登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
残雪の名栗湖周回縦走22km※詳細レポ 棒ノ嶺(棒ノ折山)、長尾丸山、日向沢の峰、有間山、蕨山(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2019年4月14日(日)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:行き帰りとも飯能駅発の湯ノ沢行きバスを利用、降車・乗車バス停ともに「さわらびの湯」

  • 天候

    曇りのち一時晴れのち小雨のち曇り
    [2019年04月14日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

0833さわらびの湯バス停を出発
※トレイルランニングの大会と重なってしまったため、彼等のスタート(0830)まで待機
0848白谷沢登山口、0940権次入峠、0949棒ノ嶺を立ち止まらずに通過。
.
【以下、棒ノ嶺以降を詳細記述します】
棒ノ峰から指導標にしたがって「長尾丸山・日向沢ノ峰」への縦走路に入り、やがて右に落合に降りる道を分ける。幅のあるゆったりした尾根、登降もごくわずか。
●1022長尾丸山 958m(休憩20分)
長尾丸山手前の「肩」にある部分への登りが少し我慢が必要だった。そこからはあっという間に長尾丸山山頂へ。南斜面は植林で展望なし、北斜面は自然林が残っており落葉のため樹間をとおして展望がきく。
長尾丸山からは急な滑りやすい下り、トラロープあり。幅広の尾根・木の根っこの多い急坂・両側が切れ落ちた短い岩尾根などを繰り返しながら進んでゆく。
●1136送電線50号鉄塔下(休憩10分)
鉄塔を過ぎてすぐに右に「落合・有馬ダム」の分岐あり。ただし観察した限りでは不明瞭。長尾丸山あたりまでは日陰にわずかに残る程度だった残雪の量が増えつつある。融雪のぬかるみが多くなり、行動に若干の影響が出始める。凍結はなし。
日向沢ノ峰への急登では残雪がいっきに多くなり、軽アイゼンをもってこなかったので足場を探したり両手を使って四つんばいになりながら登る。
●1203日向沢ノ峰 1356m(休憩20分、道迷いタイムロス25分)
ここまでトレースは明瞭。というか、今回歩いた名栗湖周回縦走コースはトレイルランニングの大会コースでもある。練習で走るランナーも多いのだろう、少しでも尾根が太くなれば複数の踏み跡がついている。
山頂付近はカヤトっぽい尾根になっている。南斜面は植林で展望なし、北斜面は自然林が残っており落葉のため展望が良い。晴れてきたこともあってじつに気分の良い山頂だが、棒ノ嶺を出てからここまで一人の登山者にも出会わない。
山頂を後にし、魅力的なカヤトの尾根に惹かれてフラフラと進み始めたが方角が違うことに気づく。奥多摩方面への下り道のようである。25分のタイムロスだが、いつかあの道も歩いてみたい。
■日向沢ノ峰から有間山方面へは少し混乱しやすいと思ったので詳述します。
まず、山頂から棒ノ嶺方面へ少し戻る。指導標の「蕎麦粒山・一杯水」方面へ向かう。すぐに「オハヤシの頭」に達し、大きな道標とは別の小さな指導表に「有間山」とあるから、そちらへ向かう。※写真参照
●1238オハヤシの頭
●1253送電線51号鉄塔下(休憩10分)
眺めが良い。
●1311仁田山
このあたりで遠く名栗湖を遠望し「あそこまで戻るのか」と悄然とする。
●1322有間峠
舗装された立派な林道に出るが、そこが有間峠。林道はちょうどヘアピンカーブ状になっているが、右をとる。ひと一人通る隙間のないゲートをまたぎこして、すぐ左に縦走路への取り付きがある。
日向沢ノ峰からこのあたりまで、残雪と融雪後のぬかるみでまったくペースがあがらない。計画では14時過ぎには下山して温泉につかりロング缶で一杯やっていたのに、と切なくなる。
●1345有間山 1213m(休憩15分)
地図上は有間山だが、現地山頂標識は「タタラの頭」。
小雨が降りだす。雲を観察して本降りにはまだ間があると判断し、雨具はつけずに前進する。
●1418橋小屋の頭 1163m(休憩10分)
蕨山への分岐点。現地標識ではここが「有間山」になっている。地図との齟齬があるのはややこしい。最後の行動食を摂り、一服して靴ヒモをしめなおし、下りを開始する。小雨。
●1450蕨山 1044m(休憩10分)
結局、蕨山からかなり下るまで残雪とぬかるみに苦しめられた。標高1000m以上は雪が降ったということか。
●1511藤棚山
このあたりから幅の広い尾根、急な登り下りもなくなり完全なハイキングコース。つま先着地で脚をまわして駆け下りたいところだったが、もはや脚が壊れており淡々と歩くだけ。
●1547中登坂
●1557金比羅山
金比羅をすぎ、金比羅神社跡からは再び登山道らしい下り道になる。もうひとがんばり。
●1627さわらびの湯バス停
.
歩行時間グロス=7時間54分、ネット5時間54分
.
出会った登山者は51号送電線鉄塔を過ぎてからすれちがった一人のみ。奥多摩方面へ向かうと言っていた。
.
新調したサレワのスピード・ビートはいきなり長時間の実戦につきあわされて気の毒だったが、履いているのを感じないすばらしいシューズ。
.
小雨は本降りにならず、下山時にはあがっていた。晴れ男なので。


総距離 約21.8km 累積標高差 上り:約2,103m
下り:約2,105m
長尾丸山から日向沢ノ峰にいたる変化にとんだ自然の残る風景、日向沢ノ峰付近のカヤトの尾根などすばらしいコースなのに登山者にまったく出会わず、トレイルランニングのコースになりかけている縦走路。

登山中の画像
登山画像
長尾丸山山頂
登山画像
日向沢の峰への急登にかかる前の登り。
登山画像
日向沢の峰山頂
登山画像
山頂から奥多摩方面への道
登山画像
遠くスタートした名栗湖を望む(望遠)
登山画像
タタラの頭山頂
登山画像
橋小屋の頭(有間山)山頂
登山画像
蕨山山頂
この山行での装備
【その他】 足元=サレワのスピード・ビート、下=タイツとユニクロの短パン、上=マウンテンハードウエアの長袖、モンベルのヘルメット。ロウアルパインの22Lザックにキャメルバックの2Lハイドレーション(0.5L残)、雨具、コンビニおにぎり3個、パワーバー2本、スマホ。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...