登山記録詳細

雪山登山
参考になった 6
大菩薩嶺から源次郎岳へ 大菩薩嶺、源次郎岳、恩若峰(関東)
img

記録したユーザー

aoto さん

この登山記録の行程

大菩薩峠登山口(8:10)-丸川峠(5:55)-大菩薩嶺(11:25)-上日川峠(12:30)-中日川峠(13:10)-下日川峠(14:10)-源次郎岳(14:55)-恩若峰(16:30)-塩山駅(17:45)


総距離 約24.8km 累積標高差 上り:約1,839m
下り:約2,324m
 大菩薩峠登山口から大菩薩嶺に登った後、上日川峠に下り日川尾根から源次郎岳を経由し塩山駅まで歩いてきました。標高の高い所はまだ雪がありこの時期は溶けて凍っている可能性があるのでアイゼンは持参しました。しかし、歩く人が少ない日川尾根はワカンが必要な状態だと日没には間に合わないので持って行きませんでした(上日川峠で判断し無理なら大菩薩峠登山口に下山するつもりでした)。
 まだ山頂付近は雪が多いので塩山駅からのバスには私以外は7人程度のグループの方と1人の方のみでした。標高1500m付近からちらほら登山道に雪が見え始めました。1800mを超えると踏み跡が無いと歩くのがかなり大変な状態でしたが幸いにも雪が深い個所は全て踏み跡がありましたので助かりました。
 山頂に到着すると想定外の雪が降ってきて、雷岩を過ぎると本格的になりましたが急いで下り標高1600mまで下るとほとんど止みました。
 上日川峠からは歩く人がかなり減ります。前の週に登った丹沢の山とほぼ同じ標高で雪の量は想定内でした。登山道は最初2人くらいの踏み跡がありましたが直ぐに無くなりその後は動物の足跡だけでした。
 源次郎岳は山頂の木が伐採されており展望はありますが天気が良くないので残念でした。山頂から塩山方面へは急な下りが長く続きます。下り始めて直ぐ左手のピンクテープに引き寄せられてしまいましたが、下り口からは真っ直ぐです。ここを過ぎれば踏み跡もしっかり有り通常の登山道とあまり変わりません。巻き道もありましたが、せっかくなので恩若峰にもよって下山しました。
 下山後塩山駅までは果樹園の中を通り、一般道に出ます。塩山駅が見えたので細い道を直進したところ川を渡れずかなり遠回りしてしました。
 以前から気になっていた日川尾根は小さなアップダウンを繰り返しながら進みます。進む方向を少し悩むこともありましたが基本的に南西方向に真っ直ぐの尾根なので破線ルートの中では比較的分かり易かったと思います。天気はあまり良く無く眺望には恵まれませんでしたが尾根歩きを堪能できるルートでした。

登山中の画像
登山画像
国師ヶ岳かな?でも少し山並みが違うような気が…
登山画像
丸川峠からの眺め
登山画像
丸川峠から大菩薩嶺への道。踏み跡があるのは助…
登山画像
深いところはツボ足で進みます。
登山画像
大菩薩嶺が見えてきました。
登山画像
山頂。展望はありません。
登山画像
途中までは青空でしたが、山頂到着時には灰色に…
登山画像
雷岩付近からの眺め。到着した時には雪が降って…
登山画像
本格的に降ってきましたので急いで下ります。
登山画像
上日川峠から南に向かう尾根の道
登山画像
直ぐ人の踏み跡は無くなり、動物の足跡だけにな…
登山画像
大菩薩湖と小金沢山(中日川峠付近から)
登山画像
地元の山岳会の方が設置したのでしょうか。要所…
登山画像
電波塔のような施設がありました。ここを通り、…
登山画像
下日川峠まで来ると漸く源次郎岳の道標がありま…
登山画像
もちろん、手書きの道標もあります。
登山画像
大木から元気を少しもらいます。
登山画像
源次郎岳山頂は木が伐採され広いです。
登山画像
源次郎岳からの眺め
登山画像
源次郎岳からは延々ロープが張られた続く急な下…
登山画像
源次郎岳と歩いて来た尾根
登山画像
達筆な山頂の表示
登山画像
漸く塩山の街が見えてきました。
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

aotoさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

aoto さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年10月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!