登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
三重 VOL.4 鎌ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年5月4日(土)

  • 利用した登山口

    宮妻峡駐車場  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東名阪道の「鈴鹿IC」で下りて右折し、2つ目の交差点を右折して国道306号線へ入り、「水沢」の町を抜けて「宮妻渓谷」に向かいます。舗装道路がうねりだし、道幅が狭くなりますが駐車場まで我慢して登り続けます。「宮妻バンガロー村」の看板が出てきたら、左側に舗装された「宮妻渓谷」の無料駐車場が上下に2段あります。50台位駐車可能ですが、トイレはありません。「鈴鹿IC」から約12k・20分です。

  • 天候

    快晴、至軽風
    [2019年05月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

宮妻峡駐車場(06:10)・・・水沢岳登山口(06:40)・・・水沢峠(07:30)・・・水沢岳(07:55)・・・衝立岩(08:35)・・・岳峠(09:15)・・・鎌ヶ岳(09:25)[休憩 20分]・・・岳峠(09:55)・・・雲母峰分岐(10:10)・・・宮妻峡駐車場(11:10)

総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約1,425m
下り:約1,425m
コースタイム 標準:6時間20分
自己:4時間40分
コースタイム倍率 0.74
鈴鹿山脈を南下しながらの山旅の中、目に入る峻険な姿が絶えず気になる山が有りました。
それは鈴鹿山脈のマッターホルンと言われている「鎌ヶ岳」で、その山様は抜きんでています。
ルートは「湯の山温泉」から登るか「宮妻峡」からカズラ谷を登る、往復のルートがメインです。
しかし、この山の姿をターゲットにヤセ尾根を進んで行く、「水沢岳」からの周回がベストです。
「水沢峠登山口」までは駐車場から30分ちょいの林道歩きですが、期待高く進んで行きます。
入山すると最初は穏やかな登山道ですが、涸れた沢が現れてそのガレ場を登って行きます。
登るほどに沢の勾配がきつくなり、これが本当に登山道かと疑うぐらいに楽しくなってきます。
沢から左に離れても急勾配は続き、ロープがある斜面を、一気に「水沢峠」まで登り詰めます。
登山口から「水沢峠」まで約50分で310m登ったら、「鈴鹿市」の景色を見ながら小休止です。
「水沢峠」から右の「水沢岳」に向かいますが、全然手を抜かない直線的な急登が連続します。
他の鈴鹿の山では無かった狭い稜線を、またしても一気に登りきると、「水沢岳」の山頂です。
「水沢岳」の山頂からはさらに良い景色の向こうに、ついに「鎌ヶ岳」のピーク先を見定めます。
稜線を楽しく進むと足元が突然開けて、白い花崗岩の滑るザレ場の急降下が待っています。
「猿の惑星」みたいな奇岩の景色を見ながら下って行きますが、「キノコ岩」と言うらしいです。
「キノコ岩」下のコルからは、いよいよ「鎌ヶ岳」へ向かう、ヤセ尾根の「鎌尾根」が始まります。
登り返して進むと、数回アップダウンを繰り返しますが、かなりな上下で、ヤセ尾根のせいで
中々の緊張感があります。段々と近づく「鎌ヶ岳」に期待が高まり、足もいい感じで進みます。
最初の大所「衝立岩」超えると、さらにアップダウンは気持ち良く続き、「鎌ヶ岳」手前に立つ
小ピークの上で「岳峠」を挟んで「鎌ヶ岳」と対峙します。その後右手に垂直に下ったら水平に
鎖場を抜けて巨岩の間を下ると「岳峠」に着きます。ここからは一気に岩場を攻めて行きます。
大きな岩をよじ登って行きますが、見た目と違って意外と簡単に「鎌ヶ岳」山頂に登頂します。
少し物足りなさを感じましたが、山頂からの360度の景色でしっかりと満足できる良い山です。
下山は「岳峠」からカズラ谷ルートを下りましたがボブスレーのコースの様で面白かったです。

登山中の画像
登山画像
宮妻渓谷駐車場で0セットです
登山画像
「鎌ヶ岳」カズラ谷ルートの登山口の前を左に行…
登山画像
駐車場から30分ちょい林道を登って行きます
登山画像
水沢峠登山口 189m
登山画像
最初は新緑の中を普通の感じで登って行きます
登山画像
涸れた沢が出てきましたが、これを登るようです
登山画像
本当に登山道でしょうか、だんだん勾配がきつく…
登山画像
大きな1枚岩ですが、ついに水も出てきました
登山画像
左の斜面に取り付きますが、かなりの急傾斜です
登山画像
急斜面をトラバース気味に登って行きます
登山画像
前方に空を発見、最後の急登です
登山画像
水沢峠 501m
登山画像
次は右の「水沢岳」を目指して登って行きます
登山画像
直線的な急登は先が見えません
登山画像
まだまだガンガン登って行きます
登山画像
こいつも乗り越えて登って行きます
登山画像
「水沢岳」の山頂からの「鈴鹿市」です
登山画像
水沢岳山頂 668m
登山画像
とうとうヤツ「鎌ヶ岳」を遠くに見定めました
登山画像
一度下りますが、足元の景色がすごく異常です
登山画像
花崗岩の白いザレ場を下りますが、危ないくらい…
登山画像
振り返ると「キノコ岩」の大群です
登山画像
キノコ岩 629m
登山画像
アカヤシオの咲く中、期待を込めて先に進みます
登山画像
まだまだ「鎌ヶ岳」は遠い存在です
登山画像
まずは大所の「衝立岩」を攻めて行きます
登山画像
なかなか楽しく「衝立岩」を登って行きます
登山画像
衝立岩 685m
登山画像
この巨岩を抜けて行きます
登山画像
登ったら下る「鎌尾根」が始まりました
登山画像
また一歩「鎌ヶ岳」に近づきました
登山画像
次の小ピークに登って行きます
登山画像
登ったらまたまた下りますが、この狭さがいいです
登山画像
そして再び登り返します
登山画像
アップダウンの繰り返しで「鎌ヶ岳」に近づきます
登山画像
再び、ぐぐぐーっと下って行きます
登山画像
この先が「鎌尾根」の最後の小ピークです
登山画像
ついに「鎌ヶ岳」と対峙しました
登山画像
「岳峠」に向かい、右下に垂直に下って行きます
登山画像
下ったら鎖場を水平に抜けて行きます
登山画像
この巨岩の間をすり抜けたら「岳峠」です
登山画像
岳峠 714m
登山画像
さあいよいよ本丸に取り付きます
登山画像
右から巻いて岩場を登って行きます
登山画像
ガシガシ岩場を登って行きます
登山画像
岩が大きいので意外と登りやすいです
登山画像
鎌ヶ岳山頂 793m
登山画像
「鎌ヶ岳」山頂から「御在所岳」を望みます
登山画像
「鎌ヶ岳」山頂にあるお社です
登山画像
今日縦走してきた「鎌尾根」も良く見えます
登山画像
「鎌ヶ岳」山頂は360度の展望です
登山画像
岳峠 713m
登山画像
下山は「岳峠」から「カズラ谷ルート」を下ります
登山画像
雲母峰分岐 609m
登山画像
下山ルートも花崗岩で楽しいです
登山画像
ボブスレーのコースみたいに下って行きます
登山画像
「宮妻渓谷駐車場」に帰ってきました
登山画像
宮妻渓谷駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...