登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
守門岳積雪期講習会登山(保久礼ルートで大岳まで) 大岳(上信越)
img

記録したユーザー

たぞ さん
  • 日程

    2019年3月17日(日)

  • パーティ

    5人 (たぞ さん 、ほか4名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:県道347号線の最終除雪地点に駐車(路肩に止める形)。朝6時過ぎの時点で相当の台数が止まっていました。

  • 天候

    晴れのち薄曇り。風弱い。
    [2019年03月17日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

0630 駐車場出発
0855 保久礼小屋
0955 キビタキ避難小屋
1120 大岳、大休憩
1230 キビタキ避難小屋
1255 保久礼小屋
1420 駐車場帰着


総距離 約12.2km 累積標高差 上り:約1,135m
下り:約1,135m
守門岳の大雪庇を見に行ってきました。Mt.石井スポーツ登山学校の実技講習会でした。

朝六時過ぎに県道347号線の最終除雪地点まで移動し、空いているスペースに駐車。そこそこの台数がすでに停まっており、入りきらない場合はどんどん登山口から離れたところに止めていくという感じです。

支度を整えて参加者ブリーフィングを行い、間もなく出発。最初はツボ足とストックで進んでいきました。登山者が多いこともあって良く締まって明瞭なトレースが付いていました。なだらかな雪面をあるいていくと徐々に木々の隙間から長岡や新潟方面の下界の様子が見えるようになってきます。越後三山や巻機山、米山、弥彦山塊などの新潟の山々の姿も。平野からよく見える守門岳だけに、こちらからも広く見渡せます。

歩行はというと特に危険個所、急斜面もなく淡々と歩き進める感じでした。保久礼小屋をパスし、キビタキ避難小屋についた時点でワカンを装着。スノーシューを持っていこうかなと悩んでいましたが、今年はほとんど出番がなかったワカンを今回は選択。

キビタキ避難小屋から先はすこしふわっとした雪面に変わります。とはいえ、雪自体は締まり気味なのであまり沈む感じではなく。森林限界をこえる、というか樹林帯が雪で完全に埋まる辺りまで来ると新潟平野方面、越後三山方面、そして粟ヶ岳方面の展望が一気に開けます。

新潟平野方面には弥彦山を筆頭として多宝山(新潟市最高峰)や角田山等で構成される弥彦山塊、その奥には日本海と佐渡が良く見えました。北方に目をやると間近に雪化粧をした粟ヶ岳。その奥には二王子岳から飯豊連峰へ連なる白い稜線。五頭山も見えました。南の方は八海山・越後駒ヶ岳。中ノ岳は越駒に隠れがちですがしっかりと見えました。さらには巻機山や米山、妙高山も。

展望を楽しみつつ大岳へ登頂。北側の稜線には鋭く発達した雪庇の姿があり、それだけでも満足いく景色でした。守門岳を構成する青雲岳・袴岳へ続く稜線の雪庇のほうはイマイチ迫力に欠ける感じ。。地形的には仕方ないのだとか。今年はそもそも少雪ですしね。団体さんが雪庇の上で休憩していたりしたのでガイドさんがやんわりと注意していました。

しばし山頂で休憩を取り、下山開始。薄曇りの天候になったおかげで雪が腐ることもなく、スムーズに下山できました。とはいえ最高峰の袴岳には登頂していないのでイマイチ不完全燃焼な感じです。後日、雪のあるうちにリトライしてみたいなーと思っていますw

登山中の画像
  • スタート地点
  • 最初は晴れてました
  • 冬場は林道を歩いていきます。途中で急斜面をショートカット
  • いい天気でした
  • 最初はツボ足
  • うさぎ
  • 保久礼小屋
  • 雪の断面を観察。
  • キビタキ小屋
  • ワカン装着
  • キビタキ小屋からは少し斜度がつきます
  • 樹林帯を抜けて展望が良くなります。
  • 自分はあえてトレースをたどらず、新雪面を歩くトレーニング
  • 少しだけエビのしっぽ
  • 大雪庇が見えてきました。 奥には昨年登った粟ヶ岳。
  • 青雲岳と袴岳。 袴岳が守門岳の最高峰。
  • 展望を楽しんで下山開始
  • 保久礼小屋の角煮
  • ゴール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たぞさんの登山記録についてコメントする

たぞ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!