登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
伯州山イワウチワ偵察: 09 4月 2019 伯州山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん

この登山記録の行程

津山9:00→9:50赤和瀬Ⓟ10:10→10:15 滝谷登山口→10:30新ルート分岐→11:37山荘→11:45伯州山頂12:35→12:40伯州山荘→13:13本谷登山口→14:00舗装路終点→14:22赤和瀬Ⓟ14:40⇒15:40帰着

↑521m ↓484m 6.8㎞ 4:10分 6,808歩
イワウチワの花見に出かけてきた。昨年少し遅かったので、今年は早めに思い付き、伯州山へ出かけてみた。しかし現地は雪解け直後、蕾だけの確認山行になりました。

赤和瀬集落一番奥の民家上手に駐車中の先行車を過ぎ、田圃の路側へ駐車します。少し引き返して民家の横から滝谷ルートへ進入します。

新尾根ルート分岐に着くと、先行者の方が沢に降りて何やら撮影されている。そのまま通り過ぎ、新ルートへ入った。

幾筋も雪渓が沢へ落ち込んでいる谷に沿ってしばらく登ると階段が続いている。途中所々雪に覆われる急登を登る。この辺りがイワウチワの花が咲くところだが、まだ蕾しか確認できません。

陽当たりの良い南斜面もまだ蕾です。これは早すぎたと直感しました。遊歩道から尾根に取り付きますが、この辺りも花は見当たりません(◞‸◟)・・・

マンサクの花が代わりに迎えてくれます。こちらは見頃のようです。タムシバはまだ蕾でした。先ほど下で追い抜いた登山者が、尾根の手前で追いつて来られ、挨拶します。

尾根上もイワウチワの群生が続いているのですが、今はまだ蕾が見られるだけ。2つ小ピークを越えて、白州山荘へつながる稜線へ乗ると蕾の数も増えてきます。今年は当たり年かな?・・・期待が持てます。

ゆっくり歩いて1時間、伯州山荘が見えてきました。話し声が聞こえ、先行者と滝谷ルートを登られた4人パーティーが談笑されている。お昼休憩されている様子。挨拶してそのまま山頂へ向かいます。

残雪を踏み山頂にはお昼前に到着しました。目の前に蒜山から大山の稜線が浮かんでいます。日向ぼっこしながら360度の眺望を楽しみます。

恩原三国山、天狗岩や三十人ヶ山、泉山ののぞき岩も確認出来ます。皆生から日本海も望め、素晴らしい眺望です。ついこの間まで通っていた、おんばら高原もなだらかな稜線を見せてくれています。

今日は気持ちよい山頂でお昼。用意していると単独登山者の方が到着された。お話を聞くと管理人の生まれた部落と、同郷の方でした。

一時間程山頂でまったりし、下山は本谷を降りてみることにした。今回は雪渓歩きを覚悟しないといけないようです。根曲がりだけにつかまりながら。慎重に残雪の急斜面を降りた。

谷底に降りてからも三度ほど小谷の渡渉があり踏み抜きに注意しながらトラバース。
こんな時スキーなら難なく歩けるが、ツボ足の横断はちょっと緊張します。

本谷登山口へ降りてやれやれです。後は林道を下れるのですが、残雪が覆って、多いところは1m位の雪が残っています。何度も踏み抜き、汗まみれで下って行くことになった。

いつもなら、蕗の薹を取り、タムシバを観賞しながら下る道だが。今日は忍耐の下りだった。ズボッ ズ々と嵌る雪に足を取られて何度も転びながら下りました。

最後に駐車地で、出始めた蕗の薹を少し収穫、フキ味噌を楽しみに無事帰路につきました。

今日も自然に癒され、お山に感謝です。\(^o^)/・・・
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/04/201949.html

登山中の画像
  • 滝谷登山口を進入します
  • 残雪がある
  • 新尾根ルート分岐
  • イワウチワは蕾
  • イワナシも蕾
  • タムシバも蕾
  • マンサクは見ごろ
  • 世代交代した根上株
  • 蕾が沢山確認できる
  • 沢筋は雪が残っている
  • 雪の上を歩けます
  • ブナの芽吹き
  • 高清水へ延びる切開き
  • 山頂到着
  • 大山方向
  • 三国山方向
  • 大山ズーム
  • 伯州山荘へ下山
  • 三国山
  • 本谷下山口
  • 新しい橋が出来た
  • 本谷登山口へ下山
  • 林道にはたっぷり雪が残っている
  • 開花したイワナシ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!