登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 4
日本百名山全山スキー達成-水晶岳&赤牛岳BCスキー2019 水晶岳、赤牛岳、三俣蓮華岳、双六岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

[5/2]
2:41新穂高無料駐車場ー5:33小池新道登山口-(20分休憩)ー10:30大ノマ乗越10:39-(10分休憩)ー16:30三俣蓮華岳17:21-17:35三俣山荘(泊)
[5/3]
5:47三俣山荘ー8:30水晶小屋ー(10分休憩)ー9:43水晶岳(滑走&登り返し含)10:07ー(10分休憩)ー13:27赤牛岳(滑走&登り返し含)14:40ー17:16水晶岳カールトップー17:51水晶岳カールボトム(泊)
[5/4]
5:00水晶岳カールボトムー6:29東沢乗越6:40ー7:56水晶小屋ー9:30三俣山荘-11:04三俣蓮華岳11:10-12:21双六岳13:00-(10分休憩)ー13:50双六谷大ノマシュート出合13:56ー15:03大ノマ乗越15:18-(10分休憩)ー16:09小池新道登山口-18:30新穂高無料駐車場


総距離 約50.9km 累積標高差 上り:約5,036m
下り:約5,036m
今回は、日本百名山、水晶岳と、日本二百名山、赤牛岳で山スキー してきた。
長いゴールデンウィークで晴れが3日以上続くこのタイミングで、北アルプス奥地を狙うことにした。

初日、夜中の新穂高駐車場からスタートし、左俣林道を進んだ。
左俣谷と穴毛谷の出合付近から林道の雪が繋がってきたので、シールに切り替えて進んだ。
ワサビ平小屋を過ぎたあたりから、林道を遮断するようにうず高く積み上がったデブリがいくつもあり、それらのデブリを乗り越えて行った。
林道の橋の手前から小池新道に入ったが、秩父沢でも広範囲に渡りデブリが広がっていた。
秩父沢あたりで、一時的に強い雪が降ったが、そのまま進んだ。
デブリが小さいところを選んで進み、シシウドヶ原を経て、大ノマ乗越に登り上げた。
大ノマ乗越から、双六谷に合流するシュートを滑走した。
双六谷に降りると、谷が雪で埋まっていた。
双六谷に、沢水を汲むのに丁度いい沢割れがあり、そこでボトルに水を詰めた。
双六谷をシールで登り、双六小屋手前から、双六小屋と三俣山荘との間の登山道の中道にショートカットして進んだ。
中道を進み、稜線部に乗り上げ、三俣蓮華岳頂上に登った。
三俣蓮華岳頂上から眺望を楽しみ、その後、頂上からルンゼを経て三俣山荘に向けて滑走した。
この日は三俣山荘前でテント泊した。

2日目、三俣山荘から黒部源流域に滑走し、ワリモ北分岐に登り、水晶小屋を経て、登山道を進んだ。
水晶岳南峰手前に30mほどの雪壁があり、両手ウィペットで雪壁を登り上げ、岩場を進んで、水晶岳南峰頂上に着いた。
水晶岳南峰頂上から北峰側のコルに向けて滑走し、日本百名山全山スキーを達成した。
その後、三角点がある水晶岳北峰頂上に登り上げた。
水晶岳北峰の西面の崖を両手ウィペットで降り、崖下の雪渓を滑走して、赤牛岳に向けて稜線部を移動した。
稜線部はアップダウンがいくつも続いたが、稜線東側に幅が広い雪庇があり、歩きやすく、滑走もしやすかった。
登山道を進み、西面が赤く、かつ、東面が白い雪で覆われた赤牛岳頂上に着いた。
赤牛岳頂上からは、立山や薬師岳がとても近く見え、赤牛岳が富山の山であることを実感した。
その後、赤牛岳頂上から東面カールに滑走した。
稜線部に登り返し、水晶岳カールに戻った。
水晶岳カールトップから、カールに滑り込んだ。
夕暮れ時で、柔らかい雪の表面が硬くなったモナカ雪になっていたが、硬い雪を蹴散らして滑走した。
カールの東沢谷出合部まで滑走した。
この日は、カールの東沢谷出合部の樹林帯でテント泊した。

3日目、カールの東沢谷出合部から東沢乗越に登り上げ、水晶小屋を経て、小屋から少し下ったところから滑走し、ワリモ北分岐下をトラバースするように滑走し、黒部源流域に滑り込んだ。
その後、黒部源流域から三俣山荘を経て、三俣蓮華岳頂上に登った。
三俣蓮華岳頂上から稜線部の登山道を滑走したり歩いたりして双六岳頂上に登った。
双六岳頂上から双六谷に滑り込み、大ノマ乗越のシュートの出合まで、あっという間に滑走した。
シュートを登り、大ノマ乗越から、広大なシシウドヶ原、秩父沢を滑走した。
左俣林道に入ってからも、しばらく滑走し、雪の途切れが頻出してきたところでスニーカーに履き替えて、新穂高に下山した。

当初の計画では、3泊4日を予定していたが、雪の繋がりがよくて滑走距離を稼ぐことができ、雪が硬めでツボ足でも踏み抜きがほとんどなかったおかげで、2泊3日で済んだ。

下山後、ひがくの湯で入浴、食事をし、その後、富山の毛勝山に向けて移動した。

登山中の画像
登山画像
5/2新穂高無料駐車場
登山画像
左俣林道ゲート
登山画像
左俣林道
登山画像
左俣林道
登山画像
左俣林道
登山画像
小池新道
登山画像
シシウドヶ原
登山画像
シシウドヶ原
登山画像
大ノマ乗越
登山画像
双六谷大ノマシュート出合
登山画像
双六谷
登山画像
双六谷
登山画像
登山道中道
登山画像
登山道中道
登山画像
登山道
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳ルンゼ滑走
登山画像
三俣蓮華岳ルンゼ滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
5/3黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
黒部源流域登り
登山画像
ワリモ北分岐
登山画像
登山道
登山画像
水晶岳南峰頂上
登山画像
水晶岳南峰頂上
登山画像
水晶岳南峰滑走
登山画像
水晶岳南峰滑走
登山画像
水晶岳北峰頂上
登山画像
水晶岳北峰頂上三角点
登山画像
水晶岳北峰滑走
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道
登山画像
赤牛岳頂上
登山画像
赤牛岳頂上
登山画像
赤牛岳頂上三角点
登山画像
赤牛岳滑走
登山画像
赤牛岳滑走
登山画像
赤牛岳カール滑走
登山画像
赤牛岳カール滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道
登山画像
水晶岳カールトップ
登山画像
水晶岳カール滑走
登山画像
水晶岳カール滑走
登山画像
水晶岳カールボトム
登山画像
5/4水晶岳カールボトム
登山画像
水晶岳カールボトム
登山画像
東沢乗越
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
水晶小屋
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
黒部源流域滑走
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳頂上
登山画像
三俣蓮華岳滑走
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六岳滑走
登山画像
双六谷滑走
登山画像
双六谷
登山画像
大ノマシュート登り
登山画像
大ノマ乗越滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
小池新道滑走
登山画像
左俣林道
登山画像
左俣林道ゲート
登山画像
新穂高
登山画像
新穂高無料駐車場
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、ツエルト、非常食、行動食、GPS機器、シュラフ、マット(個人用)、コッヘル、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、アイゼン、スコップ、ヘルメット
【その他】 スキー 兼用靴 ウィペット シール クランポン
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    台風は暴風雨となりましたが、小屋や登山道に被害はありませんでした。10/25に小屋締めです
    19年10月18日(金)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    台風19号による影響はなし。紅葉は20日頃が見頃でしょう
    19年10月15日(火)
  • 笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    ここ数日は暖かい日が続いていますが、朝は連日のように霜が降りています。営業は10/15まで
    19年10月10日(木)
    三俣山荘 ~三俣蓮華・雲ノ平
    三俣山荘
    三俣山荘は10月15日泊までの営業です。山小屋の営業が終了し始める季節ですので、営業状況を確認して計画してください
    19年10月04日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!