登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
塔ノ岳ラウンド【小学生の丹沢縦走】 塔ノ岳、丹沢山、鍋割山、三ノ塔、行者ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

社団法人ランナー 龍(たつ) さん
  • 日程

    2019年3月16日(土)~2019年3月17日(日)

  • 利用した登山口

    大倉  

  • パーティ

    3人 (社団法人ランナー 龍(たつ) さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大倉の駐車場に 9:50 天候が良く無いためか、空いている

  • 天候

    曇り後雪
    [2019年03月16日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
大倉(10:00)・・・牛首(10:40)[休憩 10分]・・・三ノ塔(12:50)[休憩 30分]・・・烏尾山(13:30)[休憩 10分]・・・政次郎ノ頭(14:20)[休憩 10分]・・・新大日(14:40)・・・木ノ又小屋(15:00)[休憩 10分]・・・塔ノ岳(15:40)

【2日目】
塔ノ岳(07:00)・・・塔ノ岳(07:05)・・・金冷シ(07:30)・・・二俣分岐(07:55)・・・鍋割山(08:27)[休憩 20分]・・・後沢乗越(08:57)[休憩 10分]・・・二俣(09:37)[休憩 10分]・・・大倉(10:50)

総距離 約20.4km 累積標高差 上り:約2,321m
下り:約2,321m
コースタイム 標準:10時間57分
自己:7時間40分
コースタイム倍率 0.70
2019年3月 丹沢の最新状況も合わせてお知らせします。

今回は、小学生の息子に縦走を経験させるべく、丹沢に出掛けました。
(パーティは3名となっていますが、2名です)


大倉から、牛首、三ノ塔経由で表丹沢を縦走し、塔ノ岳で1泊した後に、
鍋割山経由で下山する計画を立てました。

今回は、地図上でぐるっと円を描くようなルート取りで、小学生(高学年)にとって、程よいキツさと複数の山頂をまたぐ縦走、山小屋泊を経験させることが目的となります。
ゆっくりと進んでいけば小学生でも登れますよ。特に急登では無理に急がないようにしましょう。

天気予報は雪のち晴れ、ということでしたが、結局晴れることはなく、
雪がずっと降る中、展望のあまり良くない縦走となりました。

気温は登山口周辺で12℃、三ノ塔の尾根あたりで0℃くらいになります。
ウエアの脱ぎ着で体温調節してください。

雪は降っているものの、
積雪はなく、霜柱がザクザクとしていますが、登山靴で問題なく登れますし、
登山道の状態も問題ありません。

三ノ塔から塔ノ岳までの縦走では、子供が滑落しないよう近くで見守りながら
進みましょう。

塔ノ岳で到着すると、さすがに疲れていたのか、息子はぐっすりお昼寝タイム。

翌朝、夜の間に降っていた雪が積もってしまっていました。
標高が下がると積雪は無く、結局、スパイクやアイゼンが無くても
問題なく歩くことが出来ましたが、場合によってはまだ必要性があることは
言わずもがな、です。

私が引率していたとはいえ、標準タイムの7割で縦走できたことには
驚きました。登山も子供の成長を感じ取る一つのコミュニケーションなのかなと
思いました。

子供とは言え体力に個人差があるので、よく考慮し、エスケープも計画の上、実行に
移してください。

下の写真もご参考にしてください。

ブログの方も宜しくお願いします。https://mountain8.info/

登山中の画像
  • 登山届を出して出発
  • 大倉~牛首までの中腹から撮影。抹茶ラテ風のミステリーサークル(笑)※中央部のゴルフ場
  • トリケラトプスの頭?(笑)
  • ちょっとキツいルートだが、必死に頑張っています。
  • 緊急時用の看板 有事の際はこの看板が位置情報となる
  • 霜柱がありますが、登山道は問題ないです
  • 三ノ塔、到着 ここでカップラーメンの昼食をとる。休憩すると途端に寒くなるので要注意
  • 雪がしんしんと降ります
  • 息子曰く、これは万里の長城だそうです
  • 木道も新設され、尾根の整備状態は良好です
  • 塔ノ岳到着
  • 蛭ヶ岳はまだ雪が残るね
  • 子供が寝たのでビールでくつろぎタイム
  • お馴染み、尊仏山荘
  • 寝室です 空いています
  • 翌朝、積雪が・・・
  • 雪景色の縦走となる
  • 慎重に進むが、問題なく歩けます
  • 積雪はあっても寒さはそれほどでもない
  • 標高を下げると積雪無し
  • お父さんのザック代わりに背負ってあげるよと、疲労を労ってくれた。子供の成長に感動です。
  • 丹沢名物 謎の自動販売機「自販機泥棒逮捕」と書いてある 下山後に撮りました(笑)お疲れ様でした!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

社団法人ランナー 龍(たつ)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

社団法人ランナー 龍(たつ) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?