登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
玄岳から伊豆仁田駅へ 玄岳、丹那断層、柏谷横穴群、湯~トピアかんなみ(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年2月23日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山5:45→東急目黒線→日吉6:03~04→東急東横線→横浜6:20~36→東海道線→熱海7:59~8:05→東海バス→玄岳ハイクコース入口8:23

    復路:伊豆仁田15:06→伊豆箱根鉄道駿豆線→三島15:20~37→東海道線→熱海15:51~16:06→上野東京ライン→横浜17:16~28→東急東横線→武蔵小杉17:41~47→東急目黒線→武蔵小山18:01

  • 天候

    曇りのち晴れ
    [2019年02月23日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

玄岳ハイクコース入口バス停206m8:25→舗装道路終点8:42→熱海新道陸橋9:02→好展望地9:19→玄岳799.2m9:28~40→伊豆スカイライン9:46→氷ヶ池9:57~10:02→荒れた林道10:13→熱函道路10:29→丹那断層10:41~50→熱函道路陸橋11:02→畑毛分岐(知らずに通過)11:08→別荘地に迷い込んで道迷い→畑毛分岐(戻る)12:03→柿沢川12:32→柏谷横穴群12:57~13:15→湯~トピアかんなみ13:20~14:40→伊豆仁田駅14:53

合計4時間(17.8km。湯~トピアかんなみ迄。別荘地での道迷い分除く)


総距離 約18.9km 累積標高差 上り:約821m
下り:約1,015m
2月23日(土)は、熱海の玄岳に登って来ました!でもそれだけじゃすぐに終わってしまうので、伊豆箱根鉄道駿豆線の伊豆仁田駅まで、丹那断層→柏谷横穴群→湯~トピアかんなみとつないで縦走してみました。

玄岳から伊豆仁田方面に下る登山道は、昭文社の山と高原地図に載ってないだけで地元が整備したものがあります。でも一般道に出てからが意外とわかりにいです。というのは、あの辺りは箱根や熱海に近いのため別荘地が多く、その別荘地に行く道だけが広く立派に整備され、昔からある道は狭い枝道のようになっているので、昔からの道がメインに描かれている地図とは道の感じがかなり異なります。

で、良い道に引き込まれて別荘地に迷い込むと、山の一角だけを切り開いて造られた別荘地のため、道がことごとく外部に通じておらず、出られなくなります。そもそも細かな道が多すぎて、地図を見ても現在地がわからなくなってくるし、そのせいで今回は1時間も時間をロスしてしまいました。

でも、道に迷わずすんなり行ければ、後半一般道が多いので、熱海から玄岳を越えて伊豆仁田まで縦走するのは、距離の割りにそんな大変なことではありません。熱海に戻らなくとも日帰り温泉はあるし、断層とか横穴群とか河津桜とか見るべきものもそこそこあるので、玄岳に下から登りたいけど余った半日どうしようと思っている人に結構お勧めです。

という感じで、まず玄岳には熱海からひばりヶ丘行のバスで玄岳ハイクコース入口バス停まで行きます。朝雨が残る可能性があったので、当初の予定より1時間遅れの8時25分スタート!バス停のすぐ手前に大きな玄岳の標識があるので、そこからまず別荘半分普通に住んでるの半分みたいな感じの住宅地の中の急坂を登って行きます。

住宅地が終わってもうしばらく登って行くと、舗装道路の終点に着き、その先は荒れた林道みたいな山道を登ります。特に見るべきものもない単調な道なのですが、適度な傾斜で効率良く高度を稼いでくれます。

そして30~40分登ったところで熱海新道の上を陸橋で越えます。これが途中にある唯一のランドマーク。

さらに単調な道を登って行くと、徐々に道の両脇に笹藪が増えて来ます。そうなれば山頂まであと少しで、突如として熱海方面が見下ろせる好展望地に飛び出します。最後の休憩に良さそうな場所です。

でも山頂まであと少しなので休まず通過すると、玄岳山頂東下の広い笹原に出て、あとは笹原の中の急坂をよじ登れば、玄岳山頂799.2mに到着です。バス停からほぼ1時間ちょうどで到着しました。

玄岳山頂は笹原を刈り払った広場のような場所で、熱海方面は当然のことながら、反対側の沼津方面も見おろせます。若干ガスっているものの沼津アルプスが良く見えます。天気が避ければ富士山も見えるんでしょうが、今日は残念ながら見えず。

玄岳山頂で風をよけながら10分少々休憩したら、反対側の道を氷ヶ池を目指して下ります。箱根みたいな笹原の中の道なんですが、笹の根が滑ったり、中途半端に刈られた笹の切り株がひっかかったりして、意外と歩きにくいです。

その歩きにくい道を5~6分下ると伊豆スカイラインに出るので、車に注意して渡って右に少し行くと、続きの道があるのでもうひと下りします。すると下りきったところで三叉路にぶつかります。ここが函南方面に下る道の分岐です。でもその前に氷ヶ池を往復します。氷ヶ池は山の中の窪地に水が貯まったような場所です。

氷ヶ池からさっきの分岐に戻って下山を始めます。最初のうちは深い笹藪の中に切り開かれた道を行きますが、すぐに林の中の荒れた林道のような道に出ます。林道に出る手前の右側にあるテープに引き込まれないように注意。荒れた林道はやがてコンクリートで舗装された道となり、牧場の脇を抜けて熱函道路に飛び出します。

熱函道路を渡り、さらに下り続けると丹那断層の標識が出てくるので、左の道に入るとすぐに丹那断層公園に着きます。氷ヶ池から約30分で到着。公園内には断層が見られるように穴を掘った上に屋根が被せてある展示スペースがあります。伊豆のジオパークの模型やトイレもあります。ここで2度目の休憩。

休憩後、公園の前のクネクネ曲がった道を西に進みます。すると新山集会所がある交差点に出るので左折して再び熱函道路を今度は陸橋で渡ります。

ここから伊豆仁田へは地図で見ると一本道が通じているので、何も考えずとにかく前に進めばいいはずなんですが、そうは問屋がおろさなかったのが問題!

最初に書いたように、この辺りは高原状の別荘地にするにはもってこいの場所なので、あちらこちらに広大な別荘地が広がっていて、道もそこに向かう道だけが広く立派に整備されていて、古くからの道は狭いままなので、一本道のつもりで道なりに進んで行くと、別荘地の中に入り込んでしまいます。

で、横に下ればいいだろうと思って行くと、ことごとく行き止まりで出口がない!すったもんだしたあげく、別荘地の入口まで戻ってその手前で車が多数曲がって行く道に入ると、そこも別荘地の奥の方に通じる道で、伊豆仁田方面に下る道は行き止まり!

また元に戻って、さらにはるか手前まで戻って「畑毛」方面の標識がある角を曲がって、ここが正解だったみたいで、ようやく伊豆仁田方面に下ることができました。結局1時間近くタイムロス。

畑毛方面の標識がある分岐は、別荘地に向かう道は立派な2車線の道。畑毛方面に行く道は1.5斜線の簡易舗装の林道みたいな道。しかも畑毛方面に曲がってすぐ、別の別荘地に向かう立派な道が右上に分岐しているので、そちらに引き込まれる危険性もあり。

たまに地元の車が通るぐらいの交通量の少ない道を、30分ほど下ると、いとも簡単に柿沢川とその支流が交わる辺りで、伊豆仁田の市街地に出ました!あの苦労は何だったんだ!

柿沢川の周辺はやたらに満開の河津桜の木が多く、綺麗な場所だな~と思っていると、函南町がさくら祭をやっていたので近くまで行ってしばし見学。会場内に入って見るのは、ただ土手の広場でカラオケ大会やってるだけなので…。

さくら祭会場から、白道坂という坂を上って反対側に下ると、湯~トピアかんなみの標識と柏谷横穴群の標識があるので、そこを左折してまずは柏谷横穴群に向かいます。

ここは、一言でいうと埼玉の「吉見百穴」みたいな遺跡で、公園の脇の斜面に古代人の住居かなんかの横穴がたくさんあります。あえて見に行くようなものではありませんが、湯~トピアかんなみから5分ほどの場所にあるので、温泉に行くならついでに寄っても損はありません。

柏谷横穴群を見学したら、あとはダラダラ歩いて湯~トピアかんなみに向かいます。湯~トピアかんなみは、静岡県の函南町にある日帰り温泉施設で、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩温泉。中はちょっとボロいですが、料金は700円と安目で、内湯も露天風呂もわりと広く、サウナも2つあるのでお得感があります。

でもそれだけじゃ普通の日帰り温泉なんですが、ここの凄いところはとにかく「沼津アルプス」の眺めが良いことです!露天風呂からも食堂からも、大平山と鷲頭山中心に沼津アルプスが一望出来ます。

それもそのはず、湯~トピアかんなみのある伊豆仁田駅は、奥沼津アルプスの最寄り駅である原木から1駅しか離れておらず、下山後歩いて寄り道するのも十分可能な距離にあるからです。昔、沼津アルプスの帰りに伊豆長岡まで行ったことがあるんですが、こっちの方がはるかに近いです。

温泉で汗を流した後、今日は、朝1時間遅く来たのと途中で1時間タイムロスしたのもあり、意外とラーメン激戦区の伊豆仁田駅周辺のラーメン屋を探索するのは諦めて、温泉の食堂で極めて普通の市役所の食堂にでもありそうなカツカレーを食べて帰りました。

でもそれだけじゃ腹いっぱいにならなかったので、三島駅の立ち食いそば屋で「三島コロッケ蕎麦」も食べました。これもごく普通のコロッケ蕎麦。ワサビ入れるとかしてもう少し頑張れ三島コロッケ!

熱海駅(静岡県)から玄岳ハイクコース入口 バス時刻表 - 熱海駅-ひばりヶ丘・上の山[東海バス]
https://www.navitime.co.jp/bus/diagram/timelist?departure=00307078&arrival=00307026&line=00055492

丹那断層公園 | 南から来た火山の贈りもの 伊豆半島ジオパーク
https://izugeopark.org/geosites/tannadanso-park/

柏谷横穴群 | 南から来た火山の贈りもの 伊豆半島ジオパーク
https://izugeopark.org/geosites/kashiya/

湯~トピアかんなみ【公式ホームページ】
http://yu-topiakannami.jp/

登山中の画像
登山画像
熱海駅からバスで玄岳ハイクコースまで行ってス…
登山画像
住宅街の急坂を登る。
登山画像
舗装道路の終点に到着。
登山画像
最初は里山らしい竹林の中を行く。
登山画像
そのうち下が溶岩のせいかあまり生育の良く無い…
登山画像
熱海新道を陸橋で越える。これがこの道唯一のラ…
登山画像
笹が出て来ると山頂は近いです。
登山画像
見晴らしの良い場所に飛び出しました。
登山画像
そこから見た熱海方面。
登山画像
玄岳山頂が見えて来ました。
登山画像
玄岳山頂到着。
登山画像
三角点!
登山画像
山頂から沼津アルプスの眺め。富士山は見えず。
登山画像
山頂から熱海方面。
登山画像
伊東方面。
登山画像
笹原の中を氷ヶ池を目指して下る。
登山画像
伊豆スカイラインに出た。
登山画像
車に注意して渡り、少し右に行ったところに道の…
登山画像
玄岳パーキング。昔、あそこに車を置いて登った。
登山画像
あとで使う函南方面への分岐。
登山画像
標識には氷ヶ池と書いてあるだけで、函南とか丹…
登山画像
氷ヶ池到着。
登山画像
先ほどの分岐から笹のトンネルをぬけると荒れた…
登山画像
荒れた林道を抜けると辻牧場の前に出る。丹那盆…
登山画像
そして熱函道路を横切る。横断歩道がないので注…
登山画像
丹那断層の標識を左折。
登山画像
丹那断層公園に到着。
登山画像
断層が見られるように穴を掘って、上に屋根がか…
登山画像
断層1
登山画像
断層2
登山画像
丹那盆地周辺の模型もある。火山の関係で陥没し…
登山画像
公園の前の道を進み、新山集会所の前を左折。
登山画像
そしてふたたび熱函道路を今度は陸橋で渡る。
登山画像
協和アルティックのトマトの販売の標識が出て来…
登山画像
畑毛方面の道に入ります。昔は一本道だったんだ…
登山画像
その分岐周辺から玄岳の眺め。
登山画像
ダイヤランド南箱根入口の看板が出て来たら道を…
登山画像
畑毛分岐から半分林道みたいな道を延々と下ると…
登山画像
と思ったら、函南町の桜祭もやってました!
登山画像
柏谷横穴群の標識に着きました。左折します。
登山画像
坂を下ると沼津アルプスの絶景が!
登山画像
柏谷横穴群に着いた!
登山画像
埼玉の吉見百穴に似てるな。
登山画像
穴の写真もう1枚。
登山画像
中にホームレスのおじさんは住んでません。
登山画像
湯〜トピアかんなみ到着。
登山画像
湯上がり後、沼津アルプスを眺めながらビール。
登山画像
でもカツカレーはイマイチだった…。
登山画像
伊豆仁田駅到着。
登山画像
カツカレーがイマイチだったので、三島駅で三島…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

登った山

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...