登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 4
日本百名山全山スキー達成-水晶岳&赤牛岳BCスキー2019 水晶岳、赤牛岳、三俣蓮華岳、双六岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

[5/2]
2:41新穂高無料駐車場ー5:33小池新道登山口-(20分休憩)ー10:30大ノマ乗越10:39-(10分休憩)ー16:30三俣蓮華岳17:21-17:35三俣山荘(泊)
[5/3]
5:47三俣山荘ー8:30水晶小屋ー(10分休憩)ー9:43水晶岳(滑走&登り返し含)10:07ー(10分休憩)ー13:27赤牛岳(滑走&登り返し含)14:40ー17:16水晶岳カールトップー17:51水晶岳カールボトム(泊)
[5/4]
5:00水晶岳カールボトムー6:29東沢乗越6:40ー7:56水晶小屋ー9:30三俣山荘-11:04三俣蓮華岳11:10-12:21双六岳13:00-(10分休憩)ー13:50双六谷大ノマシュート出合13:56ー15:03大ノマ乗越15:18-(10分休憩)ー16:09小池新道登山口-18:30新穂高無料駐車場


総距離 約50.9km 累積標高差 上り:約5,036m
下り:約5,036m
今回は、日本百名山、水晶岳と、日本二百名山、赤牛岳で山スキー してきた。
長いゴールデンウィークで晴れが3日以上続くこのタイミングで、北アルプス奥地を狙うことにした。

初日、夜中の新穂高駐車場からスタートし、左俣林道を進んだ。
左俣谷と穴毛谷の出合付近から林道の雪が繋がってきたので、シールに切り替えて進んだ。
ワサビ平小屋を過ぎたあたりから、林道を遮断するようにうず高く積み上がったデブリがいくつもあり、それらのデブリを乗り越えて行った。
林道の橋の手前から小池新道に入ったが、秩父沢でも広範囲に渡りデブリが広がっていた。
秩父沢あたりで、一時的に強い雪が降ったが、そのまま進んだ。
デブリが小さいところを選んで進み、シシウドヶ原を経て、大ノマ乗越に登り上げた。
大ノマ乗越から、双六谷に合流するシュートを滑走した。
双六谷に降りると、谷が雪で埋まっていた。
双六谷に、沢水を汲むのに丁度いい沢割れがあり、そこでボトルに水を詰めた。
双六谷をシールで登り、双六小屋手前から、双六小屋と三俣山荘との間の登山道の中道にショートカットして進んだ。
中道を進み、稜線部に乗り上げ、三俣蓮華岳頂上に登った。
三俣蓮華岳頂上から眺望を楽しみ、その後、頂上からルンゼを経て三俣山荘に向けて滑走した。
この日は三俣山荘前でテント泊した。

2日目、三俣山荘から黒部源流域に滑走し、ワリモ北分岐に登り、水晶小屋を経て、登山道を進んだ。
水晶岳南峰手前に30mほどの雪壁があり、両手ウィペットで雪壁を登り上げ、岩場を進んで、水晶岳南峰頂上に着いた。
水晶岳南峰頂上から北峰側のコルに向けて滑走し、日本百名山全山スキーを達成した。
その後、三角点がある水晶岳北峰頂上に登り上げた。
水晶岳北峰の西面の崖を両手ウィペットで降り、崖下の雪渓を滑走して、赤牛岳に向けて稜線部を移動した。
稜線部はアップダウンがいくつも続いたが、稜線東側に幅が広い雪庇があり、歩きやすく、滑走もしやすかった。
登山道を進み、西面が赤く、かつ、東面が白い雪で覆われた赤牛岳頂上に着いた。
赤牛岳頂上からは、立山や薬師岳がとても近く見え、赤牛岳が富山の山であることを実感した。
その後、赤牛岳頂上から東面カールに滑走した。
稜線部に登り返し、水晶岳カールに戻った。
水晶岳カールトップから、カールに滑り込んだ。
夕暮れ時で、柔らかい雪の表面が硬くなったモナカ雪になっていたが、硬い雪を蹴散らして滑走した。
カールの東沢谷出合部まで滑走した。
この日は、カールの東沢谷出合部の樹林帯でテント泊した。

3日目、カールの東沢谷出合部から東沢乗越に登り上げ、水晶小屋を経て、小屋から少し下ったところから滑走し、ワリモ北分岐下をトラバースするように滑走し、黒部源流域に滑り込んだ。
その後、黒部源流域から三俣山荘を経て、三俣蓮華岳頂上に登った。
三俣蓮華岳頂上から稜線部の登山道を滑走したり歩いたりして双六岳頂上に登った。
双六岳頂上から双六谷に滑り込み、大ノマ乗越のシュートの出合まで、あっという間に滑走した。
シュートを登り、大ノマ乗越から、広大なシシウドヶ原、秩父沢を滑走した。
左俣林道に入ってからも、しばらく滑走し、雪の途切れが頻出してきたところでスニーカーに履き替えて、新穂高に下山した。

当初の計画では、3泊4日を予定していたが、雪の繋がりがよくて滑走距離を稼ぐことができ、雪が硬めでツボ足でも踏み抜きがほとんどなかったおかげで、2泊3日で済んだ。

下山後、ひがくの湯で入浴、食事をし、その後、富山の毛勝山に向けて移動した。

登山中の画像
登山画像
5/2新穂高無料駐車場
登山画像
左俣林道ゲート
登山画像
左俣林道
登山画像
左俣林道
登山画像
左俣林道
登山画像
小池新道
登山画像
シシウドヶ原
登山画像
シシウドヶ原
登山画像
大ノマ乗越
登山画像
双六谷大ノマシュート出合
登山画像
双六谷
登山画像
双六谷
登山画像
登山道中道
登山画像
登山道中道
登山画像
登山道
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳ルンゼ滑走
登山画像
三俣蓮華岳ルンゼ滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
5/3黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
ワリモ北分岐
登山画像
登山道
登山画像
水晶岳南峰頂上
登山画像
水晶岳南峰頂上
登山画像
水晶岳南峰滑走
登山画像
水晶岳南峰滑走
登山画像
水晶岳北峰頂上
登山画像
水晶岳北峰頂上三角点
登山画像
水晶岳北峰滑走
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道
登山画像
赤牛岳頂上
登山画像
赤牛岳頂上
登山画像
赤牛岳頂上三角点
登山画像
赤牛岳滑走
登山画像
赤牛岳滑走
登山画像
赤牛岳カール滑走
登山画像
赤牛岳カール滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道
登山画像
水晶岳カールトップ
登山画像
水晶岳カール滑走
登山画像
水晶岳カール滑走
登山画像
水晶岳カールボトム
登山画像
5/4水晶岳カールボトム
登山画像
水晶岳カールボトム
登山画像
東沢乗越
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
水晶小屋
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六谷滑走
登山画像
双六谷
登山画像
大ノマシュート登り
登山画像
大ノマ乗越滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
左俣林道
登山画像
左俣林道ゲート
登山画像
新穂高
登山画像
新穂高無料駐車場
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、ツエルト、非常食、行動食、GPS機器、シュラフ、マット(個人用)、コッヘル、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、アイゼン、スコップ、ヘルメット
【その他】 スキー 兼用靴 ウィペット シール クランポン
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    6/10より営業を開始しました。例年並の残雪があります
    19年06月14日(金)
    太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    6月1日より有峰林道が開通、折立から登れるようになっています。小屋までなら残雪は少なめです
    19年06月13日(木)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    6/7は雨と雪。槍沢ルートはババ平~大曲 は雪切りしました。装備の油断禁物です
    19年06月11日(火)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    合戦小屋より上にはまだ雪が残っています。雪に慣れていない方は軽アイゼンやストックなどがあるといいでしょう
    19年06月07日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年6月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...