登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
北横岳登山 北横岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

たぞ さん
  • 日程

    2019年1月6日(日)

  • パーティ

    10人 (たぞ さん 、ほか9名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅に駐車。広い駐車場で、キャパもたくさんあります。

  • 天候

    晴れ時々曇り
    [2019年01月06日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

0800 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅到着
0920 集合
0940 山麓駅を出発(ロープウェイ利用)
0947 山頂駅到着、準備
1020 山頂駅出発
1135 北横岳ヒュッテ、休憩
1150 北横岳ヒュッテ出発
1210 北横岳南峰
1220 北横岳北峰、休憩
1230 北峰出発
1240 北横岳北峰通過
1250 北横岳ヒュッテ、休憩
1350 山頂駅
1400 山頂駅出発(ロープウェイ利用)
1407 山麓駅着、解散

mont-bellさんの講習会登山に参加しました。

雪山初体験な方向けの内容です。アイゼン(前爪のある12本爪、10本爪アイゼン)とストックを使っての登山です。

北八ヶ岳ロープウェイを使って一気に標高2200mまで登り、その後は北横岳山頂2480mまで登山をします。体力のある方や雪山経験者には少々物足りないレベルかもしれませんが、雪山特有の強風やアイゼンワーク、雪道の歩き方(急坂含む)のイロハを体験するにはもってこいだと思います。参加費も安いです。詳しくはmont-bellさんのウェブサイトへ~。

朝早めに北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅に到着。出発準備しつつ、すでに見えている甲斐駒、仙丈そして北岳の南アルプス、凄い存在感を放つ木曽駒や御嶽。。。登る前から展望を十分に味わえてしまうという・・・。

ガイドさんと参加者の皆さんと合流してロープウェイに乗り、山頂駅へ着き、出発の準備を開始。いつものアイゼンとストックで武装して出発。

非常になだらかながらも、たまに急な坂が出てくる感じのルートでした。特に南峰に出る直前だけは結構急になります。ただ、慎重にいけば滑り落ちることはないと思います。乾いた雪がしっかりと踏み固められており、アイゼンが非常によく効きます。危険個所も皆無で、穏やかに歩けます。逆にスノーシューで歩くには締まりすぎているし、規定登山道外へのはみだしが難しいので少し不満が残るかもしれませんね。

当日は西風。地形的に西風の影響が少ないルートなので山頂付近以外は特に風にいじめられることはありませんでした。

講習会なので結構ゆったりペース。写真を撮りつつ山頂へたどり着くと、槍ヶ岳、大キレット、穂高連峰に後立山連峰、御嶽山に乗鞍岳、中央アルプス、仙丈ヶ岳、甲斐駒、鳳凰三山に個人的に大好きな北岳・・・いずれも雪をまとった美しい姿を拝めました。また、同じ八ヶ岳連峰の蓼科山、赤岳や阿弥陀岳、先週登ったけど展望ゼロだった硫黄岳も間近でした。

南峰、北峰を踏破して帰路へ。特に難しいところもなく山頂駅にに着き、ロープウェイに乗って下山・解散の流れでした。少し遅めのお昼の時間だったので山麓駅で山賊焼きときのこ汁をいただき、白樺湖まで降りてすずらんの湯で体を温めて帰路につきました。白樺湖はほぼ全面凍結していました。

登山中の画像
  • 出発
  • 山頂駅。ここで標高2200mなので楽ちん。
  • ストックとアイゼンで。ツボ足でも全然いけそうな感じでしたが。
  • ちょっと急なところが序盤にあります。
  • 坪庭の休憩所
  • 北横岳ヒュッテ
  • 霜の結晶がきれい
  • 南峰
  • 南アルプス近い!
  • 八ヶ岳の峰々。
  • 樹林帯を取って
  • 北峰へ
  • 蓼科山。奥には北アルプスの稜線
  • 三角点
  • 山頂は風が冷たいので樹林帯へ退避
  • トイレ。100円チップ。
  • 凶悪な絵ヅラ
  • お疲れさまでした―
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たぞさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たぞ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。