登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
大山北尾根を歩く 丹沢大山(蓑毛-ヤビツ峠-地獄沢橋-ミズヒの頭-大山-下社ケーブル駅)(関東)
img

記録したユーザー

yamaocchan さん

この登山記録の行程

蓑毛(08:55)・・・ヤビツ峠(10:00)[休憩 5分]・・・護摩屋敷の水(10:35)[休憩 1分]・・・地獄沢橋(11:10)・・・分岐(12:15)[休憩 10分]・・・大山(14:08)[休憩 22分]・・・16丁目(15:03)[休憩 2分]・・・阿夫利神社駅(山上駅)(15:40)

総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約1,631m
下り:約1,257m
コースタイム 標準:6時間25分
自己:6時間5分
コースタイム倍率 0.95
丹沢は夏場に蛭のイメージが強くてどうしても冬場中心になってしまう。このところ集中的に丹沢に足が向いている気がするが、今週はそれこそ蛭の巣窟とも思われる(夏には絶対行きたくない)大山北尾根に向かった。
たまたま秦野駅に降りたら次がヤビツ峠行きのバスであったのだが、積雪のため蓑毛止まりという。私はもともと蓑毛から歩くつもりだったのでどうということはなかったが、並んでいた人々のうち何人かは列から離れていかれたように思う。それでもバスは結構満杯であった。
蓑毛で腹ごしらえをして峠に向かう。約1時間の道のりである。峠に着くと車道が真っ白になっていた。なるほどこれではあの狭い道をバスが登ってくるのを躊躇するはずだ。何しろ岩の壁と10cmくらいになるカーブが続くのだから、ちょっとスリップすれば岩にドスンである。
峠から登山口の地獄沢橋までは車道を1時間ほど歩くが、この間も陰になっている場所を中心に積雪があった。車が走っているので要注意である。
地獄沢橋の登山口からはしばらく快適な登りが続くが、階段が出てくる辺りからチラホラ雪が出てきた。そして、境沢ノ頭に達する手前で完全に白銀の世界になったが、積雪はせいぜい10cmほどでアイゼンを付けるようなことはない。ただ、踏み跡が無く先行きに不安を感じながら登ったが、境沢ノ頭で左から上がってくる踏み跡に合流できた。結構な人数が歩いているようだ。これに意を強くして山頂へ向かう。
その後は山頂が雲に隠れている富士山に少し不満を感じながらも、ミズヒの頭付近の白砂青松に満足して下山することができた。帰りは時間短縮の意味でケーブルカーを使わせてもらった。

登山中の画像
登山画像
蓑毛バス停の近くにある寶蓮寺。朝食を食べてい…
登山画像
春嶽堰堤から稜線を見上げる
登山画像
ヤビツ峠への登山道が最初に詰める沢。この後山…
登山画像
ヤビツ峠は雪の中。時々車も通るので注意が必要…
登山画像
諸戸の建物群。鳥居のところから踏み跡があると…
登山画像
地獄沢橋の登山口
登山画像
上野ノ頭に到着
登山画像
上野ノ頭付近から見る大山山頂
登山画像
道標かと思ったら違ってました。No.16とかの表示…
登山画像
丹沢三峰が見え始めた
登山画像
日が当たっているところは融けているけど、当た…
登山画像
とうとう全面雪になりました。踏み跡もありませ…
登山画像
深さは10cmくらい。アイゼンは不要です。
登山画像
境沢ノ頭で、一ノ沢峠からの道に出会ったら、結…
登山画像
境沢ノ頭で東側の展望が開けました。大山三峰で…
登山画像
16号鉄塔のすぐ上でちょっと休憩。小腹が空きま…
登山画像
ミズヒの頭が近づいている。右手に丹沢の表尾根…
登山画像
ミズヒの頭の手前のピークを登り切った辺りから…
登山画像
その先にある大きな松。松の右がミズヒの頭。
登山画像
ミズヒの頭に到着。先ほど通った松林を近景にし…
登山画像
なかなか格好良いでしょう?
登山画像
西沢ノ頭
登山画像
この辺りは尾根が細くて気を使います。この辺り…
登山画像
反対側も細いでしょう?
登山画像
境沢ノ頭が見えました
登山画像
モノレールの終点近く。もう山頂は指呼の間です。
登山画像
山頂着
登山画像
今日は仲間がいました。ご一緒したいところです…
登山画像
一応山頂を経由して下山にかかります
登山画像
東側から横浜方面
登山画像
神社の前から湘南の海
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yamaocchanさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yamaocchan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?