登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
雪の大山と巨樹大山桜 大山(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん

この登山記録の行程

蓑毛 8:27--(22分)--8:49 水場 8:52--(51分)--9:43 ヤビツ峠 9:50--(20分)--10:10 テーブルベンチ 10:10--(18分)--10:28 中間ベンチ 10:28--(12分)--10:40 ベンチ 10:40--(18分)--10:58 下社分岐 11:02--(13分)--11:15 大山山頂 11:40--(20分)--12:00 不動尻分岐 12:00--(23分)--12:23 ベンチ 12:23--(24分)--12:47 見晴台 13:00--(15分)--13:15 地蔵 13:15--(13分)--13:28 エボシ山 13:28--(9分)--13:37 林道 13:37--(10分)--13:47 分岐左折 13:47--(12分)--13:59 大山桜 14:00--(4分)--14:04 上大山桜 14:14--(6分)--14:20 下大山桜 14:21--(8分)--14:29 大山小学校裏ゲート 14:29--(5分)--14:34 大山小学校前バス停


総距離 約10.5km 累積標高差 上り:約1,111m
下り:約1,235m
真冬並みの冷たい雨の後、天気は回復するという予報なので、急遽、大山に行くことにする。積雪の状態が心配ではあったが、他の方の記録を参考に、大山桜を最後に見ようと蓑毛から入る。一時雲が広がったが、それも予報通りで天気には恵まれる。東京では大分散ってしまったが、蓑毛はまだまだソメイヨシノが満開。20分ほど登った水場の先にはミツマタの群落があり、花を付けている。ヤビツ峠からはチラホラと足下に雪が見られるようになるが、マメザクラやアセビが見頃を迎えている。ヤビツ峠からしばらく登ったところでは、登山道の脇で子鹿が草を食んでいた。表参道との合流点に近づくと、雪道となる。しかし、表参道最後の急登は、その雪が溶けて滝のように流れている。山頂は銀世界。陽が当たっていて風もないので、暖かいくらい。雨(雪)上がりで空気も澄んでいて見晴らしも良いのに、ハイカーの姿は何時もより大分少ないようだ。下山路は、見晴台方向に取る。雪で滑ることを心配していたのだが、シャーベット状だったり溶けていたりしてステップ毎に水たまりができていて歩きにくい。それでも、見晴台まで行かず、ぬかるみはなくなる。誰もいない見晴台のベンチで休憩。マメザクラやミツマタの花を愛でながら日向薬師方面に下ると、等身大のお地蔵さんの所で脇道へと分岐していく。登山地図にはない道だが、注意して歩けば迷うことはない。ただ、エボシ山からは急な下りが続くのと、車道を横断した先、更に下って左折するところではより注意を要する。大山桜は3本あり、最初に見える大山桜は盛りを過ぎて大分花が散ってしまっていた。その次の上大山桜は一番大きく見応えがある。今日ははらはらと散り始めている感じだが、まだ花はたっぷり残っている。少し下ると、下大山桜。周囲がもう少し開けていると良いのだが。後は、大山小学校裏まで下り、大山小学校前バス停でゴール。この辺りもソメイヨシノが満開。

登山中の画像
登山画像
蓑毛バス停近くの大日堂
登山画像
水場の先にあるミツマタの群落
登山画像
ヤマブキが咲き出している
登山画像
何スミレ?
登山画像
マメザクラ
登山画像
江ノ島が良く見える
登山画像
登山道脇で子鹿が草を食んでいた
登山画像
いよいよ雪道に
登山画像
富士山の中腹は雲が掛かっている
登山画像
表参道最後の登りは雪溶け水が滝のよう
登山画像
山頂裏の様子
登山画像
馬酔木
登山画像
こちらも水たまりに
登山画像
何の花?
登山画像
見晴台から大山を振り返る
登山画像
こちらもマメザクラ
登山画像
そしてミツマタ
登山画像
地蔵の所を道なりに下らず、写真の手前方向に進む
登山画像
エボシ山から右に急下降していく
登山画像
こんな感じ。もっと急なところもある
登山画像
上大山桜。見応え十分
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、行動食、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    山頂でマメザクラ満開。シロヤシオとトウゴクミツバツツジ間もなく。天候急変に対応できる装備で
    19年05月21日(火)
    秦野ビジターセンター~表丹沢・塔ノ岳
    秦野ビジターセンター
    新緑が上がってきていて、表尾根では行者ヶ岳付近で芽吹き始めています。シロヤシオはまだ咲いていません
    19年05月09日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...