登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
オプタテシケ山BCスキー2019 オプタテシケ山(北海道)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

4:53除雪最終地点-6:39三股橋-(20分休憩)-12:32オプタテシケ山13:04-(20分休憩)-15:08三股橋-16:10除雪最終地点


総距離 約18.9km 累積標高差 上り:約1,495m
下り:約1,495m
今回は、日本三百名山、オプタテシケ山で山スキーしてきた。
オプタテシケ山には、新得町側から積雪期にのみ登れるルートがある。
雪質的に登りやすくて滑りやすいこのタイミングでオプタテシケ山に登ることにした。
1ヶ月前に計画し、北海道の友人も予定を組めたので、一緒に登ることにした。
このコースは林道が長いが、標高差があって、ほぼ滑り切りで終われる。
この日は、いい天気がもつか、雨が降るのが早まるか、神経質な天気予報であったが、直前でいい天気の方になってくれた。
除雪最終地点からスタートしたときは、曇って冷え込んだ感じがしたが、雪が硬くなっている林道をシールで進むには、都合が良かった。
林道が長いので、延々とおしゃべりしながら登った。
だんだん近づいてくる真っ白なオプタテシケ山にワクワクした。
積雪期ルートに入り、樹林帯を抜け、森林限界を超えると、斜面が急になり、シールでジグザグに登った。
トムラウシ山、美瑛富士、下ホロカメットク山、ニペソツ山、石狩岳などがよく見え、さらにテンションが上がった。
青空が広がり、気温が上がってきて、雪がちょうどいいくらいに緩み、山頂までシールで登ることができた。
オプタテシケ山頂上でしばらく眺望を楽しんだ。
その後、ナイフリッジな狭い山頂の稜線部を滑走し、大斜面に滑り込んだ。
急すぎず緩すぎないオープンバーンが続き、硬すぎず柔らかすぎない雪だったので、滑走が進んだ。
ただ今回は短いスキー板だったので、ファットスキーを持ってくればよかったと後悔した。
とはいえ、滑走は楽しく、友人と写真を撮り合いながら、高度を下げていった。
森林限界部で休憩し、オプタテシケ山の大斜面に刻んだ自分達のシュプールを見て、その余韻を楽しんだ。
樹林帯に入ってからも、いい斜面が続き、ツリーランを楽しんだ。
その後、林道に入った。
林道でウロコ板の本領を発揮するかと思いきや、友人の面ツル板の方が進みがよく、板の選択を間違えたと思った。
12時間くらいで下山する予定であったが、休憩を多くとったにもかかわらず、11時間ちょっとで下山した。
下山後、友人と別れ、くったり温泉レイクインで入浴し、雨の予報の次の日にどの山に登れるか考えた。

登山中の画像
登山画像
トノカリウシュベツ川取水口除雪最終地点
登山画像
林道。かなりの大物か?
登山画像
林道
登山画像
林道
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
積雪期ルート
登山画像
オプタテシケ山頂上
登山画像
オプタテシケ山頂上
登山画像
オプタテシケ山頂上
登山画像
オプタテシケ山頂上
登山画像
オプタテシケ山頂上
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
オプタテシケ山滑走
登山画像
林道滑走
登山画像
林道滑走
登山画像
林道滑走
登山画像
除雪最終地点
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、非常食、行動食、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、アイゼン、ヘルメット
【その他】 スキー 兼用靴 ウィペット シール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...