登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
生藤山から浅間嶺、払沢の滝へ 生藤山、熊倉山、浅間嶺(関東)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2019年1月15日(火)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:富士の駅まで電車、
    藤野駅7:25発の「和田」行きバスに乗り鎌沢入口からスタート。
    帰りは払沢の滝入口から15:27発のバスで武蔵五日市駅へ、
    そこから電車で帰宅。

  • 天候

    曇り時々晴れ
    [2019年01月15日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鎌沢入口バス停(7:37)→軍刀利神社(8:36)→佐野川峠(8:42)
→生藤山(9:17)[休憩10分]→熊倉山(9:54)→浅間峠(10:42)→上川乗(11:29)
→浅間嶺(12:40)[休憩30分]→時坂峠(13:56)→払沢の滝入口(14:21)→
払沢の滝(14:34)[休憩5分]→払沢の滝入口バス停(14:50)


総距離 約20.0km 累積標高差 上り:約1,863m
下り:約1,912m
予報は午前中晴れだったが、思ったほど日差しはなく、冬らしい寒さの中の山行となった。
去年の春は通行できなかった鎌沢入口近くの八幡橋は開通していた!
生藤山への登山道入り口までは、集落の中の道路を進む。
もちろん舗装されているが、なかなか急な上り坂もあるので意外と良いウォーミングアップになる。
三国山、生藤山までの登山道は、比較的傾斜も緩やか。
落葉広葉樹の木々に囲まれた気持ちの良い樹林帯をどんどん進んでいくと、椿が咲いている場所や、富士山方面の展望が開けるポイント、飲料不可になっていたけど甘草水と呼ばれる水場などがあり、1時間半ほどで三国山山頂に到着!
少しだけ下って、岩場まじりの急登を一気に登ると生藤山の頂に着く。
生藤山はこじんまりとした広場のような山頂…
山頂の展望は三国山の方が良いので、そちらに戻って少し休憩。
この時点では空は曇り…
一応富士山は見えていたがイマイチすっきりしない見晴らしに、少々がっかり。
こんな日もある。

そこから熊倉山、浅間峠を経由して、上川乗で一旦一般道へ降りる。
熊倉山付近の尾根は、笹地帯や樹林帯など変化に富んだ気持ちの良い登山道。
この季節は木々の葉も落ちており、それなりに見晴らしも利き、周囲の景色を楽しみながら歩けた。

上川乗から浅間嶺までの道のりは中々傾斜の厳しい登りが続く。
薄暗い杉の樹林帯がメインだが、時々竹林の緑色が混ざると少し林が明るく感じて気分が良く感じた。
稜線が近づくと少し風の冷たさを感じたが、浅間嶺山頂を目前に迎えた辺りで雲の合間から太陽が出てきて、ポカポカと幸せな気持ちの中山頂に到着。
展望の開けた素晴らしい奥多摩の眺めの中でお昼ご飯を食べて、しばらく休憩!
その後払沢の滝へ向けて下山を開始した。
浅間嶺から払沢の滝方面へのルートは、見晴らしの良い場所も多く、檜原村の大自然を堪能しながら山を歩ける素敵なルートだと感じた。機会があれば今度はこちらからも登ってみたい!
払沢の滝入口に無事に到着、滝までの距離は徒歩15分程度。
途中には美しい青の忠助淵という場所や、氷のオブジェもあった。
冬には滝が凍って幻想的な景色になるという払沢の滝…
今年の暖冬の影響なのか、残念ながらこの日は凍っていなかったけど、日本の滝百選の一つに選ばれたその滝の姿はとても美しかった。
距離は20キロと長めだったけど、とても内容の濃い山行を楽しめた。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月10日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手
写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手 バックパックを背負い、旅の風景と人の暮らしを撮る飯坂さん。バリ島の山旅で使ったグレゴリー「スタウト45」の使用感を聞いた
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」。最新技術と持続可能性を両立したものづくり。『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。