登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
冬のパトロール 岩籠山(駄口コース) 岩籠山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年1月5日(土)

  • パーティ

    3人 (Yamakaeru さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:駄口コースの駐車場を目指す。カーナビであれば、ドライブインしのはらを目印にするとよい。登山道はドライブインしのはらの駐車場わきにあるが、登山者向けの駐車場は道路を挟んで反対側につき注意。広い駐車場だが、積雪時はさほど除雪されないため台数には注意。ただ、今年は駐車場にはまったく雪がなかった(2019.1.5現在)。トイレは簡易トイレが登山口のところにあるが、事前にコンビニなどで済ませておくことをお勧めする。

  • 天候


    [2019年01月05日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

駄口コース登山口駐車場(08:26)・・・奥野山(08:49)・・・インディアン平原(10:34)・・・岩籠山(11:11)・・・インディアン平原・・・奥野山(12:38)・・・駄口コース登山口駐車場(12:51)

土曜日はリーダーからのお誘いで雪の敦賀三山の一つ、岩籠山に行こうということになった。
明け方、結構な雨音で目覚める。「これは中止かな」と二度寝する。が、一応時間通りに起きて、リーダーにメールをしてみると、「きっと登れば雪に変わるよ!」と強気の発言。まあ、みんな変態なので、あまり天気は関係ない。
仲間と合流して岩籠山へと向かう。コースは駄口コース。昨年も雪の中、ラッセルしながら登った(https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=119690)が、今年は向かう途中の国道にも雪がほとんどない。4日前の元日に野坂山へ登った際には、そこそこ積もっていたので、まったく雪がないという事はないと思うが、果たして。。。
駄口の駐車場に着く。相変わらず雨が降っているので、レインウエアを着こむ。スタート時点からレインウエアを着こむ登山も久しぶりだ。雨降りの登山も嫌いではないが、雨降りの雪山に登っていく人も珍しいだろう。我ながら山バカだと思う。
登山口にはほとんど着雪はなかったが、尾根にとりついた付近から徐々に積雪が増えていった。降った雨で、山々にはガスが立ち込めている。幻想的な風景だ。冬の雨なので身体に当たると冷たいが、気温自体はそれほど低くない。これでは、雪には変わらず雨のままだなと諦めていたら、有難いことに徐々に雨が散っていった。雲が滞留しているところだけ降っているのだろうか。
いつの間にか、膝を超える積雪になっていた。三が日のものだろうか。スノーシューのトレースがあったので、それに沿うように歩いていく。雨が浸みこんだ雪は重く、沈み込むと足が上がらない。尾根沿いから稜線に出る。途中でスノーシューの踏み跡がなくなった。どうも時間の関係か途中で折り返したようだ。こちらは、もともとツボ足なので、踏み跡関係なく、ガシガシと進んでいく。
ブナ林が徐々に目立つようになってきた。駄口コースは特に綺麗なブナ林を楽しむことができるコースで、新緑時の美しさは言うまでもないが、雪景色のブナ林も水墨画のように静寂の中の美が実にいい。
ブナ林を抜けると、目の前の壁の上に大きな岩が見える。垂直のように立ちはだかる壁だが、ここを登り切ると、インディアン平原。
インディアン平原は風が吹き抜けるところなので、いつも風が強い。いつもの笹の草原が今は雪原。ここまで順調だったのに、下が笹の分、沈み込みが激しくて、一歩、歩くたびに踏み抜いて腰まで埋まるの繰り返しで、なかなか前に進まない。
ようやく、インディアン岩にたどり着く。今日のインディアンは、あいにくの曇り空を見上げて、なんだかアンニュイな感じだった。
インディアン平原から眺める敦賀市内と敦賀湾の美しさは、野坂からの風景とはまた一味違い、個人的に気にっている。特に今日は雨のお陰で空気が澄んでいるのか、敦賀湾の海がはっきり見えた。
岩籠山の主役はインディアン平原と思っている人がほとんどだと思う。かくいう、自分もそう。正直、ここで折り返しても良かったが、とりあえず山頂を踏んでみる。今日の歩きにくさで、目の前に見えていたピークがやたら遠かった。
山頂から野坂山を眺めたが、厚い雲の中で山頂は見えなかった。そういう意味では、景色が堪能できた分、岩籠山を選択して正解だったか。
思った以上に時間をかけてしまったので、急いで折り返す。今日は食事を持ってこなかったので、腹ペコだ。中腹程から再び雨になり、車にたどり着いた頃には結構な強い雨になっていた。改めて、我ながら山バカだ。(笑)

登山中の画像
登山画像
いつもだと冬は除雪の雪がいっぱいで、数台分し…
登山画像
奥野さんです。
登山画像
雪があってもツボ足、最強!!
登山画像
山間にガスが立ち込めて幻想的。
登山画像
静寂の中の美。
登山画像
インディアン平原にYamakaeru降臨です。
登山画像
今日はなんだかアンニュイなインディアン。
登山画像
敦賀市内と敦賀湾がとても綺麗。
登山画像
おまけ的にやってきました。岩籠山の山頂。岩籠…
登山画像
山頂から。野坂山の山頂は暑い雲の中。(写真左…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    グレーの世界は水墨画ですね

  • Yamakaeru さん
    日本の水墨画には黒の濃淡で5色を表現するらしいけど。この淡い感じまさしくそうですね。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!