登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
鳥居地峠より早朝の杓子山 杓子山・高座山(関東)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん
  • 日程

    2019年3月9日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中央自動車道富士吉田西桂スマートICより20分位
    鳥居地峠駐車場舗装道路の路肩に駐車できる駐車場から300m程進んだ登山口横にある駐車スペース(約5台位可能)に駐車

  • 天候

    晴れ(快晴)
    [2019年03月09日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鳥居地峠駐車場(5:38)・・・高座山(6:19)休憩2分・・・大権首峠(6:57)・・・杓子山(7:31)休憩17分・・・大権首峠(8:03)・・・高座山(8:32)・・・登山口(8:53)
コースタイム 220分(3時間40分)
自己タイム  195分(3時間15分) 休憩時間19分

コースタイム倍率 190分÷220分=0.86

天気は雨と晴れが日変わりで心配でしたが快晴。
杓子山はいつか富士山が眺められる絶好の好天日に行こうと狙っていました。
せっかくの快晴なので朝日に染まる富士を見たくて早朝5時半過ぎの日の出前ヘッドランプを装着して登山開始。
高座山までの中腹辺りで日の出を迎え裾野広がるオレンジ色の富士に感激です。
朝早くから山登りしがいがありました。
富士山があまりに綺麗で写真撮影しては立ち止まりの繰り返しでなかなか前に進めませんでした。

登山道はカヤト野原広がる高座山までのほぼ直登の道は噂通りの急登に驚かされました。山頂まで二回程ピークを越えますが、高座山山頂直下の登りが一番急です。

早朝6時頃とあって登山道は立派な霜柱道 まるで新雪の上を歩いているかのような感触でした。滑り台の様なこの急角度の斜面には少し怖かった(><;)
帰りの下りは大丈夫か不安が過ります。
気温が上昇すれば霜柱が溶けた泥状の急斜面を下るのは滑ったり転倒の恐れがあって危険かなと感じました。スパイクアイゼンで下るのも良いかもしれません。

高座山から杓子山へ向かう下りも結構急で岩や木の根っこ道や落ち葉等などで歩きやすいです。
でも片道3㎞程度の短い距離の割に急登が多くて結構腿にきました。
山頂まで後少しの所で巻くように笹道をつづら折れに登りますが、殆どが尾根道をアップダウンする直登なのがこのコースの特徴。なので常に振り返ると富士山を眺めることが出来、左手には三ツ峠山、南アルプス、正面に杓子山、右に樹林帯からの木漏れ日と鳥の鳴き声で気分よく登れました。
でも終始積もった雪のように深めの霜柱があったので雪山に登ってるようでした。
二時間位で杓子山山頂に到着!快晴ほぼ無風の貸切状態。
富士山は勿論、南アルプス甲斐駒ケ岳~聖岳迄の稜線が綺麗に眺められ、三ツ峠山、秩父山系、丹沢山系の山々等まさに360度の大絶景でした。名物の天空の鐘を満を持して一発撃ち鳴らし一人富士山を贅沢に眺めながら鐘の音色に浸りました。山はやっぱりいいなぁ~って実感させてくれる見事な絶景でした。
富士山を美しく眺め見る事が出来る 低山の魅力をたっぷり感じさせてくれる本当に良い山ですね♪
下山は心配していた高座山からの下りはまだ霜柱が溶けていなかったので、ストックを使って慎重に下れば大丈夫でした。
この時期は雪が積もっていなくても、急坂が多いので霜柱や凍りついた岩等で通常の自身のコースタイムより一割増し時間が掛かると思いました。
距離的に往復6kmは少し物足りなさを感じましたが、今回は時間の関係で杓子山迄としましたが、鹿留山までのピストンなら往復で9km位でいい感じの山行になるのかな。

駐車場は鳥居地峠の駐車場を利用しましたが舗装道路の側道スペースに5台程駐車できる駐車場が一般的ですがそこから300m程荒れ道を進んだ登山口入り口脇にも5台程停めることが出来ます。
15分程短縮できますが車高の低い車は注意が必要です。

登山中の画像
  • 5:38 登山口
  • 樹林帯を緩やかに登ります
  • 5:45 直ぐにカヤト野原に出ます 日の出迄20分前くらい
  • 足元はこんな感じ ザクザクと雪の上を歩行しているようでした
  • 5:46 振り返れば見事な富士山♪
  • 途中分岐の道 ホント直登です
  • カヤト野原広がる先に高座山(たかざすやま)と読む
  • 5:54 何度も振り返ってしまいます♪
  • 解りにくいですが霜柱が立っています ザクザク♪ザクザク♪
  • 時刻6:02 良い高さに登ってきてオレンジ色になってきました
  • 6:02 カヤト野原もオレンジ色に染まり始めました
  • 時刻6:04 本日一番オレンジ色に染まった富士山
  • 道標、ピンクテープがしっかりあるので安心
  • 三ッ峠山見えてきました
  • 時刻6:07 富士山の右側には南アルプスも
  • 時刻6:07 富士山と雲海に隠れていますが山中湖方面 何枚も撮ってしまいます
  • 角度が急になってきます
  • 霜柱のアップ
  • 伝わりにくいかもしれませんが結構急です はぁはぁ~息が切れてました
  • 流石に最後の方はロープを補助的に使いながら慎重に登りました
  • 下りは滑り台のようです
  • 6:19 登山開始から40分位で1304.4㍍高座山山頂に到着!
  • 山頂からの富士山の眺め 松の存在が何となくいいです
  • 太陽が・・・♪
  • ここに来てようやく杓子山がみえます
  • 四等三角点
  • 一旦下ります
  • 左側には三ツ峠山
  • 尾根道を真っ直ぐ杓子山へ向かって
  • なかなか杓子山は近づきませんが気持ちのいい陽気と鳥の囀りが癒されました
  • 三ツ峠山方面も常に♪
  • 倒木もあり
  • 振り返ると先ほどまでいた高座山と富士山
  • また急な登り返し
  • 岩登りすると
  • 鉄塔に来ました
  • そして目指す杓子山
  • お決まりのアングル
  • ここからの眺め三ツ峠山
  • 南アルプスも少し
  • 富士山と高座山と鉄塔
  • ここからまた急です
  • そして岩登りも
  • 稜線で一安心と思えば・・・
  • 急坂の下り(><;)
  • 6:57 おおざす峠に到着
  • 不動湯への分岐 トレランコースにもなっています
  • 杓子山登山ルートの案内板
  • 分岐をピンクテープに沿って
  • 最後の急登です
  • 太陽が昇ってきました
  • また振り返って♪
  • なかなかの急坂です ひたすら登ります
  • 残雪少しありました
  • そして笹道を杓子山を巻くように登ると いよいよクライマックス!
  • 時刻7:31 登山口から約2時間で1598㍍杓子山登頂!
  • 三等三角点
  • 奥秩父方面
  • 富士山どーん!
  • 三ツ峠山、八ヶ岳方面
  • 祠(御祖代山杓子宮)
  • 丹沢 檜洞丸方面
  • 富士山、山中湖、御殿場方面
  • 富士桜山岳会30周年記念山頂標識と
  • 南アルプス① 甲斐駒ヶ岳、鳳凰山、北岳、間ノ岳、農鳥岳
  • 南アルプス② 塩見岳、荒川岳、赤石岳、聖岳
  • 鹿留山(ししどめやま)1632m方面 杓子山より高いのですね
  • 山頂の感じ ベンチ、テーブルもあります
  • 杓子山の代名詞 天空の鐘
  • 山梨百名山の標木
  • 愛鷹山方面
  • 見事な裾野広がる富士山を楽しみました♪
  • 8:53下山 杓子山山頂から大体60分くらいでした。 登山口すぐ横の駐車場5台位可
  • 鳥居地峠駐車場 舗装道路の側道のスペース5台程可
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、登山計画書(控え)、健康保険証、非常食、行動食、軽アイゼン、GPS機器
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    木々の緑もだいぶ色づいてきましたが、ミツバツツジはまだ蕾です。まだ防寒具の用意を
    19年05月24日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年6月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...