登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
生藤山、陣馬山、景信山から小下沢梅林へ下山 生藤山、連行峰、醍醐丸、陣馬山、堂所山、景信山(関東)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2019年3月5日(火)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:高尾駅で中央線から中央本線に乗り換え、藤野駅に7:20到着。
    そこから7:25発の和田行きバス(野08)に乗り鎌沢入口バス停下車。

    帰りは梅の里入口バス停から15:41発のバス(高尾01)に乗り、高尾駅北口へ。そこから電車で帰宅。

  • 天候

    晴れ、快晴から徐々に雲が増えていった
    [2019年03月05日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鎌沢入口バス停(7:40)→軍刀利神社(8:29)→
三国山(9:06)[休憩10分]→生籐山(9:24)→連行峰(9:54)→山の神(10:13)→
醍醐丸(10:39)[休憩8分]→和田峠(11:12)→陣馬山(11:38)[休憩45]→奈良小峠(12:38)→
明王峠(12:44)→底沢峠(12:51)→堂所山(13:05)→景信山(13:53)[休憩27分]→
登山道入口(14:56)→小下沢梅林(15:19)[休憩8分]→梅の里入口バス停(15:36)


総距離 約20.3km 累積標高差 上り:約1,534m
下り:約1,610m
少し前のニュースで「小下沢梅林」の梅の花が見ごろと紹介されていたので、是非とも行ってみようと!
ついでに、生籐山から陣馬山へのルートも久しぶりに歩いてみたいな~と思っていたので、この機会に両方楽しんでしまえと(笑)、少し長めのコースだけど早朝に出発して、ぐるっと回ってみた。

前日までは二日間ほど続いた雨。
登山道がぬかるんで歩きにくいかなと思っていたが、陣馬山から景信山に向かう道中が所々どろどろでスリッピーになっていた程度で、思ったほど足元の状況は悪くなかった。

鎌沢入り口バス停を出発して、しばらくは集落の中を歩く。
所々に梅の花が咲いていたが、やはり雨の影響で大分散っていた。
振り返れば後で向かう陣馬山の姿、鎌沢休憩所から梅の木越しにその姿を存分に楽しみ、三国山、生籐山へ向かう登山道入り口から入山!
竹林に出迎えられた後は、心地よい雑木林の中をどんどん進む。

軍刀利神社の鳥居手前に良い展望ポイントがあり、青空バックの素晴らしい富士山と、丹沢方面の美しい山並みが見えた。前日までの雨は山岳地では雪になっていたのであろう、その積もった雪の白さが青空の背景に映えて、気持ちの高ぶる景色だった。

その景色は三国山、生籐山、茅丸の頂き辺りまでは続いたが、その後残念ながら徐々に雲に覆われて、陣馬山に到着するころには遠くの山々はモヤの中へと雲隠れしてしまった。
陣馬山には過去10数回登っているが、山頂から富士山の姿を見た回数は2~3回で、きれいに見えた事は一度もない…
もしかすると陣馬山とは相性が悪いのかもしれない。(笑)

ちなみに登山道としては、三国山から始まり醍醐丸まで向かう尾根道歩きは、見晴らしの良い個所も多数あり、植生の変化や足場の状況も変化に富んだとても楽しいルートだと思う。
何度通ってもワクワクとする、適度にアップダウンのある飽きない道のり。
木々を良く見ると、小さな花が咲いていたりと、春の息吹も感じる事が出来た。

醍醐丸から一旦標高を下げて和田峠に降り、そこからストイックな丸太の階段が続く陣馬山名物(?)の階段地獄を経て、開けたなだらかな広場のある陣馬山山頂に到着。
清水茶屋さんが営業していたので、お蕎麦を頂きお昼休憩。
ポカポカと日差しが心地よくて、ついつい長居してしまったが、まだ予定は先へと続くので再び出発!
この日はできるだけ巻き道を使わないを目標に、急ぎ足で進み、景信山に無事に到着。
少し休憩した後に、小下沢へ向けて下山した。

小下沢へのルートは初めて歩いたが、所々に滑ると危ない場所があったり、沢に出てからは石がゴロゴロしている少し歩きにくい足元の部分があったりと、思っていたより侮れない道だった。

沢沿いの林道に出てから、バスの時刻の関係もあり少し駆け足で進んだが、思っていたより小下沢梅林までの距離が長く、疲労困憊で梅林に到着!
大分散ってはいたものの、それでもきれいな梅の花を楽しめて、一日の山行の締めに素晴らしい景色を堪能できた事に感謝したいと思う。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...