登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
青梅丘陵 永山公園~辛垣城跡~雷電山コースはつらいよ。メタボ登山2019 雷電山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

青梅鉄道公園、永山公園入口08:59・・・09:08金毘羅神社・・・09:14第一休憩所・・・09:23第二休憩所・・・09:29ムラサメ橋・・・09:41第三休憩所・・・10:00第四休憩所&桜林・・・10:05トイレ休憩所&トオノクボ坂・・・10:13矢倉台10:28・・・10:33日向和田分岐・・・11:05辛垣城跡あと2km・・・11:15昼食休憩11:45・・・12:05企業の森&辛垣城跡あと700m・・・12:20茶色系鉄塔・・・12:25名郷峠・・・12:27辛垣城跡への分岐・・・12:36辛垣城跡&辛垣山12:45・・・12:55巻道合流・・・13:27雷電山13:38・・・13:40杉山ドロップス1部・・・14:00杉山ドロップス2部・・・14:09榎峠登山口・・・14:27平溝銀座分岐・・・14:42軍畑駅

Windy予報を「曇りところによりみぞれ」「気温0℃」と読み。本来は「古里駅~赤杭尾根~川苔山~百尋ノ滝~川乗橋BS メタボ隊(ヤマケイ1.25倍)約10時間山行」を予定していたのだが、この時期で「予想気温0℃」は遭難しそうなので、友に相談すると「青梅丘陵の雷電山!」と即決! みぞれが予想される「高曇りの日」は、青梅丘陵の楽な山行が良いようです・・・。ところが実際はちょっと以上にハードでした。

【 永山公園入口~ムラサメ橋 】 ・・・鉄道公園下の桜。金毘羅神社。ムラサメ橋。
 小学生の頃は、鉄道公園&ムラサメ橋は「歩け歩け遠足」の定番でした。あの頃は、鉄道公園の横にも遊園地がありました。観覧車が残っていたら良い観光スポットになっていた?かな。今は、青梅駅から登ってくる斜面に「桜の林」があり、鉄道公園まで続いています。もう少しすると見頃かな。
 歩きはじめると直ぐに「金毘羅神社」があります。屋根の色が独特な緑がかった色です。昔から変な色でしたが、今も変な色(ロクショウの色とは違う)です。
 第二休憩所を越えると「ムラサメ橋」があり。子供の時は、ここまでが限界でした。道も細く暗かった。今は広々しています。早朝散歩の年を重ねた人が多いのに驚きです。

【 ムラサメ橋~トイレ休憩所 】 ・・・矢倉台まで1km。斜面一杯の山桜?
 しばらく植林地帯を歩くと「矢倉台まで1km」道標があり。青梅市街(多摩高校など)が見えます。ほんの少し歩くと「斜面一杯の桜の木」が植えてありました。まだツボミが固いのですが、これが咲いたら「青梅のさくらの新名所」になるでしょう(既に一部では有名かな?)。ここを過ぎると「トイレ休憩所」があります。このコースで唯一のトイレでしょうか。毎日掃除がされている様で非常にキレイでした(散歩と行でしょうか)。

【 トイレ休憩所~矢倉台~日向和田駅分岐 】・・・「矢倉台」前に地味にキツイ坂。
 トイレ休憩所から、いきなり登坂(トオノクボからの地味にキツイ坂の感じ)。しかも長い直線。雨が降ると滑りそう。ここはゆっくり確実に歩きましょう。
 「矢倉台」が見えたら直登の道もイイのですが。先に行って、少し戻る方が安全です。矢倉台からは「吉野梅郷(梅の公園も)越しに麻生山?」が見えます。高曇りなのに麻生山には雲が掛っていました。思ったより雲底は低かったようです(川苔山は雲の中か)。
 矢倉台を越えると「日向和田駅分岐」に着きます。ここまでがハイキングコース前半でしょうか。ここを過ぎると山道になります(やっと登山靴の出番です)。何度か来たような親子連れは、ここから戻っていきました。コースの名前は「バイキングコース」になっていました。落書きした人には雷電山から「ギガデイン」が御見舞されるでしょう。


【 日向和田駅分岐~昼御飯~辛垣城跡 】・・・なんとUp&Downの多いこと。
 採石場が見えたり。No.6は三芳山だったり。企業の森というはげ山。
赤胴色の鉄塔。名郷峠に御神水PETボトル入り。そして城に攻め込む。
 ここからは何回も上り下りを繰り返し。道標153-S-120を過ぎた開けたピークで昼食。ウグイスが上手に鳴いてBGM。30分の休憩中ずっと鳴いていました。
 途中の「No.6看板」に三芳山の表記???「三方山」じゃないの?どれが正解かは「5才のあの子」なら知っているかも。「企業の森」を越えて。鈍い百式色の鉄塔を越え。名郷峠を越え。辛垣城跡分岐にたどり着きます。
 ここからは城攻め!途中不明瞭な所があるが、先を見ると道が見える。一度平坦な所があり、城門に到着。城跡の説明書き。山城?は小さいな。写真を撮り発進!

【 辛垣城跡~辛垣山~雷電山 】・・・辛垣山、雷電山。
 辛垣城跡を後にすると、すぐに辛垣山に着きます。杉の門を越えると、道には時々見かけた動物の糞。これはニホンカモシカのものでしょうか。ここまでに数カ所ありました。結構下り、大きな窪地(ガケ付き)を越えると巻道との合流(分岐)です。途中で「軍畑大橋」が見えます。巻道から約30分で雷電山に到着!クライマックスは短時間で終わりました(と、この時は思っていた)。
 雷電山の山頂碑(高尾山に似ている)には落書きはありませんでした。何時か誰かが「電電山」と尻尾をつけるでしょうか(狸なら付けるかな)。トレラン人が15人位の集団が山頂で休んでいました。集団も5人程度に抑えられないでしょか。「こんちわ~~~~」の「~」が人が多いと辛い!(「わ~」を延ばすと疲れが取れる感じがするのは私だけ?)
 雷電山で写真を撮り下山開始。

【 雷電山~杉山ドロップス1&2~軍畑駅 】・・・ただひたすらに下る下る。
   雷電山。杉の木。長い坂道。これで想像するのは「サンダー杉山、雷電
ドロップ」しかありません!当然「杉山ドロップス1&2」かな。
雷電山から榎峠までの下り坂(逆は当然上り坂)。友は「甘く見ない様に。結構キツイから。」と念を押されていたのですが。鷹ノ巣や、六つ石、本仁田山、川苔山で鍛えたメタボ足は、そんな軟じゃない!と自信過剰になっていました。
下れども、下れども下り階段が続く。木の新しくなった部分は「杉山ドロップス パート1(上の方)」、古いボルトが露出している部分は「杉山ドロップス パート2(榎峠から)」と名付けて降りました。
階段の坂道は許してくれませんでした。昨年鷹ノ巣で痛めた左足親指は、今日現在黒くなり始めました。このコースは「舐めたら駄目」です。でも、このコースは楽しい。花の咲く季節ならもっと楽しいかな(と思う)。雨降りが予想されたら絶対行きたくない!



 川苔山は暖かくなったら行く事にしましたGW? でも真夏は、山頂に日陰が無いので行かない。その前に「御岳山カタクリ撮影」か「御前山カタクリ撮影」かな。
 この青梅丘陵は入門編の「おにぎり山コース」もあります。第四休憩所の山桜の開花も気になるし・・・・・。

 最後に「サンダー杉山! 雷電ドロップ!!」

登山中の画像
登山画像
0859 永山公園入口
登山画像
0901 永山グランド 昭和天皇皇后植樹の松があ…
登山画像
0907 武蔵御嶽神社遥拝所
登山画像
0908 金毘羅神社。屋根の色が独特の緑系。
登山画像
0910-1 神社南西方向の青梅市内
登山画像
0914-1 第一休憩所発見!
登山画像
0916 塩船観音、筑波山方向
登山画像
0923 第二休憩所発見!
登山画像
0929 ムラサメ橋
登山画像
0941 第三休憩所
登山画像
0948 矢倉台まで1km地点
登山画像
0950 南東方向の青梅市内
登山画像
1000 第四休憩所
登山画像
1002 斜面一杯の山桜。満開の頃に是非来たい!
登山画像
1005 トイレポイント。この後は無い。
登山画像
1007 トオノクボを思わせる長めの坂。トイレ坂…
登山画像
1007-1 案内板。トイレ休憩所。
登山画像
1012 矢倉台が見えた!
登山画像
1013 攻略成功!この調子で辛垣城も落とすぞ!
登山画像
1016 吉野梅郷の梅の公園越しに麻生山に雲が。
登山画像
1033 日向和田駅分岐。ここから山道。辛垣城跡3…
登山画像
1033-1 誰だ!「バイキングコース」にした奴は…
登山画像
1043 楽しい登りスタート。
登山画像
1044 道はこんな感じ。雨の日は大変そう。
登山画像
1047 もう「戻れない~♪メタボ隊」行くしかねぇ…
登山画像
1049 下り。
登山画像
1052 青梅丘陵は杉の中にある。
登山画像
1052-1 雨が降ると面倒クサそう。
登山画像
1054 大まかな土止め。
登山画像
1057 なんか明るい部分。
登山画像
1057-1 禿山部。トレラン人が通り過ぎる♪
登山画像
1100 たまには平坦。
登山画像
1103 そして下り。
登山画像
1108 平坦
登山画像
1109 まだ遠い雷電山3km
登山画像
1110 石神前駅分岐。振返り
登山画像
1111 4月7日は高水トレランの日
登山画像
1112 岩の露出部。
登山画像
1114 トレラン道案内板
登山画像
1115 昼食休憩30分。上手に鳴くウグイスがBGM。
登山画像
1146 楽しそうな道。
登山画像
1149 木の根道。
登山画像
1151 現在地 三芳山?三方山じゃないの?
登山画像
1201 木の根の登り。
登山画像
1203 そして下る。
登山画像
1207 企業の森看板付近。軍畑大橋方向が開けて…
登山画像
1212 トラロープ坂。振返るとこんなん感じ
登山画像
1216 プルートの木
登山画像
1217 監獄ロック!
登山画像
1220 鈍い百式色の鉄塔。シャーが居ない。
登山画像
1220-1 今日の太陽。高曇りより雲底が低かった…
登山画像
1222 トラロープの下り
登山画像
1225 名郷峠又は長尾峠387m
登山画像
1227 遂に辛垣城に攻め込みます! 巻道は左側。
登山画像
1233 道が不明瞭?
登山画像
1236 シャガ?の大手門から入城。
登山画像
1237 城内は倒木で苦戦。
登山画像
1238 辛垣城攻略成功!
登山画像
1245 少し行くと辛垣山456.8m
登山画像
1246 結構下ります。
登山画像
1249 搦手門?金沢城でいう石川門(裏門:兼六…
登山画像
1249 こんな感じの下り。
登山画像
1251-1 ニホンカモシカの糞?鹿?タヌキ?ここ…
登山画像
1254 窪地発見、進入禁止! 気象条件により二…
登山画像
1255 振返り。右は巻道。左は辛垣城跡。
登山画像
1300 また登り。
登山画像
1302 軍畑大橋が見えたけど。この距離、この高…
登山画像
1319 楽しい植林地帯。花粉症対策には何故か蕎…
登山画像
1324 曲り角の道標。
登山画像
1324-1 雷電山が近い?
登山画像
1326 この丘が雷電山!名前と違い優しい感じ。
登山画像
1327 軍畑から来ると雷電山を素通りするかも。…
登山画像
1335 採石場とトレラン集団。出来れば次第5人…
登山画像
1336 雷電山の山頂碑。高尾山に似てない?「R」…
登山画像
1338 最終降下開始!
登山画像
1339 この後は長~い下りの階段が続くとは知ら…
登山画像
1340 杉山ドロップス パート1
登山画像
1342 右は交換した木片の山?なおも続く杉山ド…
登山画像
1344 誰も休んでない杉。乃木坂ヘイの杉?
登山画像
1344-1 振返って見ると長げ~!杉山D-P1
登山画像
1347 また登り。トレランの人が増えてきた!
登山画像
1348 コース8番
登山画像
1351 木の根もあります。杉山D-P1
登山画像
1353 振返るとやっぱ長い。これを作った人に感…
登山画像
1355 階段や木の根以外は、こんな石ころ道。
登山画像
1356 榎峠まで300m。あと少し。
登山画像
1400 ?階段の木が古い?
登山画像
1400-1 杉山ドロップス パート2。階段の木が…
登山画像
1401 露出ボルトに注意!杉山D-P2
登山画像
1406 道が見えた!杉山D-P2
登山画像
1408 やっと着いた!足と爪が痛い。
登山画像
1409 榎峠登山口。トレランはここを通過します。
登山画像
1442 軍畑駅に着きました。
登山画像
1451 このコース。甘く見るとケガします。即日…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...