登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
百蔵山へ富士山を見に行こう 定数19 百蔵山(関東)
img

記録したユーザー

Shyam さん

この登山記録の行程

猿橋駅(08:40)・・・百蔵山登山口(09:30)・・・百蔵浄水場(09:50)・・・コタラ山分岐(11:50)・・・百蔵山(11:55)[休憩 60分]・・・稜線分岐(13:10)・・・登山口(13:40)・・・百蔵浄水場(13:50)・・・百蔵山登山口(14:20)・・・猿橋駅(15:00)

総距離 約10.0km 累積標高差 上り:約917m
下り:約917m
コースタイム 標準:4時間36分
自己:5時間20分
コースタイム倍率 1.16
富士山を見に、百蔵山に挑戦。大月市が定める秀麗富岳12の7番目だそうで、出発地点の猿橋の駅には構内にそれぞれの風景の写真が飾ってあり、楽しみになる。電車では雲がたくさん西に出ていたので、曇ってくるのかと心配されたが、駅に着いた頃にはわずかの雲を残して晴天。
猿橋駅を出発し、陸橋登って、セブンイレブンで少し買い足し。宮下橋を渡りながら、ピンクの高速道路をパチリ。登山口までがなんだかんだと登りで大変という情報を基に早速スタートした。
確かにアスファルトの道が延々登っていく。コンクリに壁から生える春の草花を見ながら歩くと、すぐに汗が吹き出し、途中で着替え。ふと振り返ると富士山が見えた。快晴の空にしろ富士山がくっきり。電柱や電線をよけながら写真に収める。途中で町の方に、「気を付けて」と声を掛けられる。どうもありがとう。その後、ターゲットバードゴルフにいそしむ町の方に声を掛けられ、遭難者が出ているとのこと、まだ見つかっていないとか。気をひきして、安全第一。
トイレがないとの情報から駅で済ませて、後は登山者トイレが浄水場あたりにあるというので探しながら歩いたが発見できず。東西のコースの分岐まで来てしまった。東ルートには急斜面があるというので、下りのほうがかえって転んだりして心配と思い、行きに選択。一気に山の中へ。
右手は植林された杉林で、日影になり、登山口までの暑さが少し収まって、足元と草花にも目が行くようになった。スミレがたくさん咲いているが、全体的には花は少なく、木々の新芽や新緑が目に楽しい。東コースは景色がさほど良くないといわれていたが、ちょっと開けた曲がり角で振り返ると、さっきより富士山が裾を広げて大きくなっていた。しばし、見とれる。
途中でポリスの帽子をかぶった紺服の警察の方、数人に出会いました。さらに進むとオレンジのレスキュー隊の方々がザイルを持ってたくさんおられました。詳しい話はされませんしたが、丁寧に道を案内してもらい、急斜面になります、ロープがあるので使いながら気を付けて登ってくださいと声をかけていただきました。
案の定、岩山特有のがれきに急斜面が出現し、ロープの針が緩いため、ロープ半分、這いつくばるところは無理せずに這いつくばって登っていきました。どうやら扇山の分岐は知らないうちに通り過ぎ(たぶんレスキューの方々がおられた当たり)、山頂よりの分岐点につきました。あとは山頂まで平坦で、すぐ。もう山頂の桜も見えています。ちょうど満開。
百蔵山の看板とともに富士山もみえ、桜とあわせて、この上ない絶景でした。
男性の6-7人の一段と、女性の6-7人の一団が、昼食中。ちょうど終わったので席を譲ってもらいました。レスキューの方がこられて、遭難の話をし、何か見つけたら教えてほしいといって去っていきました。どうやらまだ発見されていない様子。下山も気が引き締まります。
1時間、前回の小さいチキンヌードル(マグカップサイズ)とカニ雑炊(セブンイレブン)食べてちょうどいい塩加減。汗のずいぶん書いたので、トイレがないことを忘れてしっかり水分摂取。最後にコーヒー、インスタントだけどちょっと利尿効果があったかも・・・
1時間しっかり休んで、西ルートで下山。すでに富士山は一部雲がかかり、写真写りが悪くなっていました。雲が多く、暑かったので少し歩くには楽でした。スギの林の中をうねうねと下っていきます。途中、2方向に分かれていてどちらに行くのか迷うところもありましたが、原則、掘れているほうの道です。すたすたと進み、途中の見晴らし台でも富士山は雲の中でした。下りの水場などで、小さい花たちに会いましたが、群生することはほとんどなく、ヒトリシズカやミヤマキケマンが咲いていました。
登山者カウンターを押しました。3884番目。いつからの数値だろう。今回は平日のため、山頂で出会った登山者以外には途中で会っていません。トイレの矢印が付いているので、美術館側に少し乗ってから車道をおりていきました。浄水場までくると、下山方向ではすぐに登山者用トイレが見つかりました。一安心。ハッピードリンクショップ(自販機4台)で安い飲み物を購入し、飲みながら猿橋へ。日本三奇橋なので、人がいるかと思えば、ほとんどだれもおらず、蕎麦屋も閉まっていました。あきらめて街中を猿橋駅へ。
帰宅した後に犬の散歩が待っていたので、きょうは1日で28000歩と久しぶりの大台でした。

登山中の画像
登山画像
猿橋駅 天気が良い
登山画像
登山口 
登山画像
最初の東西の分岐点
登山画像
振り返ると富士山が。
登山画像
少し上ると富士山が大きくなっていました。
登山画像
浄水場の屋根のある道(実はこの手前にトイレが…
登山画像
東ルートの途中で振り返るときれいな空に富士山…
登山画像
小さいフデリンドウ
登山画像
さらに登って杉林を抜けた後に振り返ると(そう…
登山画像
スミレにしては葉のギザギザがたくさん。エイザ…
登山画像
がれ地というのでしょうか。岩肌がでていて、斜…
登山画像
ロープだけでは無理で、時に這って進みました。
登山画像
コタラ山の分岐。ほとんど頂上です。
登山画像
扇山を見渡して、山頂に向かいます
登山画像
到着 看板にQRコードがあって、きれいな冬の写…
登山画像
遠くに富士山
登山画像
左右の桜も富士山の飾りになって、素人にしては…
登山画像
12の山の名前ありました。
登山画像
1000m以上に自力で登ったのは初めてです。
登山画像
山を下りようとすると富士山にすでに雲がかかり…
登山画像
西ルートの途中の展望台。もう富士山の輪郭がっ…
登山画像
水場。飲めるのでしょうか?
登山画像
ヒトリシズカ 初めて見ました。
登山画像
ミヤマキケマン 名前を認識したのは初めてです。
登山画像
オダマキのような花。イカリソウ。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、ライター
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Shyamさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Shyam さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年1月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?