登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
日本で海岸線から一番遠い地点 2019 日本で海岸線から一番遠い地点 2019(上信越)
img

記録したユーザー

はにわ さん

この登山記録の行程

林道入口10:00---滝が沢林道終点10:30---日本で海から一番遠い地点11:15(付近ウロウロ30分)11:50---林道入口12:45

日本で海から一番遠い地点
ふと長野県の佐久市から群馬県の南牧村に抜ける田口峠の手前の看板に書いてあったのを思い出した。
冒険心を擽るそのフレーズに若者が食いついたので二人で行ってみることに。
ネットで調べると県道93号線からすぐと思いきや駐車場から2kmほど山道を登るみたいなので一応雪道に備えてそれなりの装備で行く事にした。

眠い目を擦り朝方出発。
今日は往復2時間半のハイキングと見ていたので行きながら少々社会科見学も兼ねることにした。
まずは世界遺産の富岡製糸場。
254バイバスから市街地に入り富岡の駅前に。
いつもこの辺は通り過ぎるだけだったけど駅も綺麗になっており周辺もお土産屋さんが多い。
そして富岡製糸場の正門の前に着いたが守衛さんに聞くと開館は9時からと言う事が判明。
どうする?だいぶ待つけど?の言葉に若者から先に進むと言われ富岡製糸場は塀越しに車窓見学。
その後下仁田方面に西上州やまびこ街道(国道254線)を内山峠へ。
内山トンネル手前の空地に車を停めて荒船山を見上げる。
断崖絶壁の艫岩だけ雲がかかっており霧氷が着いていた。
トンネルを潜って長野県側に下り八ヶ岳高原線手前を左に折れると目の前に八ヶ岳が。
晴れ渡る空に稜線が良く見えたがあまり雪がないみたいだな。
そして県道93号線へ左折するとすぐに二か所目の社会科見学に龍岡城へ。
ここは全国でも2例しかない珍しい五稜郭跡。
幕末の五稜郭は未完成ながら今でも石垣が残っている。
城の中は小学校になっているが付近には案内所もある。
でも教科書には掲載されていないしちょっとマニアックだったかな。
龍岡城を後にして県道93号線を進むと右側に雨川ダムが見えてきた。
道路脇には雪も現れ始めダム湖は全面白く凍結していた。
ダム湖からすぐに看板を発見。
着雪した橋を渡って右折した奥に広い駐車場があった。
他の車も無いので冬場はあまり人も来ないのかな。
身支度をして10時出発。

それでは「日本の海岸線から一番遠い地点」に行ってみますか!

林道の入口にはゲートがあり遮断されている。
ここから車は入れないようだが轍はあるので関係者はOKみたい。
その脇には案内図と一緒に熊出没の注意書きが。
なかなか怖いイラスト。。。。。冬眠していて良いからね。。。。。
ゲートを潜ってすぐにススキ原があり若者はススキを片手にスタスタと先行。
林道の日陰の沢は凍結していて良く見るとその下を清水が流れている。
沢に降り氷の上に乗るがびくともしない。
若者はしきりに木の棒で叩いて氷を割ろうとするがおいおい危ないって。
その後凍結した沢を横目に目標まであと1800mの看板を目印に左に行き20分ほど行くと林道終点。
センガ沢を渡る橋があるが雪を踏み抜くと落とし穴状態なので気を付けて。
ここからは車の轍もなく人の足跡も消える。
代わりにあるのは無数の野生動物の足跡。
斜面から降りてくる物やそのまま登山道を進む物。
さすがに姿はないが静かな山間に啄木鳥(コゲラかな)のコンコンコンと木を叩く音が木霊する。
そしてセンガ沢を登り終えると11時15分目標到達。
太平洋と日本海の4か所の地点を結んでどこからも内陸約115km。
ちなみに2番目は北海道の石狩山地だって。
雑木林に囲まれ見晴らしは無いが木々の隙間からは湯の丸山方面が何とか見えた。
静寂の中、冷え切った体に二人でインスタントなめこ汁を飲み欲し、この先見える尾根まで登ってみることに。
ここまで積雪があまりないのでツボ足だったがここからは軽アイゼン装着。
すぐに尾根に出ると榊山への標識があったので北に少し登る。
小高い場所に三角点らしきものがあったが山標がなかったのでここじゃないのかな。
雑木林の隙間からは荒船山が見えたがこの先は踏み跡らしきものもないのでここで来た道を下山開始。
さすが若者は降りるのも早い。
自分はついていくのがやっとだったよ。
1時間ほどで駐車場に到着。

帰り道、内山峠手前の初谷温泉に。
秘湯の一軒宿で内湯だけだが茶褐色の炭酸鉱泉。
温めなので川沿いの景色を見ながらゆっくり浸かる。
でも日帰りは12時から15時までなので要注意です。
入浴後は宿の裏手の宝命水へ。
胃腸薬として飲料にもなるそうだが蓋を開けると何やら白いものが浮かんでいる。
宿の大女将さんに聞くとホウ酸とのことなので害は無いらしい。
水守として初谷の谷に住み、毎日温泉に入っているそうで90歳を迎えると言うのに肌も艶々して若々しい。
その後、戻って下から湧き出る宝命水を汲んで飲んでみたが塩っぱさとシュワシュワ感があり何だか体に効きそうだ。


「日本の海岸線から一番遠い地点」までは雪が無ければもっと歩きやすいと思うし、距離も短く、行く先々にあと何mの看板もあるので迷うことは無いと思います。

それからこの地点に到達した証として佐久市観光協会臼田支部に画像を送ると証明書が後日郵送されて来たので記念になりますよ。
https://www.city.saku.nagano.jp/kanko/spot/nature/umikaratoi.html

本日はちょっとした週末の冒険でした。

参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

はにわ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...