登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
ラッキーな雪山⛄ 蓼科山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2019年3月2日(土)

  • パーティ

    2人 (スーさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道を前橋より17号、18号と乗り移って
    妙義ICより上信越道で佐久南ICへ、
    望月より砕石場コースで女神湖、蓼科牧場へ、
    蓼科牧場から白樺2in1スキー場方面に進みビーナスラインに入りスズラン峠を越して女神茶屋登山口へ

  • 天候


    [2019年03月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【車移動】
             自宅       5:55
  8:08      女神茶屋前
【山歩き】
            女神茶屋前     8:30
  9:23    中間地点2113M   9:27
  9:44       光徳平
 10:35      蓼科山山頂    10:38
 10:40      蓼科神社     10:41
 10:43     蓼科山展望盤    10:45
 10:47      蓼科山山頂
 11:11       光徳平
 11:21    中間地点2113M  11:55
 12:35     女神茶屋前
【車移動】
           女神茶屋前     12:50
 13:22    立科温泉「権現の湯」 14:45
    改装工事が終了した立科温泉「権現の湯」へ
    湯舟は改装されていません以前と同じです。
    料金は改正されています(値上げ)
  入浴料金   JAF割り  450円
   (立科、浅科温泉と同額となりました)
   登山口からの距離   27.1km
     〃   時間   30分 
 17:05   自宅
 

 予定していた山は天気の回復が遅く他の山へ変更、しかし今朝がた、妻の体調不良を考量して再度変更して、勝手知ったる山へ、しかし出発時間が遅いので駐車スペースがあるか?覚悟して着いたけど、やっぱり無く女神茶屋に停めました・・・停めてよいのか不安ですが(帰りには張り紙覚悟でしたが無事しかも台数が増えていました)。雪がないと話は聞いていましたんで雪は見られないと思っていました、第一急登までは登山路は氷、第一急登は雪がかぶっているだけ下山時は解けていました、林の中に入ってようやく雪山らしくなり第二急登の登りに着きます意外にも岩は雪で隠れていてノーアイゼンで登り本日の中間点の2113M地点でアイゼンを付けて第三急登に備えます、
 
 今年はモンスターになれない森の中を歩いて光徳平へ、ここより第三の急登(急登のメーンです)へ突入、スライドした登山者情報で霧氷が見られるとのこと、しかし気温が上がって来ているので散ってしまうのではと半信半疑でローギヤ―にダウンしてゆっくり登ること15分位でまさかの霧氷見物ができました、さらに嬉しいことは、森林限界に着いても風がない見上げる空は濃紺の空(誰が名付けたか不明ですが八ヶ岳ブルー)ちょっとめまいがして俺だけ腰を下ろして休息を取って山頂へ進みます、

 遠望のアルプスは白く輝き空と蓼科山山頂の雪とサンドイッチ状態、今日は風がなくゆっくりと休息もできましが、急登の下りで時間が経つと雪が腐るのを心配して山頂台地を散策して下山に入りました、

 まだ雪質は良かったのでアイゼンは団子にならずに済みましたよ、山頂でご一緒だった二人も山頂を後に森林限界の無風地帯で休息、俺たちは中間地点まで降りて昼食休憩、作戦は成功、少々アイゼン高下駄を払いながらですけど、後はただただ降るのみ展望もなくなり足元の岩に注意しながら第一急登途中までアイゼン歩行、全く雪が消えた第一急登斜面は泥んこ氷の登山路も時間が遅くなれが土も解けて泥んこ間違いないでしょうね。ともかく無事に下山で着ました。
先週も、今日もラッキーな雪山歩きができました、雪の神様ありがとうございました。

 改装オープンの「権現の湯」へネットで調べて解っていましたが500円に値上げです、しかし、JAF割で450円となりました。


登山中の画像
  • 氷の急登を登って やっと雪山らしくなってきました
  • 雪が少ないと聞いていましたが 雪山には間違いないです
  • 笹が頭の持ち上げる原を歩きます
  • 中間地点の2113M地点の岩上より 妻のアイゼン装着をウオッチング
  • 中間地点よりの遠望 南アルプス
  • 今年はモンスターになれなかった樹氷群の森の中を歩きます 一番平和な登山路地帯ですので心身共にリラックスできます
  • 青い空と 樹氷群 先行者も見えなく静かな森散策って的な感覚ですね
  • 光徳平へ到着 ここまでは平和な登りです 妻に何回休みで森林限界まで行くかと訊ねたら 「休み取らなくていい」の返事
  • スズラン峠からの登山コースで メーンの登り始まりました 青い空が見事ですね
  • 15分ぐらい登ると まさかの霧氷が 嬉しいですね スライドお兄さんの言っていたとおりでした
  • 急登も忘れさせる霧氷綺麗です 写真を撮りながら付いていきます
  • 濃紺の空に 白く凍った氷花が樹木にいっぱい
  • 密度の濃い霧氷 白い氷花のてんこ盛り
  • その下をローギヤ―で登ります
  • 見上げれば 蓼科ブルー(八ヶ岳ブルー)に添える氷花
  • 縞枯れ帯も 霧氷だらけ
  • 思いがけないプレゼントに 癒されました
  • 時々振り返っては 空を仰ぐ 遠くには御嶽山
  • 青空と白い枝の共演
  • 縞枯れ帯の急登を登る それにしてもこの空の色(八ヶ岳ブルーです)
  • 氷花の後ろには八ヶ岳が並んでいます
  • 森林限界に到着 先に着いている登山者が、仲間に早く来いとせかしています(無理もないですこの景色を早く見せたいのだから)
  • その仲間たちです 中央アルプス、御岳山、乗鞍岳が白く輝いています。
  • 脇には 槍穂がくっきりと 無風の森林限界地点で
  • 岩ゴロの山頂下に ちいさな雪の芸術品が並んでいました
  • 山頂に到着 こんな穏やかな山頂は初めてかな? そしてこの展望と遠望
  • たどり着いた山頂は寒さ知らずの山頂でした ラッキーな条件がそろっていました 素晴らしい展望、シャツ一枚でいられる幸せ ただし髪の毛は汗によりパリパリになっていましたが
  • お互いの撮りっこして、ちょっと足を長くと言ったら笑みがこぼれました・・・素敵な笑みの写真ありがとうございました
  • 山頂台地の展望 アルプスが横たわっています
  • 台地中央の蓼科神社にお参りして 家族の健康を祈願 祠のアップ写真
  • 穂高岳のアップ カメラモニターが明るくて見えないのでどこを撮っているかわかりませんでした
  • 鹿島槍のアップ 遠望がよいのにアルプス写真はこれだけ・・・? なんでだろ~
  • 山頂台地の雪が輝き 後の八ヶ岳もうれしそうに眺めていますね
  • これは中央アルプスかな
  • 山頂台地にねそべっている 北アルプスの山々
  • 山頂を後に直滑降 蓼科山の雪斜面と 八ッと南
  • 北横、南八ッ 直下降斜面より
  • 急下降の雪はまだ腐っていませんのでアイゼンを効かせてスイスイ降り 光徳平を歩きます
  • 中間地点に着きました もうアイゼン高下駄の危険性はないでしょう
  • ここで昼食休憩
  • 中間地点の岩 下山開始
  • 下山したら 女神茶屋前も5台停まっていました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ホイッスル、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、トレッキングポール、マット(個人用)、ライター、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    例年より積雪は多め。この10日で3回降雪あり。冬山登山装備(アイゼンは10本爪推奨)
    19年04月19日(金)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    鉱泉までも凍結あり、稜線は積雪50~100cm。アイゼンやピッケルなど雪山登山装備が必要
    19年04月18日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!