登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
北奥駈道・大普賢岳~前鬼(19.5.2-4) 大普賢岳、弥山、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳、大日岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

道遙か さん
  • 日程

    2019年5月2日(木)~2019年5月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:往路:和佐又山ヒュッテまでマイカー、駐車料金1日1000円
    復路:ゆうゆうバスで和佐又口下車、ヒュッテまで徒歩50分

  • 天候

    初日:ガスのち晴れ、2日目:晴れのち夕立、3日目:晴れ
    [2019年05月02日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
08:00 和佐又山ヒュッテ(駐車)
10:08 大普賢岳(休憩10分)
11:48 七曜岳
12:55 行者還岳(休憩5分)
13:27 行者還避難小屋(ランチ30分)
15:29 奥駆出合
16:24 聖宝ノ宿跡(休憩5分)
17:27 弥山小屋(テント泊)
18:40 弥山山頂で日没鑑賞
【2日目】
05:15 弥山小屋
05:41 八経ヶ岳(休憩5分)
08:06 楊子ヶ宿小屋
08:30 仏生の横駆(朝食30分)
11:29 釈迦ヶ岳(休憩50分)
12:51 深仙ノ宿
13:26 大日岳
13:55 太古ノ辻(休憩5分)
15:40 前鬼小仲坊(テント泊)
【3日目】
06:35 前鬼小仲坊
08:13 不動七重の滝(休憩7分)
10:00 前鬼口BS
10:29 前鬼口BS(ゆうゆうバス)
10:37 池原BS(きなりの湯)
15:14 池原BS(ゆうゆうバス)
16:05 和佐又口BS
17:00 和佐又山ヒュッテ(車回収)

登山ルートは登録されていません。
大普賢岳から北奥駆道を踏む。今は登山者の方が多い道だが、道中で行者さんと行き交い、朝夕には峰の向こうから法螺貝の音が響く、どこか厳かで昔を偲ぶような山旅となった。

和佐又山ヒュッテからしばらく穏やかな林間コースを行くと、指弾ノ窟、笙ノ窟と大岩壁の威容が迫る。そこから鉄梯子や階段の連続する岩場の道をガスに巻かれながら進む。山上ヶ岳からの縦走路付近でガスを抜け、大普賢岳からの大展望で紀伊の山深さを実感。その先は遥か彼方の弥山に連なる見晴らしのいい稜線の道がミヤコザサの中に続いている。アップダウンの連続で、急峻な岩場や下りは前日の雨で滑りやすく慎重に通過。

行者還避難小屋手前の沢の水場で補給してから、避難小屋で風を避けながらランチ休憩。綺麗なログハウスでトイレあり。聖宝ノ宿跡までは長閑な散歩気分、そこから弥山小屋までの300mの登りで体力を根削ぎ持っていかれる。やはり、疲労時の階段はしんどい。小屋でテント設営後、弥山山頂で夕陽を見送る。水は小屋で100円/l。日没後はかなり冷え込んで体感では氷点下近い。

2日目、弥山から一度下って八経ヶ岳への登り返しから始まる。大峰山脈最高峰、柔らかな朝日のもと、眼下にはどこまでも続く山と渓谷。仏生の横駆途中で倒木に座ってテントを乾かしつつのんびり朝食。鳥の水で喉を潤し、釈迦ヶ岳を目指す。釈迦ヶ岳への登りは滑りやすい急登。山頂には大きなお釈迦様。越えてきた峰々を眺めながら休憩。

大きく下って居心地の良さそうな深仙ノ宿、登り返して大日岳分岐。山頂の大日如来の柔和なお顔が北奥駆の締めくくり。太古ノ辻から前鬼への階段道は地味に長い。途中から雷鳴と小雨、稜線の人たちは大丈夫だろうか。小仲坊でお人柄のよい住職さんと少しお話しして、雨が収まるのを待ってからテント設営。草地で寝心地最高。夕方には青空が戻って、ゆったり夕食。他のテントの方は沢登り、付近は美しい沢の宝庫らしい。

翌朝は朝日でテントが乾いてからゆっくり撤収し、住職さんに挨拶して出立。途中、不動七重の滝に立ち寄るが、沢までガッツリ下って、滝までガッツリ登り返し。前鬼橋が見えたらBSはもうすぐ。

ゆうゆうバスは1日1往復。10:29前鬼口の南下バスに乗り、きなりの湯周辺で4時間まったりしてから15:14池原の北上バスで和佐又口へ戻る。バス停付近にザックをデポし、空身でヒュッテに戻って車を回収。長いようで短い3日間の山行を終えた。

登山中の画像
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

道遙かさんの登山記録についてコメントする

道遙か さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...