登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
雨が降る前のトレーニング&パトロールの野坂山 野坂山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年3月3日(日)

  • パーティ

    2人 (Yamakaeru さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:「野坂いこいの森」の駐車場。20台程度は停められる。あまり綺麗ではないが、トイレもある。

  • 天候

    曇りのち雨
    [2019年03月03日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

野坂憩いの森・駐車場(08:21)・・・一ノ岳・・・二ノ岳・・・三ノ岳・・・野坂山・山頂(09:27)(休憩~09:54)・・・三ノ岳・・・二ノ岳・・・一ノ岳・・・<冬道>・・・テレビ塔・・・野坂憩いの森・駐車場(10:58)

昨晩から花粉アレルギーで体中に熱を持ち、薬も効かず苦しんでいたが、今朝方になって花粉症よりも重症な山行き大病が発症してしまった。こうなるともはや特効薬は登るしかない。しかし、午後から用事があったため手頃な山として野坂山を選択。ちょうどう午後から雨と言っていたので、サクッと登り、山頂の積雪と春への準備状況を確認してこようと、トレーニングを兼ねた野坂山パトロールをすることにした。昨日に続き今日もトレーニングしたいという山仲間も同行。
「野坂いこいの森」に車を停めて、いざスタート。駐車場には5,6台の車が停まっていた。
スタート地点から積雪は全くない。登り始めてすぐに、カメラは持ってきたもののメモリカードが入っていないことに気づく。またやってしまったか。。。
野坂山はスタート直後の序盤がもっともしんどいと思う。山に向かう途中の車の中からは所どころ白くなった部分が見えていたので、もう少し雪が残っているかと思ったが、結局、一ノ岳付近までは完全に溶け切っていた。二ノ岳付近から登山道にも雪が残っている部分が現れてきたが、歩くには苦にならないほど。三ノ岳付近でカタクリの様子を確認する。文殊山ではセリバオウレンが開花したと聞く。では野坂山は?と思い、ここまで注意深く登山道脇を確認しながら登ってきたが、花らしい花は見つけることができなかった。三ノ岳付近と言えばカタクリの群生地。果たしてカタクリは?と思ったが、やはりここでも花らしい花は見つけることができなかった。
山頂に到着。積雪は全くなかった。今年の冬は本当に短かった。
霞んでいるものの、琵琶湖方面、若狭方面とそれぞれ綺麗に見えた。デジカメが使えないので、携帯で唯一1枚だけ敦賀市内方面の写真を撮る。
山小屋でコーヒーを1杯飲んでから下山開始。
いつものごとく普通に降りるのはもったいないので、今回は一ノ岳から冬道を使う。冬道は雪があってこその道で、雪がない状態だとかなりの急斜面でずりずりと、気を許すとすぐにすってんころりんとなってしまう。
以前も書いたことがあるが、冬道をそのまままっすぐ降っていくと、テレビ塔がいくつも並んだ場所に出る。ここからの景色は、敦賀湾や敦賀市内がとても近い視点で見渡すことができ、個人的に結構お気に入りの場所になっている。
ここから先は左に折れてトラバースしながら野坂憩いの森コースがある尾根の方へと横移動していく。探鳥路コースとなっているので、きっと野鳥もたくさんいるに違いない。
春の花を見つけようと、一生懸命、地面をキョロキョロして歩いていたが、結局叶わずでゴールまで戻ってきてしまったが、ふと頭の上に真っ赤な寒梅が咲いていた。途中から小雨も降りだして、曇天の中ではあるが、鮮やかな赤の花弁がとても綺麗だった。
雪山がまだまだ歩き足りないが、春の花も楽しみなシーズンになってきたものだ。

登山中の画像
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    一体何がダメなんだろ 過信(心)かな 

  • Yamakaeru さん
    ダメはないと思うなぁ。

  • kuroneko さん
    Yamakaeru さんも花粉ですか
    私もです、それでも花粉の多い山に行きたいのですから
    昨年までは収まってたのに・・・

  • Yamakaeru さん
    今年の花粉は最悪ですね。
    今日もやられて帰ってきました。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。