登山記録詳細

その他
参考になった 1
由布岳 鶴見岳 2019 由布岳 鶴見岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん

この登山記録の行程

由布登山口(08:45)・・・合野越・・・マタエ(10:03)[休憩 3分]・・・由布岳西峰(10:20)[休憩 8分]・・・由布岳東峰(11:08)[休憩 5分]・・・日向越(11:52)・・・由布岳東登山口(12:10)・・・馬ノ背(13:01)・・・鶴見岳(13:18)[休憩 20分]・・・由布岳東登山口(15:03)・・・日向越(15:28)・・・由布登山口(16:23)

総距離 約20.1km 累積標高差 上り:約2,355m
下り:約2,355m
コースタイム 標準:9時間41分
自己:7時間2分
コースタイム倍率 0.73
2019年初登山。
冬型の気圧配置だったので低山にしようか迷った末、南国九州であれば標高1500m前後なら登れないことはないだろうと、由布岳と鶴見岳をセットにして向かった。
遠くから見た由布岳は上部に雲がかかり先行き不安。
正面登山道駐車場はほぼ満車で、皆次々に出発していった。
駐車場から見上げる由布岳はほぼガスが取れ山頂部が白く見えたが、霧氷だろうと思い登山開始。
標高1200m位からぽつぽつと雪が現れ、マタエの下ぐらいから前後左右が真っ白で一面の冬景色だった。
まず西峰に向かったが岩場に雪が張り付いていて、あまり滑らないものの気持ちが悪い。
クサリも補助にして登ったが、最初のクサリはステンレス製で真新しいがペグとクサリを接続するシャックルが腐食、摩耗でちぎれそうで体重をかけるのは恐ろしい。
横移動のクサリは大丈夫だった。
西峰山頂の温度計は-5℃、雪は2~3cmぐらい、近景の霧氷しか見えないが快晴だった下界とのギャップがいい。風も強くガスが結構な勢いで流れていくが切れないので次にお鉢巡りをして東峰に行った。
お鉢の最下部までの急坂にも積雪があり、吹き溜まりなのか山頂よりも僅かに多い感じ。先行者はアイゼンを着けていたが私は着けず枝を掴みつつ降り、岩場を乗り越え東峰到着。鞍部の岩場も雪が張り付き気持ちが悪かった。
東峰南面のガスが取れ直下や湯布院の街並みが良く見えた。反対の北側からはガスが押し寄せ、南からの太陽光線でブロッケンが現れては消え、珍しいものが見られた。(写真はうまく取れなかったけど)
次に東登山道を降り、日向越を通り西登山口から鶴見岳へ。
最初は林道のような広い道を行き、砂防ダムの横から本格的な山道に入った。
岩がゴロゴロの沢を行く個所もあるが、おおむね適度な傾斜で登りやすい。しかし樹林下で馬ノ背までは眺望が無かったが馬の背では両側が広がり、カヤやミヤマキリシマなどの低木が多くなって開放的だ。
程なく山頂だが、山頂は老若男女で一杯。ほぼロープウェイで来た人たちだ。
山頂からは別府湾、別府市街、遠く大分の工業地帯、背後は由布岳、遠くは九重の山並みが良く見えすこぶる眺めがいい。
手軽にこの景色と、ミヤマキリシマの時期は花も楽しめるとあっては、その時期は大混雑になるのだろうと思う。
山頂から南登山道(イッキ登山道とも言うらしい)を降りたが、火山灰土の黒土が泥濘、急傾斜とあって非常に滑りやすいので慎重に降りた・・・がシリモチ2回。
西ノ窪で往路の登山道と合流し、再び鶴見岳西登山口、日向越、日向岳経由、正面登山口に無事に戻った。
 新年早々、長い距離と岩場歩きなど面白い山歩きが出来た。
今年もまだまだ沢山歩く体力はありそうなので色々な山歩きを楽しもうと思う。
 帰路、別府にせっかく来たのだからと坊主地獄の上の方にある照湯温泉に入ってきた。共同浴場の趣で皆顔見知りのよう。
石鹸、シャンプーは自前で持ち込なければならないが、私は受付のおばちゃんに貸してもらった。
熱くてさっぱりしたいいお湯だった。¥200也

登山中の画像
登山画像
由布岳・・・頂部は白い
登山画像
眼下の湯布院方面
登山画像
同じく湯布院
登山画像
1200Mぐらい
登山画像
マタエ
登山画像
マタエの左手、西峰側の岩場斜面。ここのクサリ…
登山画像
怖い部分・・・ちぎれそう。
登山画像
横移動の岩場。ここのクサリは二重になって安心。
登山画像
登り切って見下ろすと高度感がある。
登山画像
西峰到着
登山画像
モフ
登山画像
降下中
登山画像
鉢の中、向こうはマタエ
登山画像
東峰はガスの中
登山画像
東峰が見えた
登山画像
東峰到着
登山画像
うっすらとブロッケン。ガスの流れが速いので一…
登山画像
遠く西峰
登山画像
西峰がくっきり
登山画像
東峰と西峰・・・東登山道の降下箇所から
登山画像
鶴見岳
登山画像
由布岳東登山口(鶴見岳西登山口)
登山画像
馬ノ背
登山画像
奥へは進入禁止
登山画像
進入禁止方面の山はなんだか魅力的だ。
登山画像
鶴見岳山頂
登山画像
別府湾側
登山画像
別府湾と別府市街
登山画像
別府湾とアンテナの向こうに遠く大分の工業地帯
登山画像
由布岳
登山画像
九重の山々
登山画像
別府湾と高崎山
登山画像
日向岳木々の奥に由布岳
登山画像
日向観察路には鹿がいっぱい
登山画像
無事に帰ってきました。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

晴一時雨
(日本気象協会提供:2020年3月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、春の訪れを感じるようになってきた