたが、私の実家の南薩地区は6時くらいから曇りという微妙な天気予想。どうしようか迷っていましたが、年末に登り納めの機会を逸していたこともあり、「魚見岳」に初日の出と登り始めをかねて出かけてみました。

 ご参考までに、魚見岳は指宿市の東側に位置する標高215mのピークで、山容がハワイのダイヤモンドヘッドに似ていることから、指宿のダイヤモンドヘッドとも言われています。春には桜やツツジなどの花のほか、知林ヶ島や桜島、錦江湾などを一望できるなど展望にも優れ、小学校の遠足ではテッパンの場所となっていました(正確には私が小学校の頃にはですが(^-^; )。

 結論からいえば、幸先よく2019年の初日の出をゲットできました~!
 一面薄暗い雲が覆ってはいたものの大隅半島の山々の上空に雲の切れ間があり、そこから初日の出の光が漏れ出し、神々しい2019年の夜明けとなりました。・・・と神妙な面持ちでいたところ、たまたま隣に居合せた男の子が「いつもの日の出といっしょじゃん」と。新しいお日様が登ると思っていたのでしょうか、思わず吹き出してしまいました(笑)。いや~、子供って正直ですね。初日の出にくわえ、新年早々のほっこりとする出来事もこれあり、今年一年も安全でいい山歩きができそうな予感がしています。どうぞ、皆さんもご安全に!

登山中の画像
  • おはようございます。現在、午前6時14分、指宿球場の近くです。この先にはこれから登る魚見岳が見えているはずですが、まだ真っ暗です。日の出まであと1時間ほど。
  • 街灯の下には菜の花が満開となっています。花の香りがあたり一面に立ち込めていて、まるで、春がそこまできているような感じです。
  • 球場横の駐輪場に自転車をとめ、登山口まで徒歩で移動。ここから魚見岳に登りますが、ヘッデンを持ってくるのを忘れてしまいました~(^-^;。辺りが白んできたのできたので助かりましたが、新年早々やらかしてしまいました。
  • 実は魚見岳は山頂まで車で行くことができます。「オレは歩いてきたんだぞ」と少々上から目線になっています(笑)。
  • 山頂の初日の出スポットには大勢の人がいました。
  • 雲が空一面を覆っていますが、大隅半島の山との間は雲が切れています。これは期待できそう、来た甲斐がありました(^^)v。
  • 到着して10分ほど、徐々に、大隅半島の山向こうが明るくなり、錦江湾が朝焼けに染まり始めます。
  • もう上がっているようですが・・、雲に丸い隙間ができていたようで、そこから明かりが漏れ出しています。まるで、ミニチュアの太陽のよう。
  • 徐々に、顔をのぞかせて
  • 初日の出ゲット~!今年一年も無事の山行ができますように、礼拝m(__)m。
  • みんな、いい笑顔です。いいことがたくさんあるといいですね。
  • 山頂の展望台へ移動します。
  • 錦江湾に光の道ができています。
  • 朝日に染まる指宿市街、奥に見えているピークは、元祖スヌーピー山「竹山」です。
  • 開聞岳もチラ見え
  • こちらは知林ヶ島。本日は島につながる砂州はできていません。
  • 桜島も遠望できます。
  • たくさんあった車もいなくなりました。
  • 急に静かになった道
  • 舗道にわかれをいつげ、参道にはいります。
  • ここが登山道入口(振り返っての一枚)。
  • 登山道入口にあった、ブイを使ったカエル?
  • 魚見岳の文字はありませんが、これが目印ですよ。
  • わが指宿のマンホール、ハイビスカスのデザインです。
  • さきほどは暗がりでしたが
  • 魚見岳をバックに
  • 今がまさに見ごろといった感があります。
  • こちらがダイヤモンドヘッド魚見岳の山容。天気よければもっと見栄えがするのですが、残念ながらの曇り空。まぁ、初日の出も見ることができたことですし、良しとしましょう。今年最初の「おやっとさぁ」でした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、サブザック、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、健康保険証、行動食、GPS機器
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、明けましておめでとうございます。

    元日から素晴らしい初日の出をゲットされて、今年も好スタートを切られましたね!!
    2018年の山行回数が60回に足りなかったとお聞きして、改めてぼっけもんさんの山行回数グラフを拝見したところ、2015年から見事な右肩上がりの棒グラフに驚きました!

    どこまで記録を伸ばされるのかも、今年の見どころになりそうですね!(またハードル上げてしまってスミマセン(笑))

    今年も九州からの山行レコ、楽しみにさせて頂きます どうぞご安全に。

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん、明けましておめでとうございます。

     微妙な天候でしたが、おかげさまで初日の出をゲットできました~!神々しい雰囲気を感じつつも、男の子の直球の言葉には爆笑してしました。

     あっ、山行回数グラフをチエックされたんですね~。昨年は平均して約5回/月、自分で言うのもなんですが、暇に飽かしてよく出かけたもんだと思います(^-^;。「どこまで記録を伸ばすか」ですか。また、一段とハードルがあがっているような・・、そのうち下をくぐらせていただいているかもしれません、その節はご容赦ください(笑)。

     本年もよろしくお願いします。どうぞご安全に。

      ぼっけもん拝

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...