登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
高尾山口駅→高尾山→(南高尾山稜)→高尾山口駅(2019年春) 高尾山 大洞山(関東)
img

記録したユーザー

カメノコウタロウ さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(07:30)・・・琵琶滝(07:55)・・・高尾山(09:00)[休憩 10分]・・・大垂水峠分岐(09:30)・・・大垂水峠(10:05)[休憩 5分]・・・大洞山(10:45)・・・中沢山(11:15)[休憩 10分]・・・西山峠(12:00)・・・三沢峠(12:25)[休憩 10分]・・・草戸山(13:00)[道迷い 40分]・・・四辻(14:45)[休憩 5分]・・・高尾山口駅(15:00)

総距離 約15.4km 累積標高差 上り:約1,527m
下り:約1,527m
コースタイム 標準:6時間20分
自己:6時間10分
コースタイム倍率 0.97
 今回は春を味わうために高尾山と南高尾山稜を歩いてきました。温かい日差しの中、あちこちに桜やスミレが咲いていて、また、広葉樹の芽吹きも瑞々しく、春を十分に楽しめました。ただし、今回は、後で詳述しますが、注意不足で草戸山で道迷いをしてしまい深い反省の中で終わった山歩きになってしまいました。
 高尾山は、6号路で登りました。桜は、高尾山山頂と山頂から城山方面への下りにまとまってあり、満開の一歩手前でした。この他にも、コースの所々で桜が咲いていて、中でも南山稜の見晴台の左右には立派な桜がありましたが、こちらは散り始めていました。スミレはコースのあちこちに咲いていて春を楽しませてくれました。また、落葉広葉樹の芽生えも温かい日差しの青空に映えていましたし、常緑広葉の草木の芽吹きもとても瑞々しく、春を感じさせてくれました。なお、ツツジも咲いている木がありました。この季節(4月上旬)に山歩きをするのは初めてですが、これほど素晴らしい山歩きができるとは予想していませんでした。
 コースの状況ですが、高尾山からモミジ台を過ぎて直ぐの大垂水峠への分岐には立派な標識があり、「学習の歩道」経由で大垂水峠まで行けます。そこからは、関東ふれあいの道の「湖のみち」になりますので、三沢峠までは標識もしっかりとあり迷うことはないかと思います(「湖のみち」は三沢峠からこのコースを離れて梅ノ木平へ向かいます)。三沢峠以降も標識はあるのですが、草戸峠までは分岐があり、その標識が少しわかりにくいので注意が必要です。特に、私が道迷いをした草戸山山頂(松見平休憩所)は、三沢峠方面から来ると高尾山口駅方面と「はなさき休憩所」方面に分かれるのですが、高尾山口駅方面の標識の文字が反対側に書かれているのと、「はなさき休憩所」方面の道はシッカリと分るので、分岐であることに注意しないと、ついつい「はなさき休憩所」方面の道に入ってしまいます。十分に注意してください。小さな祠がありますが、高尾山口駅方面は祠の左側を入っていきます。草戸峠を過ぎると四辻までは分岐もないので分かりやすいかと思います。なお、三沢峠以降は四辻までアップダウンが繰り返されるので、梅ノ木平方面へ下山することも次回は検討したいと考えています。
 最後は、高尾山口駅で温泉に入って反省会を行い帰途につきました。

登山中の画像
  • 朝の高尾山口駅。改装後初めて来ました。
  • ケーブルカーの駅の桜。ほぼ満開です。
  • 6号路の琵琶滝。
  • 6号路のスミレ。
  • 6号路のシャガ。
  • 高尾山山頂の桜。満開一歩手前です。
  • 山頂付近からの富士山。春なので朝でも霞んでいます。
  • 山頂付近の桜。
  • 山頂から城山方面への下りにある桜。
  • ツツジが咲いていました。ミツバツツジですかね。
  • 山頂からモミジ台を過ぎて直ぐの大垂水峠への分岐。立派な標識があります。「学習の歩道」経由で大垂水峠まで行けます。
  • 学習の歩道のスミレ。
  • 大垂水峠の歩道橋。
  • 常緑広葉の草木の芽吹き。新緑が瑞々しいです。
  • こちらも常緑広葉の草木の芽吹き。大洞山から中沢山付近は常緑広葉の草木が多かったです。
  • 大洞山山頂。
  • 落葉広葉樹の芽生え。暖かな日差しの青空に映えていました。
  • ここにもツツジが咲いていました。こちらもミツバツツジですかね。
  • 中沢山の巻き道。新緑が目に染みます。
  • 見晴台手前の桜の大木。
  • 見晴台。この山稜のベンチにはリュック掛けが付いています。
  • 見晴台から津久井湖方面。満開の桜が散り始めていました。ここからは霞んでいましたが丹沢方面の山々が眺望できました。残念ながら富士山は見えませんでした。
  • 西山峠と三沢峠の間のスミレ。
  • 三沢峠付近のヤマブキ。
  • 草戸山山頂(松見平休憩所)。右が三沢峠方面。左が「はなさき休憩所」方面。高尾山口駅方面は手前方向ですが、標識の文字が三沢峠方面からは見えません。また、道も「はなさき休憩所」方面の道はシッカリと分かるので、分岐であることに注意しないと、ついつい「はなさき休憩所」方面の道に入ってしまいます。注意してください。
  • 標識を「はなさき休憩所」方面から見たもの。こちらから見ると高尾山口駅方面と書かれていることがわかります。
  • 四辻に向かう山道からの桜。
  • 途中で、ヤマツツジも咲いていました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カメノコウタロウさんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    カメノコウタロウさん、ご無沙汰しております

    ほぼ同じコースを冬枯れの時期に歩いたことがありますが、やはり春に歩くと花も咲いていて彩りも楽しいですね。
    また、歩いてみたく思いました。

  • カメノコウタロウ さん
    すてぱんさん、コメントありがとうございます。
    こちらこそご無沙汰しています。暇を見つけて山歩きをしたいと考えているのですが、いろいろあって山歩きの間隔が大きく空いてしまいます。
    今回の南高尾山稜のコースは、昨年のすてぱんさんの記録を見て、ツツジが咲く時期の前に、どの程度歩けるかを試すためにアクセスとコースタイムだけを考えて選んだコースで、コース自体はあまり期待していませんでした。ところが、予想に反して、春を満喫できる楽しいコースで、この時期の山歩きの楽しさを十分に教えてもらいました。また山においでということですかね。
    ところで、すてぱんさんの方は本格的なツツジの季節を前にして、早くもいろいろと行かれているようで、私の山歩きの参考にさせて頂きたいと考えていますので、次回の記録も楽しみにしています。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カメノコウタロウ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...