登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
春遅い両神山 両神山(関東)
img

記録したユーザー

あし0316 さん
  • 日程

    2019年4月27日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:2:30出発→京葉道路→外環道→関越道花園IC→国道140号→皆野寄居有料道(★現金のみ有人手渡し420円)→国道299号→志賀坂峠→日向大谷
    ※八丁峠の金山志賀坂林道が「GWに開通」と秩父農林振興センターに電話で確認したにも関わらずゲート閉鎖.当日ルート変更。
    ※4月28日HPにて確認→秩父市側から八丁峠間GW期間のみ利用可と更新。電話で対応頂いた方から一切説明が無かった。残念対応でした。
    日向大谷の駐車場は300ⅿ離れた無料駐車場を利用。
    ★登山道に近い駐車場は500円かかります。

  • 天候

    雨のち曇り、昼すぎには晴れ間も。
    [2019年04月27日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

日向大谷登山口(6:50)・・・八海山(8:20)・・・弘法の井戸(8:45)・・・清滝小屋(8:55)★WC休憩・ペーパー完備水洗式・・・清滝小屋裏の岩場探検(9:00~9:20)・・・鈴が坂9:30・・・産体尾根(9:35)・・・横岩(9:55)・・・両神神社(10:10)・・・尾根のベンチ(10:35~10:45)★大休憩・・・両神神社山頂(11:00~11:15)・・・産泰尾根11:58・・・清滝小屋(12:10)★WC休憩・・・日向大谷登山口(13:30)


総距離 約9.3km 累積標高差 上り:約1,481m
下り:約1,481m
ほんとは八丁峠から登りたかったの。クライミング練習にもなると思って。林道金山志賀坂線の事務所管理者に1週間前に電話して確認したが騙された。(笑)
『GWに開通』って言葉に始まり、秩父の春はすべて遅い。急遽、日向大谷ルートに当日変更。早出して良かった。里山は今が花の季節。迂回の分、伸びたドライブも楽しくなる♪『てんきとくらす』の登山天気予報では昼までに徐々に回復。B判定だった。
連日確認しているが、本当に天気予想がころころ変わる。麓の気温は8℃。山頂は寒そう。
日向大谷では地元のおじさん達が駐車場に誘導。(有料がいいか、無料がいいか?と聞いてくれました。)300mくらいならお得感もないので無料駐車場に停めさせて頂きました。無用になった荷物を車に残置。歩き始めはレインウェアを着る。山には新緑が。ヤマザクラが遠くにたくさん咲いている。撥水機能の低下した古いモンベルレインウェアでもしのげる程度の雨。修験のお山。入口は鳥居とお坊さんの像が祀られている。山肌に刻まれた細い道を時に慎重に通過。谷に落ちると止まらないだろう。ここのルートでも事故が起きている。筋力の低下した下山時は注意して帰ることにする。
山を高巻き、やがて沢に出る。高巻き道を繰り替えし通過しては、沢を渡渉が3回くらいか。沢を離れたところにニリンソウ達が迎えてくれた。まだ蕾が多い。花の100名山でもあるので歩くのが楽しい。道は時折泥濘に足を取られないように丁寧に歩く。八海山を過ぎると急なつづら折りの道が始まる。苔むした石碑には修験に願かけした人の名前が刻まれてるのか?ネコノメソウ、ハシリドコロの花が目を楽しませてくれる。八海山の碑を越えて、花も途切れた場所に目をやると清滝小屋が目に入る。立派な水洗トイレが誰でも使える。
素晴らしいベースキャンプだ。団体登山客が出発するところだったので、先発。山頂の導を頼りにあるくと、ドーム状の岩場がある、苔むした岩場を登ると修験者の祈りの場のようだ。(恐らく清滝?)登ったはいいが、降りるのに困った。念のため持参したヘルメットとハーネスを着用。一応、フィフィなども装着したが、普通に降りられた。(笑)ビビりなので。
時間潰しをして、元の登山道に戻る。ここも九十九折。斜面にはブナ林なのか?裸の巨木達が静かに春を待っているみたい。鈴が坂を過ぎて産泰尾根に合流。時折、岩肌を見るようになる。鎖を頼らず、木の根や岩をつかみ登る。アルパインクライミングだわ~。
フラットになった尾根に両神神社と御岳神社。狛犬は狼。秩父の神様は皆、狼たちに守られてるね。
先の尾根を登下降していると周囲が見渡せるようになる。丁度ベンチが空いていたので先に食事をとる。何人もの人が下りてきた。さっき、すれ違った登山者が、『団体さんに占拠されて頂上ではゆっくりできなかった』と教えてくれた。清滝小屋で見かけた団体さんのことだろうか?しかし、寒い。カップ麺の湯が温くなるほど寒い。朝も行動食だけだったのでしっかり食べる。腹が落ち着き、ピークを見ると団体さんが下山の様子。
期待していたツツジ群はまだまだ咲きそうに見えない。残念。また来るさ、次は八丁峠ルートで。
ガイド山行なのだろう。リーダーの方が、『20名くらいいるからすごく待たせてしまって・・』と気遣ってくれた。皆、岩場に不慣れな様子は見てとれた。慌てさせても良くないので、最後の一人が下りてきたタイミングで頂上に向かった。先行に3人組が見てとれた。何と、4人で貸し切り。頂上での景観は富士山側に厚い雲がかかっていたが、晴れてきたので浅間山方面は良く見える。甲武信岳や浅間山には雪がうっすら被っていた。
何度か雲取山を登る度に向こう側に見えるギザギザの山が気になっていた。それが今回の動機。雲取方面は雲で視界不良。近くの木は凍っていた。通りで寒い筈。今春は気温の予測が難しいな~と思っていた矢先、3人組の男性が写真を撮ってくれた。あら、嬉しい(^^♪ 彼らは白井差ルートから来た模様。帰路は元来た道を辿るだけ。久しぶりにまともな山歩き。雨が止んで、下山では5分と持たずに登山者とすれちがう。人気の山なのはわかった。日が伸びたとは言っても、早出早着は登山の基本。清滝小屋にでも泊まるのかしら?と思ってみたり。産泰尾根で獣の鳴き声を聞いたように思った。が、今回は出てこなくてよかった。この山では熊の事故があり、曇りの天気は用心深い獣にも遭遇しやすい。下山後は汗を流しに道の駅両神温泉薬師の湯へ。(入湯600円)薬師のそば800円を頂く。龍勢会館で買い物して夕方には帰宅。平成最後の登山はこうして締めくくられた。

登山中の画像
登山画像
金山志賀坂線(志賀坂側)のゲートは閉鎖されてま…
登山画像
日向大谷登山口にある登山ルート図
登山画像
登山届を改めて提出。八丁峠は電子申請で事前承…
登山画像
両神山荘脇の斜面は花のトンネル
登山画像
表登山道口の鳥居。
登山画像
馬酔木。産泰尾根には巨木が花をつけていた。
登山画像
唯一掛かっていた木の橋。それ以外は沢にある石…
登山画像
登山道では真新しそうな仏像。今でも信仰の心は…
登山画像
ニリンソウ。
登山画像
登山道には像があったり花が咲いてたり。飽きな…
登山画像
弘法の水。雪解け水の味がした。
登山画像
ハシリドコロの花畑。帰り道、踏み誤ってちぎれ…
登山画像
清滝小屋が見えてきた♪
登山画像
水洗式の公衆トイレ。チップ制ではないところと…
登山画像
清滝小屋の裏の祈りの場。
登山画像
ネコノメソウ(黄色)と何の花かわからなくなった…
登山画像
登山道にはガスもかからず、視界良好。ピンクテ…
登山画像
馬酔木の巨木
登山画像
愛嬌のある顔。
登山画像
両神神社の鳥居
登山画像
かわいらしい顔の狛犬。
登山画像
シュッとした身体はグレイハウンドのよう・・。
登山画像
こっちは御岳神社でした。
登山画像
お食事タイム。寒いとラーメンがうまい。
登山画像
開けたピークから山が見える。
登山画像
周囲の広葉樹はまだ眠りについたまま。
登山画像
頂上に到達♪秩父三山コンプリート(三峰山、宝登…
登山画像
お兄さんに撮って頂いた1枚。
登山画像
二等三角点。
登山画像
頂上の樹は凍っています。
登山画像
展望の効く方角。浅間山は雪被ってます。ってか…
登山画像
鈴ヶ坂から見た広葉樹たち。春はまだのご様子。
登山画像
清滝小屋の公衆トイレ。綺麗に使われて気持ちよ…
登山画像
清滝小屋。立派な建物なのに無人なのが残念。
登山画像
麓は新緑の季節。こんなに温度差があるのね。1…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ
【その他】 30Lザック使用。手袋はテムレス。ヘルメット、ハーネス(アルパイン用)
クライミング用具適宜(補助ロープ10m、環ビナ2枚、デイジチェーン、スリング短、フィフィ)
★軽アイゼンとクライミングシューズ(マエストロ)は残置。
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

あし0316さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

あし0316 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

晴一時雨
(日本気象協会提供:2020年3月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、春の訪れを感じるようになってきた