登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
八風山~物見山~神津牧場~荒船の湯 八風山、物見山、物見岩、神津牧場、荒船風穴、荒船の湯(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年4月27日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山5:32→東急目黒線→目黒5:35~48→山手線→東京6:08~28→北陸新幹線はくたか551号→軽井沢7:34~40→軽井沢町内循環バス外回り→上発地8:03

    復路:荒船の湯15:16→下仁田町営バス→下仁田15:49~58→上信電鉄→高崎16:59~17:12→湘南新宿ライン→恵比寿19:16~20→山手線→目黒19:22

  • 天候

    曇り時々晴れ
    [2019年04月27日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

上発地バス停8:05→八風温泉8:15→妙義荒船林道8:39→八風山東登山道入口8:46→道不明瞭!→八風山1315.4m8:10~8:20→矢川峠8:41→香坂峠10:08→物見山1375.5m10:29~40→無線中継所展望台10:51~53→物見岩1315.4m10:58~11:10→神津牧場(ソフトクリーム)11:29~40→荒船風穴(世界遺産)11:58~12:29→市野萱バス停12:53→荒船の湯12:59

合計4時間56分


総距離 約17.6km 累積標高差 上り:約874m
下り:約1,354m
4月27日(土)は、軽井沢から八風山・物見山経由で神津牧場に抜ける戦後すぐのハイキングブームの頃人気があった古典的ハイキングコースに行って来ました!ソフトクリームと温泉付き!

ここは、最近行ったという記録があまりなかったので道がどうなっているのか心配だったんのすが、標識は読めなくなってきているものの、道自体はシッカリした良い道が今も通じているので、地図を確認しながら行けば問題なく縦走出来ます。

ただ1箇所、八風山の東登山道は、重機が入って作業用林道が幾つも出来てしまっているため、登山道が
どう通じていたのかわからなくなっています。適当に踏み跡を拾って上へ上へと進めば稜線のハイキングコースにぶつかるのですが、一般的には西側の登山道で登った方が確実です。

八風山に登るにはまず東京駅6時28分発の北陸新幹線はくたか551号で軽井沢まで行きます。北口を出るとすぐ右手に町内循環バスがいるので、それに飛び乗ると登山口の上発地には8時ちょうど頃に着くことが出来ます。

上発地バス停で降りたら、少し戻った角を右折して山の方に入って行きます。ここは標識も何もないのですが、曲がれる細道はここしかないので迷うことはないと思います。

橋を渡って左に進んで行くと溜め池があって、その奥に昔は無かった「八風温泉」というホテル兼日帰り温泉のようなものが出来ていました。この八風温泉のすぐ先で道が2分するので右側の林道に入ります。分岐にほとんど読めない錆びた八風山の標識があります。バス停からここまで10分ぐらい。

あとはこの林道を終点までさかのぼります。一番上まで行くと舗装された妙義荒船林道に突き当たるので、右に進みます。右に6~7分進むと造林作業か何かで重機で作った新しい作業用の林道の入口があるので、そこを登ると終点で東登山道にアクセスすることが出来るのですが、最初に書いたように道があまりに獣道なのでお勧めできません。もう少し進んで標識のある登山道入口から登りましょう!

でもともかく道を探しながら東登山道を登ると、八風山から少し物見山方面に進んだ隣の通行止になっている520mピークとの鞍部に出ます。ここにも読めない標識があります。西に5分ほど進むと、芝生の広場の真ん中に三角点がある八風山山頂1315.4mに着きます。上発地バス停から1時間5分かかって8時10分到着。

八風山の展望は北側が刈り払われていて、軽井沢の街を中心にその後ろに鼻曲山などの山々。その右側に榛名山、左側には浅間山などが見えます。浅間山は雨が止んでまださほど時間がたっていないので、雲で隠れて下しか見えませんでした。

休憩後、先ほどの分岐に戻っていよいよ物見山に向かってスタートします。八風山から物見山への道は、最初に一箇所崩落箇所を鎖につかまって通過する場所がありますが、これぞハイキングコースといった感じの緩やかな傾斜の歩きやすい道です。あまり歩かれていない割りには倒木や落ちた木の枝も気になるほどはありません。

順調に進んで林道が越えている矢川峠には約20分で到着。矢川峠からはやや上りが多くなり、次の香坂峠には約40分で到着。

香坂峠を過ぎるとすぐに牧場が見渡せる舗装された道に飛び出し、それを横切って今度は牧場の柵に沿って登るようになります。この登りは標高が上がる度に後方に展望が広がって行くような気分爽快な登りで、ついつい止まって辺りを見回してしまうので意外と時間がかかります。

それでも香坂峠から約20分で10時半に物見山山頂到着。眺めは基本的には八風山と一緒なのですが、東側の妙義山の向こうに高崎の街が見えます。それから南の木々の間から巨大なくじらのような荒船山も見えます。ここで2度目の休憩。

物見山の次は今日最後のピークの物見岩に、牧場の柵に沿って下って、牧場の舗装道路を横切って向かいます。すると山頂手前に無線中継所展望台というものが出来ていて、上ってみたら内山牧場の中に作られたオートキャンプ場にたくさんの車が停まっているのが見えました。

無線中継所展望台から下りて、再び物見岩山頂を目指します。物見岩山頂は三角点があるだけの場所で、物見山から約20分で到着。続いて少し先にある物見岩まで下ります。物見岩はれき岩の露岩で上は知る人ぞ知る荒船山の大展望台です。ここから見る荒船山は巨大なくじらか宇宙戦艦ヤマトかという感じで、実に見事です。内山峠周辺からしか見たことがない人はせひとも見てみて下さい。

物見岩で三度目の休憩をとったら神津牧場に下ります。物見岩から神津牧場への道は最初はやぶっぽい感じですが、すぐに歩きやすい道に変わり、最後沢沿いに出て、約15分ほどで神津牧場の広い駐車場に下り立つことが出来ます。牧場の売店兼食堂はさらに5分先。

神津牧場は日本最初の洋式牧場で、中には食堂や売店やオートキャンプ場などがあり、名物のソフトクリームが食べられます。これからまだ荒船の湯に行くので、食事はそこですることにして、ソフトクリームだけ買って食べながらダラダラと歩き出します。

神津牧場から荒船の湯に行くちょうど中間地点に世界遺産になっている「荒船風穴」というものがあって、あまり早く温泉に着いてもしょうがないので、500円の入場料を払って見学してみることにしました。

荒船風穴というのは、谷間に体積した巨岩の下にたまった冷たい空気が岩の間から吹き出して来るのを利用してカイコの卵を冷却して、年に1回しかできなかった養蚕を通年行えるようにしていたという遺構で、富岡製糸工場と一緒に世界遺産として登録されたらしいです。

原理的には、ブラタモリで取り上げられた富士山の青木ヶ原の風穴と同じようなものですが、天下の富岡製糸工場が近所にあったこともあり、こちらの方が大規模だったらしいです。

そんな説明をガイドのおばさんから30分ほど聞き、終わったところで残り半分を下って荒船の湯を目指します。

荒船の湯は下仁田町営バスの終点である市野萱バス停から1つ先、荒船山登山口の三ッ瀬バス停の1つ手前にあり、荒船山登山の折には是非ともお立ち寄り下さいっていう日帰り温泉なんですが、バスの時間がしんどすぎて車で来た人以外はみんな温泉に入らず(入れず)にそのまま帰ってしまうというなかなか悩ましい温泉です。料金は600円。泉質はこの辺りの山奥の温泉としては珍しい塩泉。

ここにほぼ13時ちょうどに到着。バスの時間が15時17分だから、温泉に入って、食事して、ちょっと休憩するにはちょうど良い時間。しかも連休初日の早い時間ってことでかなりガラガラに空いてて快適でした!

でもこの時期こんなに空いてるから赤字で売却って噂が出るのかな~?入りたい人はお早めに!

温泉から上がった後、食堂でソースカツ丼を食べました!味はそこそこだったけど、750円という西上州らしいリーズナブルなお値段。

で、15時17分までダラダラと時間を潰し、下仁田駅まで下仁田町営バスで出てから、高崎まで上信電鉄で行って、帰りは新幹線は使わずに湘南新宿ラインで帰りました。15時ちょっとに出たのに、途中で夕飯食って家に着いたのは20時過ぎてた!やっぱ西上州は遠い!

神津牧場 | 日本で最古の洋式牧場
http://www.kouzubokujyo.or.jp/

下仁田町ホームページ : 西下仁田温泉 荒船の湯
https://www.town.shimonita.lg.jp/geopark/m03/m04/800.html

下仁田町ホームページ : しもにたバス:運賃・時刻表
https://www.town.shimonita.lg.jp/shimonita-bus/20170404110712.html

登山中の画像
登山画像
ゴールデンウィークらしく軽井沢駅からスタート!
登山画像
軽井沢町内循環バスで上発地バス停まで行く。
登山画像
先週河津で完全に終わっていた河津桜がまだ咲い…
登山画像
山の方に進み、溜池の脇をぬける。
登山画像
八風温泉という新しい日帰り温泉兼ホテルみたい…
登山画像
その先の二俣の右の道に入る。
登山画像
二俣のところにあるよく見ないと読めない標識。
登山画像
右の林道は大平林道というらしい。
登山画像
大平林道を終点まで登ると舗装された妙義荒船林…
登山画像
八風山東登山道入口。標識は無く、重機が入って…
登山画像
その作業用林道で白樺林の中をジグザグ登って行…
登山画像
作業用林道の終点から登山道に入ると、やがて獣…
登山画像
まあそれでも稜線の標識に着いた!
登山画像
稜線には立派な道!
登山画像
八風山山頂到着!
登山画像
八風山山頂はこんな芝生の広場。
登山画像
軽井沢の街の向こうに鼻曲山などの山稜と右奥に…
登山画像
さっきの標識まで戻り、右の巻き道を行く。
登山画像
巻き道途中にある鎖が張ってある崩壊箇所。でも…
登山画像
あとはこんな感じの良い道がどこまでも続きます。
登山画像
林道が横切っている矢川峠到着。
登山画像
矢川峠の標識。
登山画像
いまだに卯の花が咲いている。
登山画像
妙義荒船林道をかすめる。
登山画像
香坂峠到着。
登山画像
そしてまた妙義荒船林道に出る。
登山画像
林道を渡り、牧場の柵沿いの道を行く。
登山画像
牧場の向こうに妙義山!
登山画像
振り返ると榛名山!その右奥は赤城かな?
登山画像
そして下の方だけ見えるようになった浅間山!
登山画像
物見山山頂到着!
登山画像
物見山山頂の標識。
登山画像
山頂から妙義山拡大!
登山画像
そしてお待たせの荒船山!!
登山画像
物見山山頂近くにある電波塔!
登山画像
物見山から物見岩に行くと山頂に着く手前にある…
登山画像
展望台から見た内山牧場の池とオートキャンプ場!
登山画像
そして物見山!
登山画像
物見岩にも電波塔があります。
登山画像
物見岩山頂の三角点。他には何も無し。
登山画像
でも絶景の物見岩は少し南に下ったところにあり…
登山画像
物見岩上から見た荒船山!
登山画像
荒船山拡大!
登山画像
物見岩から八ヶ岳方面。上は見えず。
登山画像
そして妙義山、三度目!
登山画像
少し戻り神津牧場に下る。最初ちょっとやぶっぽ…
登山画像
神津牧場の駐車場に着いた。
登山画像
牛に注意!の道を行く。
登山画像
牛は寒いのでまだいないが、ヤギがいた!
登山画像
日本の西洋式牧場の発祥の地らしい。
登山画像
神津牧場の売店兼食堂に到着!
登山画像
お約束のソフトクリームです。寒くても食べるの…
登山画像
ヤギに続いて羊もいた!
登山画像
荒船風穴&市野萱方面に下ります。
登山画像
馬もいた!
登山画像
溜池!
登山画像
枯れかけたカタクリ発見!
登山画像
荒船風穴到着!
登山画像
とりあえず建物の中に入ってみる。
登山画像
冷たい風が出て来るそうなのだが、そとが寒くて…
登山画像
荒船風穴は富岡静糸工場とセットで蚕の卵を冷や…
登山画像
蚕の卵を貯蔵する施設の跡。上に建物があったそ…
登山画像
それしにしても、東京ではすでに終わった春が戻…
登山画像
立派なシダレ桜!
登山画像
桃の花!
登山画像
ツツジも満開!
登山画像
ひたすら県道を下る。
登山画像
市野萱の集落に着いた。そこから見上げた荒船山!
登山画像
バス終点の市野萱バス停到着。
登山画像
そして1バス停先の荒船の湯到着!ゴールデンウ…
登山画像
湯上がりにソースカツ丼定食!
登山画像
荒船の湯バス停からバスで下仁田駅へ。
登山画像
下仁田町営バス!ワンボックスのバンなので中高…
登山画像
下仁田駅到着!
登山画像
上新電鉄で高崎へ!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年8月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...