登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
平成最後の天皇山(成木尾根リベンジ) 成木尾根、合戦坂、天皇山、トヤハケ、つげ峠、水口峠、丸屋の頂き、大仁田山(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年3月30日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:50→山手線→代々木4:58~5:16→中央線→立川5:55~6:04→青梅線→東青梅/東青梅駅前6:31~53→都バス→成木一丁目四ツ角
    7:18

    復路:唐竹橋12:13→国際興行バス→東飯能駅12:38→飯能つけ麺12:40~13:00→東飯能13:06→八高線→拝島13:27→昭島温泉湯楽の里13:46~15:07→拝島15:28~31→青梅線→立川15:42~46→南武線→武蔵小杉16:29~37→東急目黒線→武蔵小山16:47

  • 天候

    曇り
    [2019年03月30日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

成木一丁目四ツ角バス停7:20→成木尾根ハイキングコース入口7:29→合戦坂7:48→送電線鉄塔61番7:51→二本竹分岐8:04→天皇山・迂回路分岐8:26→天皇山345m8:30~40→迂回路入口8:45→採石場の倒木で迂回路通行不能のため獣道をたどる!→堂所9:53~10:08→トヤハケ450m10:20→つげ峠10:25→独標430m10:29→水口峠10:37→新所沢線43号10:47→丸屋の頂き(独標504m)10:49→細田(大仁田山)分岐11:00→大仁田山505.4m11:04~18→429m峰11:28→馬頭観音11:32→林道11:50→唐竹橋バス停12:02

合計4時間42分


総距離 約10.5km 累積標高差 上り:約750m
下り:約695m
3月30日(土)は、先週敗退した成木尾根を逆ルートで大仁田山まで縦走して来ました!そしてその途中にある平成最後にふさわしい名前の天皇山にも登って来ました!

成木尾根の採石場迂回路は
、採石場の倒木が道を塞ぎ、迂回路の用をなしていません。途中まで行って、先に進むのが不可能になったので、あとは倒木の少ないところを繋いでいる鹿や猪の獣道をつたってなんとか反対側の堂所にたどり着きました。

その堂所は、先週道を間違えたほんの1m手前に安楽寺方面の矢印があり、それを見ずに堂所標識上の間野黒指方面の矢印だけ見て、この先に迂回路の入口があるのだろうと思って進んだのが道間違いの原因でした。でも採石場迂回路は通行不能箇所が何箇所もあるので、安全に登山しようと思ったら間野黒指方面に進むのがベターす。

今回のルートで逆から登る場合も、無理して迂回路に進まず南か北に下った方が安全です。

天皇山は採石場迂回路の東側にある345mの植林におおわれた展望のない地味なピークで、名前の由来はわかりませんが、別名二本竹の峰ともいうそうです。成木尾根ハイキングコース入口からここまでは起伏の少ない良い道が通じているので、元号の切り替わるこの時期に登っておくのも悪くはないかもしれません。

成木尾根の下側の取り付きの最寄りのバス停である「成木一丁目四ツ角」までは東青梅駅から都営バスの成木循環か飯能駅から国際興行バスの間野黒指行で行きます。東飯能駅からの方が10分ほど早く着けるので今回は都バスでアプローチ。バス停前の自販機で水分補給してから7時20分スタート。

バス停からほとんど丘陵のような成木尾根方面を眺めると尾根の末端に安楽寺という赤い屋根のお寺が見えるのでまずはそこを目指して進みます。

着いてみるとバス停から見えたのは古い文化財か何かになっている無住のお寺で、立派な仁王像がある山門があります。左上の方に人の住んでいる今の安楽寺があります。成木尾根は、その間にある梅林の小道を入ると左手に「成木尾根ハイキングコース」の標識があるので、そこから取り付きます。

成木尾根の下半分は、先程バス停から見えた通りのほとんど丘陵と言っていい道が続きます。途中で採石場で分断されているため荒れているのではと思っていたのですが、特にそんなことはなく、左手に安楽寺の墓園を見ながら歩きやすい緩やかな起伏がどこまでも続きます。

そして20分ほどで、合戦坂に着きます。ここは道が二又になっていて、右に登るのが正しい道です。

合戦坂を登りきると、ゴルフ場の鉄条網沿いの道となります。途中に送電線鉄塔が1箇所あります。そしてゴルフ場沿いの道が終わると二本竹への分岐があり、その後で道が大きく南にカーブすると345mピーク(天皇山)と迂回路の分岐に着きます。成木尾根ハイキングコース入口から約1時間で到着。

分岐から天皇山までは5分もかからないので、展望も何もないんだけど寄って休憩して行きます。平成の終わりに天皇山だけを目指す場合は、天皇山から南東に続く尾根を下ると成木のどこかに出られるようです。しっかりとした踏み跡があります。

天皇山から先程の分岐に戻って、いよいよ本日の核心部=天王山である採石場迂回路に取り付きます。迂回路は2つあり、1つ目は分岐から100mほど行ったところにある「事業区域境界線」の看板に手書きで書かれた「間野」方面への矢印に従って下り、大回りした後再び登り返す道。2つ目はさらに100mほど進み、尾根が採石場によって切断された手前まで行って、右側の尾根を下り、より採石場の近くを通って堂所を目指す道です。下り始めに「うかい路」と手書きで書かれた紙の標識があります。

現在は1つ目の大回りする道が主に使われているようですが、今回は2つ目のより採石場に近い方の道で行ってみました!

迂回路は水の流れていない採石場の倒木だらけの沢の源頭部を3本横断します。まず標識と赤テープが残っている普通のバリエーションルート風の尾根を下って行くと、古びた木の階段が出てきてそこを下って行くと1本目の沢があります。倒木はありますが特に問題はなく、対岸の階段を採石場が見おらせる高台に出ます。

ここから道は尾根を北に末端まで下って、間野方面に下った道と合流して大回りするようになっているみたいなんですが、それも面倒なので倒木の少ないところを縫って進んでいる鹿や猪の獣道を使って2つ目の沢に下り、また獣道を登って対岸の尾根に登り返します。

この尾根から3本目の沢に下ると、3本目の沢は二又に別れていて、向かって右側の沢に山道がついており、それを登ると堂所に着くのだなと推測できるものの倒木が酷くて進みようが無いので、また楽な獣道をよじ登り、反対側の迂回路分岐のすぐ近くの山道にたどり着きました!

迂回路分岐は堂所から道が分岐した少し先にあって、先週は堂所から直進してしまったため、見落とすもなにも通らなかったのがわかりました。ともかく迂回路入口からここまで距離は短いものの1時間10分近くかかって滅茶苦茶疲れたので2度目の休憩。

堂所から先は、トヤハケ→つげ峠→水口峠→独標504m→大仁田山と先週通った道を逆にたどっただけなんですが、つげ峠のすぐ先の先週通らなかった尾根に430mの独標があったのと、504mの独標に先週は無かった「丸屋の頂き」という山頂標識が建てられいるのを発見しました。大仁田山の標高が505mなので、5月5日に地元の小学生が集団登山しているみたいなんですが、 それに合わせてということなのかもしれません。

大仁田山からは、普通に下っても良かったんですが、登山コースになっている2つの道の間に簡単に下れそうなバリエーションルートを見つけたのでそこを下ってみました。429mピークを経由して行く尾根道です。ここは標識こそありませんが、山頂からはっきりとした踏み跡が続いています。

たどり着いた429mピークには何もなく、次の約420mピークに道祖神が祀られています。そして最後の333mピークから右に下ると真新しい林道に出て唐竹橋バス停に1時間かからずに下山することが出来ます。12時2分、唐竹橋バス停到着。

唐竹橋バス停からは、バスでさわらびの湯に行くことも出来るのですが、待ち時間が長いのでやめにして、飯能駅行のバスで八高線の東青梅駅まで行って、いつもの「飯能つけ麺」で新名物らしい「アサリそば」を食べました。塩バター味のラーメンです。

その後、八高線で拝島駅まで行って、2019年3月いっぱいで閉店になる秋川駅の阿伎留の湯の代替案としてこの間から目をつけていた「昭島温泉湯楽の里」に行ってみました。名前に昭島と着いていますが、拝島駅の方が近く、徒歩15~20分。

ここは、拝島駅から玉川上水の遊歩道を辿って行く非常に環境の良いところにある、山の帰りに途中下車して寄っても、山の良い雰囲気を壊さない日帰り温泉です。雰囲気だけで言ったら先週行った河辺の梅の湯より上です。でも青梅線で帰って来た場合、拝島で途中下車するのは面倒なので五日市線沿線の山に行った時にプランとして入れるのが良いと思います。

料金は土日910円。泉質はpH9.0のアルカリ性単純温泉。ただ、スーパー銭湯的な日帰り温泉なので中は広く、浴槽もたくさんあるのですが、温泉を使った浴槽が少ないのが欠点といえば欠点です。これは梅の湯も一緒ですが…。

ここで1時間少々汗を流した後、拝島駅まで戻り、帰りは南武線経由で武蔵小山まで帰りました。

東青梅駅前 梅74〔成木方面〕[都営バス]時刻表
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00017510/00004195/1/

飯能駅 飯11/11-2〔間野黒指方面〕[国際興業バス] 時刻表
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00124293/00029157/1/

唐竹橋 飯01-2他〔さわらびの湯-湯の沢方面〕[国際興業バス] 時刻表
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00124324/00029154/0/

飯能つけ麺 一恵 東飯能出張所 - 東飯能 | ラーメンデータベース
https://ramendb.supleks.jp/s/76786.html

東京都昭島市の温浴施設「昭島温泉 湯楽の里」
https://www.yurakirari.com/yura/akishima/

登山中の画像
登山画像
先週と逆なので、東青梅駅前バス停からスタート…
登山画像
そして先週の終点、成木一丁目四ツ角バス停に到…
登山画像
安楽寺の古い山門の前を左に進む。
登山画像
山門の中には立派な仁王像がある。
登山画像
安楽寺の現在人の住んでいる本堂手前の梅林の道…
登山画像
すると成木尾根ハイキングコースの標識がある。
登山画像
でも採石場不明箇所ありとも書いてある!
登山画像
先週あった標識三兄弟はこちらから登っても建材…
登山画像
次に黒山の標識。
登山画像
あと山火事を防ごうと書かれた現在地を示す標識。
登山画像
合戦坂の二又に着いた。右の登りが合戦坂らしい。
登山画像
登りの途中にある合戦坂の標識。
登山画像
合戦坂を登り切ると「小沢峠黒山方面は採石場で…
登山画像
その横に、迂回路を示した紙の標識があれど、雨…
登山画像
六一番の六がほぼ消えかけた鉄塔の下を通る。
登山画像
そしてしばらくゴルフ場の鉄条網にそって進む。
登山画像
ゴルフ場を離れると、二本竹というところおりる…
登山画像
採石場の迂回路と345m峰(天皇山)の分岐に着い…
登山画像
まずは天皇山をピストン往復して行く。平成が終…
登山画像
天皇山は別名二本竹の峰とも言うらしい。ってい…
登山画像
さっきの分岐までもどって100mぐらい行くと、間…
登山画像
でもその先に進んで採石場との境界で行ってみる。
登山画像
境界からの採石場の眺め。下は崖になっているの…
登山画像
でも右の尾根を下ると、うかい路の古びた標識が…
登山画像
最初はやぶも何もない歩きやすい下りで、テープ…
登山画像
たまに古びた標識も。
登山画像
でも段々道は急になってきて、朽ちかけた階段を…
登山画像
そして1本目の涸れた沢を渡ります。ここの迂回…
登山画像
1本目の沢を渡ったらふたたび朽ちかけた階段を…
登山画像
登り切った小ピークにあった標識。道がわりとま…
登山画像
正しい迂回路のルートは尾根を北に末端まで下っ…
登山画像
2つ目の沢を渡った対岸から今来た方向を振り返…
登山画像
採石場の眺め。
登山画像
そしてもう1ピーク越えて3つ目の沢に下る。3…
登山画像
迂回路分岐到着。厳密にいうとここに着いたので…
登山画像
小沢峠へは斜面をよじ登るみたいです。
登山画像
よじ登った上が先週道を間違えた堂所。矢印の方…
登山画像
正しいルートは標識の手前の木に書かれた矢印の…
登山画像
堂所からは先週通った道なので楽々。まずはトヤ…
登山画像
続いてつげ峠に到着。
登山画像
つげ峠の先で先週通らなかった尾根を通ったら430…
登山画像
水口峠に到着。
登山画像
新所沢線43号を通過。
登山画像
そして独標504mに着いたら、先週は無かった「丸…
登山画像
細田分岐到着。小沢峠行くと面倒なんで、大仁田…
登山画像
大仁田山山頂分岐。5分もかかりません。
登山画像
大仁田山山頂到着。5月5日に地元の小学生が集…
登山画像
そのためか、先週なかった不思議な鹿かカモシカ…
登山画像
大仁田山からの眺めは相変わらず。天気が良けれ…
登山画像
大仁田山からの下りは、ついでなんで429m峰を通…
登山画像
でも429mピークの次の420mピークには馬頭観音が…
登山画像
最後は真新しい林道に出る。
登山画像
唐竹橋に到着。さわらびの湯に行こうかとも思っ…
登山画像
飯能駅の手前の東飯能駅でおりて、いつもの飯能…
登山画像
新名物らしい「アサリそば」を食べた。
登山画像
そして東飯能駅から八高線に乗り。
登山画像
拝島まで行って途中下車。
登山画像
拝島駅から桜満開の玉川上水沿いをしばらく行く…
登山画像
昭島温泉湯楽の里に到着。もっと町中にあるのか…
登山画像
湯上がり後、缶ビールで乾杯。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!