登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
雨の武甲山 表参道生川登山口~小持山・大持山周回 武甲山(関東)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん
  • 日程

    2019年3月4日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:千葉県より外環道市川南~関越自動車道花園IC~皆野寄居有料道路¥520ETCは不可です~生川登山口

  • 天候

    雨(山頂部は雪)
    [2019年03月04日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

生川登山口(一ノ鳥居)(06:51)・・・登山道入口(07:14)[休憩 1分]・・・大杉の広場(07:54)[休憩 2分]・・・武甲山(08:46)[休憩 15分]・・・シラジクボ(9:27)・・・小持山(10:04)[休憩 2分]・・・大持山(10:41)[休憩 2分]・・・妻坂峠(11:20)[休憩 2分]・・・生川登山口(一ノ鳥居)(11:43)

総距離 約9.8km 累積標高差 上り:約1,356m
下り:約1,356m
コースタイム 標準:6時間30分
自己:4時間28分
コースタイム倍率 0.69
関東地方は全域で雨予報。
山行不足でどこか山に行きたくて樹林帯で雨を遮ってくれそうな低山と言う事で武甲山にしました。
武甲山は雪予報でしたので念のためスパイクアイゼンを積み込みましたが必要ありませんでした。朝7時前に一ノ鳥居をくぐった先にある無料の駐車場に駐車。簡易トイレもあります。
先客1台のみ下山後も4台だけでした。まぁ雨ですからね(^^;)
駐車場直ぐ横に登山届のポストと生川登山口の登山道があります。
最初は緩やかな舗装道路を行くとコーヒーや週替わり鹿肉フードといったようなちょっと気になるお食事が出来るショップがありました。土日祝日の9:00~16:00の営業とありました。
武甲山までの表参道迄は丁石があって一ノ鳥居が1丁目から始まって御嶽神社の52丁目迄あり50㍍置き位にあり目安になっていいですね。
30分位で18丁目の不動滝に到着。水場になっていて美味しくいただきました。
不動滝から30分位で大杉の広場に到着標高1000㍍
その名の通り大迫力の大杉です。座る所もある広場で休憩には最適ですね♪
ここから10丁位樹林帯の登りが急登でした。40丁目を過ぎた辺りから緩やかにつづら折りに登っていくと最後の51丁目の分岐で広場に出ます。
両狛狼と52丁目の御岳神社、右には冬季使用不可とあったトイレ有、左にはおそらく両神山方面が眺められる休憩所の東屋があります。
順路に沿って神社の右脇に第二展望台と三角点、柵に沿って左に進むと第一展望台の武甲山山頂があります。残念ながら雪でしたので目の前は真っ白でした 残念(><)
ここからシラジクボ迄200㍍程一気に下ってシラジクボから小持山迄の登り返しおよそ200㍍は結構応えました。何度ももう山頂かなって思ったら違って更に先が現れるような場面が幾度かありました。シラジクボから30分位で小持山に到着!ちょっとした広場になってますが残念ながら本日は眺望は無し(><)
小持山から大持山へはまた下って登り返してを何回か繰り返し更に岩場登りもあって雪や氷付いている時は気を付ける必要あります。
大持山から妻坂峠まではとにかく下ります。スピードが出しやすいので足先に負担がかかり易く爪が痛くなるような急坂でした。
途中小ピークと言われるところを過ぎた辺りから雑木林の急坂下りでは足場が柔らかく雨の影響もあり靴の半分くらいまで足場が埋まりとにかく滑ります。その為なのか道の脇に土のうで作った道なようなのがありますのでそこを雨の日などはダブルストックでゆっくり下山するといいと思います。
登りでも下りもとにかく足を取られます。
妻坂峠からは比較的下山しやすい整備された登山道で20分位で下山できました。
帰りに武甲温泉で冷えた体を温めました。入浴料は¥700ですがたまたまサービスデーで¥300で入浴できました。広くて綺麗ですし露天風呂、休憩所もあって登山後には最適です。

YAMAPでは活動距離9.8km 高低差800m 累積標高1506mでやはり想像していた以上にアップダウンが多くあり低山ならではのハードな側面を思い知らされた感じでした。

登山中の画像
  • 車中よりの武甲山 生憎の雨
  • 採石工場を通過して
  • 一ノ鳥居に到着
  • 御岳神社の守り狛狼
  • 駐車場(無料)
  • 武甲山登山道の案内板
  • 登山届のポスト
  • 山頂部のトイレは冬季期間中は使用不可との事です
  • 最初はこんな林道を行きます
  • 舗装道路を少し登るとショップがあります
  • メニューは壁に書いてあります
  • 緩やかな杉林を登ります
  • 六丁目
  • 溜池かな
  • 八丁目 7月頃に20丁目辺りで熊の目撃情報との事(^^;)
  • まだまだこんなコンクリート道を進みます やっぱり石灰岩なのかな?
  • シラジクボ方面左と武甲山方面右への分岐 破線の登山道のようで左から登る人いるのかな・・・。
  • ここが登山道入り口と言われるところかな やっと登山道らしい道になりました。
  • 杉の樹林帯を緩やかに
  • 登山道入り口から10分位で不動滝に到着 水場があります
  • 十六丁目 お地蔵さんにご挨拶して
  • 直ぐ脇の橋を渡ります
  • 二十丁目 武甲山御嶽神社参道
  • 25丁目
  • こんな雰囲気な杉林の登り
  • 26丁目
  • 祠がありました 苔むして良い感じ♪
  • 31丁目は樹の根元に小さなお地蔵様
  • 緩やかで杉の落ち葉がクッションになって歩きやすいです
  • 大杉の広場に到着 標高1000㍍
  • そして大杉 確かに大きいです
  • 少し登るとこんな御神木
  • 35丁目では手作りのお地蔵様
  • ここでも大きな杉
  • 40丁目少し斜面がきつくなり始めます
  • 凄い根っこ道
  • 石灰岩もゴロゴロしてました
  • 48丁目 うっすら雪が・・・。
  • なんだか生命力感じます
  • 50丁目! あと少し
  • 51丁目(イチロー)シラジクボへの分岐点です
  • 右が武甲山山頂
  • 広場になっています 右へ行けば・・・。
  • 武甲山山頂トイレ冬季閉鎖中です
  • 左には東屋
  • 中はこんな休憩所
  • 御嶽神社
  • 武甲山の説明
  • 狛狼
  • 梵鐘
  • 少し登ると第二展望台
  • 三角点もあります
  • 柵に沿って左に進むと
  • 第一展望台の武甲山山頂広場
  • 1304㍍二百名山武甲山登頂 一ノ鳥居から約二時間ほどでした
  • 登山者へフェンス内へは立ち入り禁止などの注意書き
  • こんなのも
  • こちらは三角点ではなさそう
  • 残念な眺め でも少し採石場が見えた
  • 方位盤
  • 気温は1℃ 雪がチラついてました
  • 神社へ下ります 滑る滑る
  • シラジクボから小持山方面へ
  • 山の肩
  • 肩からの展望所 真っ白ですが・・・。
  • 一気に下ります
  • 1088㍍シラジクボ通過
  • こんな鞍部(コル)
  • ちょっと気持ちよく歩けるかと思えば・・・。
  • こんな足場の悪い道や
  • 滑りやすい根っこ道
  • 岩登りもあります
  • 武川岳方面
  • 先客がいました動物の足跡。 鹿かな
  • 武甲山方面
  • 1269㍍小持山到着
  • こんな広場です
  • 武甲山方面
  • 武川岳方面 なかなかの眺めでした
  • 道幅は細めですがピンクテープがしっかりあるので安心
  • 大持山方面 まるで紅葉の景色です
  • また下ります
  • 結構急です
  • 武甲山は少し
  • 根っこ道
  • 更に更に下ります
  • えっ? と思えば造花でした
  • 登り返せば
  • 1294.1㍍大持山到着
  • こんな広場
  • 富士見の丸太だそうです 勿論本日は見えませんが
  • 鳥首峠方面・妻坂峠方面・大持山山頂方面への分岐点
  • その分岐点からの展望所
  • 妻坂峠方面へ下山
  • 最初は残雪ありましたが
  • しばらく下ると無くなって下山し易かったです。
  • 妻坂峠到着 武川岳方面との分岐
  • 生川起点方面へ
  • 広くて歩き易くて下山しやすいです
  • 沢を渡って
  • 心地のいいせせらぎの音を聞きながら♪
  • 一ノ鳥居に帰ってきました
  • 帰りに武甲温泉だ温まりました 生川登山口より20分位の所で 料金は¥700(当日はサービスデーで¥300でした) 無休で10:00~22:00 露天風呂、休憩所もあっておすすめです。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?