登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
201904谷川岳 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

ootaka さん

この登山記録の行程

天神平(09:00)・・・分岐(09:15)・・・熊穴沢避難小屋(09:45)・・・谷川岳肩ノ小屋(11:10)[休憩 20分]・・・トマの耳(11:35)[休憩 20分]・・・谷川岳肩ノ小屋(12:00)[休憩 30分]・・・トマの耳(12:35)[休憩 20分]・・・谷川岳肩ノ小屋(13:00)・・・熊穴沢避難小屋(13:50)[休憩 10分]・・・分岐(14:30)・・・天神平(14:45)

総距離 約6.2km 累積標高差 上り:約811m
下り:約811m
コースタイム 標準:4時間25分
自己:4時間5分
コースタイム倍率 0.92
前回木曽駒が晴れなかったので、晴れを求めて天気予報で一番期待が持てる谷川岳に遠征。メンバーは隊長とO氏。日帰りで荷物は8㎏。自宅5:00、水上IC8:00、天神平スキー場9:00で行動開始。スタートから良い天気なのだが、谷川岳には雲がかかる。この雲が抜けることを期待して進む。平日なのでスキー場も空いているが、登山者も数名程度。雪の量は十分でトレースもばっちりあるが、雪がべちゃべちゃで足がもぐって歩きづらい。尾根上は冷たい風が吹くが、それほど寒くなく(たぶん0℃くらい)日差しもあるので登りは暑い。景色を堪能し、写真を撮りながら進むと、雪に埋もれた避難小屋に到着。前方は灰色の雲が居座り山頂は見えない。昨夜寒冷前線が通過して冬型みたいな気圧配置なので、この天気はしょうがないと思いながら先に進む。山頂が近づき、時々晴れ間が出て「スポットライトだ」と喜びながら進むが、急に風が強くなる。時折20mくらいの風になるので、とりあえず肩の小屋(休業中)に逃げ込む。小屋前で少し様子をみて、晴れ間も出てきたのでトマの耳に出発する。小屋から数分で山頂だが、途中何度も耐風姿勢が必要になる。山頂の気温は‐5℃度くらい。素晴らしい景色が広がるが、いかんせん暴風なので速やかに小屋に戻り、昼ごはんにする。昼食後、雲はさらに減り、風も少し穏やかになったので、再度トマの耳に行く。景色を堪能した後、下山開始。上部の雪はサクサクなので下りは楽。谷川ブルー(こんな言葉あるのか?)の中、景色を堪能しながら下っていく。少し下りると風もなくなり、青空の下、快適な雪山となる。途中、雪に埋もれた避難小屋の中をのぞいたりしながら、14時40分にスキー場に到着。帰りは温泉に寄り、17時水上IC、19時大泉JCT、自宅19:20到着。

登山中の画像
登山画像
出だしは晴れ
登山画像
谷川岳は雲の中
登山画像
前方は雲
登山画像
時々晴れ間
登山画像
時々晴れ間が出る
登山画像
山頂・トマの耳到着。風速20m
登山画像
トマの耳からオキの耳。暴風なのでオキの耳は行…
登山画像
天気が良いのでテンションが上がる
登山画像
広大な大斜面
登山画像
避難小屋は雪の中
登山画像
テント張って(たぶん)休憩する人もいる
登山画像
ゴール手前
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ootakaさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ootaka さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?