登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
北奥駈道・大普賢岳~前鬼(19.5.2-4) 大普賢岳、弥山、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳、大日岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

道遙か さん
  • 日程

    2019年5月2日(木)~2019年5月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:往路:和佐又山ヒュッテまでマイカー、駐車料金1日1000円
    復路:ゆうゆうバスで和佐又口下車、ヒュッテまで徒歩50分

  • 天候

    初日:ガスのち晴れ、2日目:晴れのち夕立、3日目:晴れ
    [2019年05月02日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
08:00 和佐又山ヒュッテ(駐車)
10:08 大普賢岳(休憩10分)
11:48 七曜岳
12:55 行者還岳(休憩5分)
13:27 行者還避難小屋(ランチ30分)
15:29 奥駆出合
16:24 聖宝ノ宿跡(休憩5分)
17:27 弥山小屋(テント泊)
18:40 弥山山頂で日没鑑賞
【2日目】
05:15 弥山小屋
05:41 八経ヶ岳(休憩5分)
08:06 楊子ヶ宿小屋
08:30 仏生の横駆(朝食30分)
11:29 釈迦ヶ岳(休憩50分)
12:51 深仙ノ宿
13:26 大日岳
13:55 太古ノ辻(休憩5分)
15:40 前鬼小仲坊(テント泊)
【3日目】
06:35 前鬼小仲坊
08:13 不動七重の滝(休憩7分)
10:00 前鬼口BS
10:29 前鬼口BS(ゆうゆうバス)
10:37 池原BS(きなりの湯)
15:14 池原BS(ゆうゆうバス)
16:05 和佐又口BS
17:00 和佐又山ヒュッテ(車回収)

登山ルートは登録されていません。
大普賢岳から北奥駆道を踏む。今は登山者の方が多い道だが、道中で行者さんと行き交い、朝夕には峰の向こうから法螺貝の音が響く、どこか厳かで昔を偲ぶような山旅となった。

和佐又山ヒュッテからしばらく穏やかな林間コースを行くと、指弾ノ窟、笙ノ窟と大岩壁の威容が迫る。そこから鉄梯子や階段の連続する岩場の道をガスに巻かれながら進む。山上ヶ岳からの縦走路付近でガスを抜け、大普賢岳からの大展望で紀伊の山深さを実感。その先は遥か彼方の弥山に連なる見晴らしのいい稜線の道がミヤコザサの中に続いている。アップダウンの連続で、急峻な岩場や下りは前日の雨で滑りやすく慎重に通過。

行者還避難小屋手前の沢の水場で補給してから、避難小屋で風を避けながらランチ休憩。綺麗なログハウスでトイレあり。聖宝ノ宿跡までは長閑な散歩気分、そこから弥山小屋までの300mの登りで体力を根削ぎ持っていかれる。やはり、疲労時の階段はしんどい。小屋でテント設営後、弥山山頂で夕陽を見送る。水は小屋で100円/l。日没後はかなり冷え込んで体感では氷点下近い。

2日目、弥山から一度下って八経ヶ岳への登り返しから始まる。大峰山脈最高峰、柔らかな朝日のもと、眼下にはどこまでも続く山と渓谷。仏生の横駆途中で倒木に座ってテントを乾かしつつのんびり朝食。鳥の水で喉を潤し、釈迦ヶ岳を目指す。釈迦ヶ岳への登りは滑りやすい急登。山頂には大きなお釈迦様。越えてきた峰々を眺めながら休憩。

大きく下って居心地の良さそうな深仙ノ宿、登り返して大日岳分岐。山頂の大日如来の柔和なお顔が北奥駆の締めくくり。太古ノ辻から前鬼への階段道は地味に長い。途中から雷鳴と小雨、稜線の人たちは大丈夫だろうか。小仲坊でお人柄のよい住職さんと少しお話しして、雨が収まるのを待ってからテント設営。草地で寝心地最高。夕方には青空が戻って、ゆったり夕食。他のテントの方は沢登り、付近は美しい沢の宝庫らしい。

翌朝は朝日でテントが乾いてからゆっくり撤収し、住職さんに挨拶して出立。途中、不動七重の滝に立ち寄るが、沢までガッツリ下って、滝までガッツリ登り返し。前鬼橋が見えたらBSはもうすぐ。

ゆうゆうバスは1日1往復。10:29前鬼口の南下バスに乗り、きなりの湯周辺で4時間まったりしてから15:14池原の北上バスで和佐又口へ戻る。バス停付近にザックをデポし、空身でヒュッテに戻って車を回収。長いようで短い3日間の山行を終えた。

登山中の画像
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

道遙かさんの登山記録についてコメントする

道遙か さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年4月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手
写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手 バックパックを背負い、旅の風景と人の暮らしを撮る飯坂さん。バリ島の山旅で使ったグレゴリー「スタウト45」の使用感を聞いた
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」。最新技術と持続可能性を両立したものづくり。『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。