登山記録詳細

ハイキング
参考になった 6
20190119 梅便りに誘われ三郡山地縦走~篠栗駅↗竃門神社↘ 若杉山、鬼岩谷、砥石山、前砥石山、三郡山、頭巾山、仏頂山、宝満山、愛嶽山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2019年1月19日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:[往路]福岡市内~篠栗
    ①6:16発 吉塚 福北ゆたか線(直方行) - 6:31着 篠栗
    [復路]竃門神社~福岡市内
    <太宰府市コミュニティバス「まほろば号」 西鉄都府楼前駅行>
    ①16:20発 内山[竈門神社]発 ー 西鉄都府楼前駅
    ②16:45発 太宰府 - 16:51着 西鉄二日市
    ★徒歩 西鉄二日市駅 → JR二日市駅
    ③17:09発 二日市 鹿児島本線快速(門司港行) - 福岡市内

  • 天候

    曇りのち晴れ!
    [2019年01月19日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

篠栗駅06:39 - 07:39若杉の湯 - 08:24若杉楽園キャンプ場08:39 - 09:49若杉山 - 11:12鬼岩谷 - 11:27砥石山 - 11:42前砥石11:43 - 12:34三郡山12:57 - 13:14頭巾山13:15 - 13:46仏頂山 - 13:53宝満山キャンプセンター13:54 - 13:59宝満山14:08 - 14:24中宮跡14:27 - 15:07鳥追峠15:08 - 15:16愛嶽山 - 16:02内山(竈門神社前)バス停


総距離 約18.9km 累積標高差 上り:約1,690m
下り:約1,584m
年末に大宰府の飛梅が開花したという便りにふれ、以前からポッケに入れていたルート、篠栗駅から三郡山地を経由して大宰府まで歩いてみることにしました。実際には大宰府の竈門神社まで。なんと、篠栗駅から最初に向かった若杉山の山麓で梅のが咲いているではありませんか!これでこの日のミッションはコンプリート・・ということで大宰府はパス。でも、竈門神社の前にあるバス停を見た瞬間、「今日はここまで」と歩きのスイッチがオフになったのが本当のところです(笑)。

 さて、三郡山地は、宗像海岸から英彦山まで弧状に続く山地で約60キロメートル。これまで、山地の一部を成す英彦山、古処山などからなる嘉穂アルプス、三郡山・宝満山を歩いてきました。今回の歩いたのは中央部あたるエリアで若杉山から宝満山まで、前回歩いた三郡山・宝満山の赤線を伸ばした感じになっています。実際には
〇 篠栗駅~若杉山~鬼岩谷山~砥石山~前砥石山~三郡山~頭巾山~仏頂山~宝満山~中宮跡~鳥追峠~愛嶽山~竈門神社~内山(竈門神社前)バス停

 前回に続き、今回も20km近くのロングコースとなります。三郡山から宝満山にからは九州自然歩道の一部になっていることもあり、ところどこに案内板や道標が設置され迷う心配はありません。一方、9つのピークを経由していることからわかる通り、登山道はほぼ尾根沿いにピークを忠実にトレースするようにつけられており、なかなか歩き応えがありました。で、三郡山地の赤線つなぎをするつもりか?って、それは思案中・・・(^-^;。

[参考情報]
〇太宰府市コミュニティバス「まほろば号」
 http://www.city.dazaifu.lg.jp/admin/kurashi/doro/1/2952.html
〇九州自然歩道ポータル
 http://kyushu.env.go.jp/naturetrail/index.html

登山中の画像
  • おはようございます。今日のスタートは篠栗(ささぐり)駅です。
  • 7時過ぎですが、まだまだ暗い。
  • 若杉山に向かう途中で梅を発見!
  • 7分咲き位でしょうか、いい香りがあたり一面に漂っています。こんなに早く、ミッションは完了してしまうとは・・(^-^;
  • 関東での梅の開花17日だったとか。九州はやはり暖かいんですね~。
  • ここには紅梅~♪
  • 紅白のコラボ
  • 途中にあったおさ石。勢門(せと)小4年生の案内板におもわず、ほっこり。
  • モルゲンロート(笑)?
  • ~♪
  • ~♪
  • 行ってみましょう~
  • ゆるぎ岩。ここにも勢門小の皆さんの案内板がありました。弘法大師と鬼が岩を揺らす勝負をしたようです。結果は弘法大師の勝ち。押したはずみで岩から転げ落ちてしまった鬼を弘法大師が看病し、鬼は弘法大師の弟子になったそうです。
  • 若杉楽園キャンプ場
  • 太祖山金剛頂院の境内にある「聖天堂」を通って、若杉山山頂に向かいます。ちなみに、太祖山金剛頂院は九州八十八ヶ所百八霊場の第89番札所となっており、806年に唐から帰国した弘法大師が若杉山に登りこの地に鎮護国家・救世利民の祈願を施したと言われている寺院だそうです。
  • 若杉山は杉の巨木で知られており、今回の山行の楽しみの一つ。
  • さっそく、神功皇后伝説が残る綾杉(幹周6m、樹高20m)。昨年9月のレコで紹介した香椎宮の綾杉はこの杉の枝を植えたものだそうで、ことから分杉山→若杉山となったそうです。
  • 名前はつけられていませんが、杉の巨木があちこちに。
  • トウダの二又(幹周6.9m、樹高30m)
  • ジャレ杉(幹周11m、樹高26m)。太い幹の割には途中で枝が折れたのでしょうか、やや細い印象です。先ほどのトウダもそうですが、ジャレも名前の由来については?
  • これも勢門小4年生の力作、分かり易く助かりました~!
  • こちらは、若杉山太祖権現。
  • 勉強になりました。
  • 奥の院に向かう途中にあった、「はさみ岩」の伝説。
  • かなり狭いですが、ここではありません。
  • 「はさみ岩」、無事に通ることができました~!
  • 若杉山山頂は、アンテナの見えるところにあります。
  • 今日の一座目、若杉山ゲット~!!
  • この先の若杉ヶ鼻に絶景ポイントがあります。
  • 若杉ヶ鼻
  • これから向かう、砥石山、三郡山、宝満山、まだまだ先は長い・・・・
  • 中央の丘向こうが福岡市内になります。
  • 木漏れ日が気持ちいい
  • なんと橋が腐食しているということで通行止め。一旦斜面を降りて登り返しとなります。
  • 登り返しはわずかとは言え、心理的にはちょっとダメージが(笑)。
  • 大きな岩ごゴロゴロ。
  • なるほどね、と言いたくなるような名前の鬼岩谷。
  • 続けて砥石山ゲット~!!眺望がないのでそのまま進みます、
  • こちらは前砥石山、ここには三角点がありました。
  • もちろん、宝満、三郡へ
  • 冬枯れならではのワンショット、三郡山が見えています。
  • 前回の山行で下山に使った分岐点。通行止めになっているのを知らずに下山で使ってしまいましたが、さすがにロープが張られ立ち入り禁止になっています。
  • 三郡山に到着しました~!
  • 霞んでしまい遠望はききませんが、これから向かう宝満山が右奥に見えています。
  • ここで、ランチを済ませ宝満山に向かいます。
  • 以前もよったのですが、頭巾山にちょっと顔見せへ。
  • 頭巾山は、あの瘤の様なところです。
  • 頭巾山~!
  • 仏頂山~!
  • 宝満山が見えてきました。名前からはとても想像できない荒々しい感じのする岩峰の山です。
  • 岩登り~♪
  • 宝満山山頂に到着~!
  • あそこに見える稜線を歩いてきました。自分を褒めてあげたいです(笑)。
  • 先ほど通過した仏頂山です。
  • 視線を落とした先にあるピークは愛嶽山でしょうか。
  • 山伏達が礼拝を行った礼拝石も健在でした!
  • 宝満山~!
  • 竈門神社の社殿は、宝満山山頂(標高829.6メートル)の上宮 、宝満山山麓の下宮の2つがあり、こちらは竈門神社上宮。
  • 山伏達が礼拝を行った礼拝石も健在でした!
  • これから下山します。
  • 中宮跡
  • 中宮跡から愛嶽山を経由し降ります。
  • 鳥追峠
  • 愛嶽神社を経由して
  • 愛嶽山の山頂の愛嶽神社、可愛らしい守護神がガードしていました。
  • 竈門神社の本殿に到着~。
  • 阿形
  • 吽形
  • 大宰府まで歩くつもりだったのですが、すでにミッションを完了していることもあり、竈門神社の前にあるバス停を見た瞬間、「今日はここまで」と歩きのスイッチがオフになりました(笑)。
  • 太宰府市コミュニティバス「まほろば号」で西鉄大宰府駅に向かいます。100円というのが嬉しいですね。
  • 西鉄大宰府駅に到着~!
  • 先週に続き、今回も20km近くのロングコースを歩ききることができました。無事の山行に感謝しつつ、今日も「おやっとさぁ」でした!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、おはようございます。

    そちらは一足早く、梅の便りが届いているのですね!
    大宰府の飛梅、一度は見てみたいものですが、来年に持ち越しでしょうか?(笑)

    個性的な杉の巨木等など、九州の山々の多様性には毎度感心させられます。全長60kmの三郡山地踏破!挑戦し甲斐がありますね~。 今後のレコが楽しみです!!

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん、こんばんは~!

    グイグイきますね~。内山バス停で日和ってしまいましたが、やはり、そうですよね~。帰った後に、飛梅は気になってしまい、モジモジしておりました(^_^;。

    三郡山地縦走は、師匠の突っ込みを期待(?)していましたが、想定以上の突っ込みに、自爆してしまったようです。どうしょう~(^_^;

    ぼっけもん拝

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年8月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...