登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
雪の大菩薩嶺登山 大菩薩嶺(関東)
img

記録したユーザー

きー さん

この登山記録の行程

大菩薩峠登山口(08:00)・・・丸川峠入口(08:19)・・・千石茶屋(08:28)・・・上日川峠(09:18)[休憩 8分]・・・福ちゃん荘(09:43)・・・大菩薩嶺(10:46)[休憩 15分]・・・賽ノ河原(11:38)・・・大菩薩峠(11:49)・・・石丸峠(12:27)・・・榧ノ尾山(13:33)[休憩 7分]・・・大ダワ(14:34)・・・多摩源流・小菅の湯(15:53)

総距離 約19.9km 累積標高差 上り:約1,724m
下り:約1,894m
コースタイム 標準:9時間
自己:7時間23分
コースタイム倍率 0.82
先週訪れた山で、予想以上の積雪に足を取られ、思うように進めなかった苦い経験を踏まえ、この先の山行のために御守りのような感覚で「ワカン」を購入!
そうなると「新しい道具は試しに使ってみたいな~」という気持ちになってしまい、まだ雪の残っている山という事で、「大菩薩嶺」へ行ってみる事にした。

この山には去年の春に一度登っているが、その時は友人に車を出してもらい、上日川峠までマイカー移動で入山した。
なので今回のように、大菩薩峠登山口から入山するのは初めて!

意外と長い上日川峠までの道のりは、所々見晴らしの良いポイントもあり、準備運動にはちょうど良い傾斜と運動量で程よく体が温まった。
途中から登山道に雪が現れだしたが、この時点ではそのまま進み、上日川峠の「ロッヂ長兵衛」前のベンチで、一息つくとともに軽アイゼンを装着して進んだ。

雪に覆われた登山道を進み、福ちゃん荘からは、大菩薩峠方面ではなく、一気に大菩薩嶺山頂を目指す「唐松尾根」へ向かう。
踏み跡がしっかりついていたので、雪はそれなりに深い所があっても、軽アイゼンだけで十分だった。
木々に覆われた静かな山頂の手前には、この山で一番見晴らしが良い「雷岩」がある。
近づくにつれて背後の風景はどんどん広がり、甲府盆地を一望できる抜群の眺望に、心を奪われる…
午前中は晴れとの天気予報を裏切る残念な曇天模様でも、富士山から南アルプスまで美しく見える、その景色は圧巻だった。
一度大菩薩嶺の山頂へ向かい、少し休憩してエネルギー補給。
その後雷岩に戻って、写真を撮ったりしながら、山の景色を堪能!
遮るものが何もない吹きさらしという事もあり、じっとしているとかなり寒い…
後ろ髪を引かれながらも、体温低下を避けるために先に進むことにする。

雷岩から大菩薩峠へ向かう稜線は、風が吹き抜ける影響なのか、雪が新雪に近い状態の個所が多く、足を踏み出すと時々ひざくらいまで埋まる場所があった。
満を持して「ワカン」を装着!(笑)
思った以上に快適に進めるようになり、嬉しい気持ちではしゃぎながら雪道を進んだ。

周囲の山々の景色を楽しみながら進み、大菩薩峠へ到着するところまでは至って順調な山行だったが、そこから石丸峠へ向かうと急に踏み跡も薄くなり、深い雪と急な斜面、ワカンでも足を取られる山越えに思った以上に苦戦した。
石丸峠からも雪道は30分ほど続いたが、標高が下がるとともに徐々に登山道の雪も薄くなり、夏道が現れて一安心。
そこから先はなだらかな登山道を延々と進み、小菅の湯を目指す。
徐々に変わる植生、美しい森の景色を楽しみながら、長く続く道のりを駆け足で進み、小菅の湯には予定より少し早めに到着!
ゆっくりと温泉を楽しむ時間的余裕もあり、内容充実の山行を終えることが出来た。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、コッヘル
【その他】 ワカン
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    暖かくなっていますが、周囲はまだ早春。ようやくヤマザクラが咲き、カラマツの新芽が出てきました
    19年05月15日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました