登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
経ヶ岳・残雪期の大泉ダムコース20190504 経ヶ岳(中央アルプス)
img

記録したユーザー

Masa さん
  • 日程

    2019年5月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:概要は南箕輪村のホームページ情報で。「大芝の湯」の前を中央道と平行に走る通りを更に北方(北東方向)に進み、最初の信号を左折、道なりに山合いに入って大泉川左岸に至ると道が橋の手前で3差路になる。橋を渡って舗装道路を登って行く(大泉川沿いの非舗装道路はダメ)。すると、高台の農地に出るので、数百メートル行ったところで右折して山の方の道へ入る。これも舗装道路で大泉ダム湖の高台にある登山口に着く。車7-8台位のPあり。ルートが分からない場合は大泉ダムのダム湖を探すこと。

  • 天候


    [2019年05月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大泉ダム登山口6:30・・・四合目7:30・・・六合目8:25・・・七合目8:45・・・八合目9:30・・・九合目10:05・・・経ヶ岳山頂10:45
下り:山頂11:15頃(食事は弁当)・・・大泉ダム登山口15:17


総距離 約12.8km 累積標高差 上り:約1,319m
下り:約1,319m
 前日の小秀山登山の疲労が足に来ていてゆっくりしたスタートとなった。初め林道をほぼ2合目まで歩き、山道へ入った。道の傾斜は適度で四合目まで歩きやすかった。ここで仲仙寺コースと合流したが、30分ほどの時間短縮になったのではないか。五合目と七合目で小休止し、八合目では大展望が開けたので長めの休憩となった。八合目から頂上までは、基本的に雪道で所々には深い踏み抜きがあり歩くのに注意が必要だったが、むしろ雪が多めでそれほど歩きにくいとは感じなかった。アイゼンは不要だった。3-4回踏み抜いたうち1回は股までの深い踏抜きだった。九合目からは登り下りを2回繰り返し、3回目の登りで頂上に至ったため、意外に時間を要したが、全体としてはまずまずの時間で山頂に達した。
山頂は木々に囲まれ、木曽駒方面以外は臨めなかった。信仰の山らしく、山頂には石像が置かれていた。30分で弁当昼食をとり、早々に下山開始。途中、8合目上部と8合目で長めの休憩をとり大展望を満喫した後、四合目からは大泉ダム登山口への道をたどった。下りでは例により、左膝痛がでて四合目からはゆっくりとなった。幸い2合目からの林道はそれなりの早さで降りれたので、それほど遅れずに登山口に戻った。登り4時間15分 下り4時間02分。
地図上標高差1310m 累積標高差(携帯)1354m  総距離 13.62km

登山中の画像
登山画像
4合目(仲仙寺ルートとの合流点)
登山画像
まっすぐ伸びた木々がすがすがしい
登山画像
6合目看板
登山画像
7合目は尾根の小さなピークで、眺めが良い。
登山画像
頂上付近のピークが見えた。右ピークは大泉山と…
登山画像
7合目からいったん少し下がって、次の小ピーク…
登山画像
9合目ここから山頂が意外に遠い。
登山画像
経ヶ岳山頂
登山画像
山頂の周りは森
登山画像
唯一、木曽駒が岳方面が見えた
登山画像
山頂には信仰の山らしく、石像の仏像が安置され…
登山画像
残雪の尾根道
登山画像
開放的な雪景色のなかを下る
登山画像
踏み抜きの後、写真では分かりにくいが、時には…
登山画像
8.5合目あたりから8合目のピークを望む。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Masaさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Masa さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?